FC2ブログ

花咲くいろは

花咲くいろは 『第十三話 四十万の女 -傷心MIX-』


 クソババァの過去が明らかになるにつれて最悪度がさらに上がるという。
 つまり、どんなに正論を吐いたところでまるで聞く耳もたんということだ!!
 事実、クソババァが提案している旅館サービスが至極まっとうで、あの駄経コに比べると雲泥の差であるけど、それを素直に受け入れたくない拒絶感が半端なくてどうしようもない。普通なら向上のためにそんなちんけなプライド捨てろっていうところだが、こいつの場合はプライド以前の問題だからなぁ。
 女将は女将で自制心が利かないだろうということを察知するのはいいけど、あんたもプロ根性見せて完璧に女将として振舞ってほしいところだよ。クソババァとは違うところを見せてくれよ。無理か、クソババァの親だもんなぁ(ニガリ)。
 若頭への一発目は完全に八つ当たりだったからなぁ。まぁ二発目(ていうか往復ビンタ)はいいぞ、もっとやれってなったけど(笑)。しかし、そこは『他人を頼るな』じゃなくて『あの無能を頼るな』と切り捨ててほしいところだ。
 あと、次郎丸はそこでブラじゃなくてうなじにいく辺り生粋のうなじ野郎である(どういうこと)。


 クソババァの過去が明らかになるにつれ(以下略)。
 客商売ゆえに客が優先になることは当然で、それに子供が不満に思うのも当然だとは思うが、それでも母親としての責務を放棄する理由にはならないんだよなぁ娘に母親と思われてないレベルってどんだけだよ。
 子供がグレるのは親の責任だけど、子供が自分がグレたのを親のせいには出来ないんだよ。花がひん曲がってるけどちゃんと育ってるのがいい例だ。


 だから、この親娘三代が酒(+ジュース)で語り合うシーンが惜しくてたまらないんだよなぁ。
 クソババァが、そして女将がちゃんと筋の通った人間だったらめっちゃいいシーンだったはずなのに、非常に惜しいなぁ。特に恋愛相談になってるあたりがいいのに。あと、クソババァは絶対にぼんぼってないから。
 自分から告白しておいて返事も聞かずに振りやがったヘタレ孝ちゃんはもう出番ないのか。いや、さすがに出てくると思うけど、どうやってカムバックするんだろうか。
 
関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top