FC2ブログ

STAR DRIVER 輝きのタクト

STAR DRIVER 輝きのタクト 『第二十五話 僕たちのアプリポワゼ』


 ザメク乗っ取りという隠し玉を発動させて最後の最後まで小物っぷりに磨きがかかるヘッド。ここまで落ちる最終ボスも珍しいよな(笑)。
 一方の銀河美少年は、お約束の今までの敵総動員に苦戦しまくり。3対1でさえ分が悪かったのに、この戦力差はさすがに銀河美少年も手も足も出ず。ワコがイッツァピーンチな状況も相まってもういつもの余裕がないですよ。
 とはいえ、銀河美少年が本当に苦戦した理由は別にある。それは。
颯爽登場しなかったからだ!!!(えー)。


 綺羅星のインターセプトが熱すぎてもう!!
 ここで終結するドライバーの一致団結もお約束だが、とりあえずサンドバック先輩とウブ先輩が楽しそうでなによりです(笑)。トレーニングの成果をようやく発揮!
 それにしても、やはり綺羅星を実質的に指揮してたのは人妻だったよなぁ。もう最初から人妻に任せてればこんなことにはならなかったとさえ思うわ。


 ぶははは、ヘッドざまぁぁぁっ!!
 すでに一発報復は済んでいたけど、最後の最後まで息子に勝てない駄目親父であった。所詮他人に力でしか強気に出れない愚か者。


 ここでスガタを見捨てるなんて微塵も思わなかったが、まさか宇宙まで行って最後のドンパチやるとは思わなかった、スクライドかよ(えー)。
 ワコの封印を解いてからってわけでもなくザメクを封印しようとしたってことは、結局スガタはザメクを操ることは出来なかったってことか。封印が解けた瞬間に宇宙にレッツゴーだったからなぁ。
 そんなスガタの弱さも家訓に一言で片付けてしまう銀河美少年はさまに銀河美少年であった(どういうこと?)。
 ていうか、ワコは決めたって言っておいて、決めたのはどちらも選べないってことかよ(笑)。むしろスガタにはケイトの責任とって貰わないといけないからすっぱりタクトに渡せ、元々そのつもりだったんだし(それもどうか)。


 総評。
 最初の印象とは裏腹にすごい勢いのある作品だったなぁ。
 勢いって間違えるとご都合主義になりがちなんだけど、上手いこと突っ走った爽快な出来でしたな。
 惜しいのは、基盤の設定部分の謎が解明されてないところが多くてちょっと消化不良な部分くらいか。
 
関連記事
コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top