ロウきゅーぶ!SS

ロウきゅーぶ!SS 『The 12th game 智花(キミ)がいるだけで』


 正直肉離れがそんな簡単に完治するとも思えんのだが、専門的に見てどうなんだろうね。
 それはともかく、怜那は怪我させてしまったことで萎縮してしまうくらいの良心は持ち合わせていたか。それを理解した上で挑発して吹っ切れさせようとする真帆の気概はどうよ。
 というわけで、唯一残っていた怜那の落とし前も付けてもはややることがない(えー)。


 まさか負けるとは思ってなかったなぁ。
 前回紗季がシュートを決めたことで前期に惜敗した硯谷に追いついたんで、普通なら勝てるまで持っていく展開になるんだけど。
 しかし、前にも描いた通り硯谷に勝つことがさほど重要でなかったのでこの展開でも十分納得できる出来になってるのであった。
 この作品は一貫して『勝つバスケ』よりも『楽しくやるバスケ』に重点を置いてきたわけで、それをここでも見事表現できたということだな。


 正直負けたことで泣くと思ってたんだ。しかし、それよりももっと大きなことがあったんだよなぁ。
 季節感がまるで無かったらすっかり失念してたけど、もう冬なんだよなぁ。公式戦が終了した時点で6年生の部活動は終了の時期なんだ。
 そりゃ泣くさ。葵も白旗上げるさ。こっちも一緒に泣くさ!


 星空の下でどう観ても告白タイムですよ、昴さん(えー)。
 なんでこいつは言うこと全部女口説いてる風な台詞なんだ(笑)。
 そして一気に卒業と新学期が来て驚いた。小学生という作品の根幹を一掃したことで本気で終わらせに来てることが伺える。そんなんで伺えてしまえるのもどうかと思うが(苦笑)。
 最後に、バスケを始めたきっかけが運命の出会いというきれいなエピソードも付いてナイスな最終回であった。


 総評。
 前期で足を引っ張っていた理不尽ギャグが鳴りを潜め、安定していた本筋をそのままに完結させたのは素晴らしい構成だった。むしろ、その前期のダメなところが今期との誤差を産んで違和感が出てしまったけど(ニガリ)。つまり前の脚本がしっかりしてればよかったんだよ。玉井さんを招聘していれば…くっ!?
 まぁそこを気にしなければ、流れ的にまったく不備はなくしっかりと駆け抜けてくれたのはよかったです、はい。
 久々に綺麗に終わる作品を見た気がするわぁ。間違いなく今年の良作の一つ。


関連記事

戦姫絶唱シンフォギアG

戦姫絶唱シンフォギアG 『EPISODE 13 遥か彼方、星が音楽となった…かの日』


 正直マリアの歌に全世界の人間が共感してる理由がさっぱりなんだけど。
 あの月システム機動のために歌ってた映像だけで世界を救ってると本気で思ったってこと? どうみてもテロリストが血迷ったこと言ってるようにしか見えなかったんだが(えー)。響が乱入してあーだこーだあっても大多数の人間にはさっぱり意味不明だっただろうし。
 マリアというキャラに魅力を感じられなかったのが一番の敗因かなぁ。あまりにも中盤にブレ過ぎた。


 絶唱使えばなんでも出来るのがシンフォギアなんで5人で全裸飛行しても驚かん(えー)。
 ぶっちゃけ、そっちよりも司令の戦いがドクターをビビらせる&落石破壊だけで終わってしまったことのほうが残念だよ! もっと前線で戦ってくれても良かったのに!!
 そして、影縫いは緒川さんの技かよ!? これシンフォギアの力関係ないんかい!?(笑)。


 このままマリアが一人でバビロニアの宝物庫に犠牲になる展開でも良かったと思っているが、「生きることを諦めるな」が心情の響さんなのでそりゃ助けに行くわなぁとここは納得した。
 まぁ最後の止めが未来だったのはさすがにもうちょっと未来の行動描写入れとけよとなったが。いきなり走ってきてソロモンの杖ぶん投げるって出来るか普通!?
 とりあえずマリア達はしかるべきところでしかるべき裁きを受ける様子なのでほっとした。が、だったら何故それをクリスにも出来なかったかなぁ。ちゃんと罪を償っていればこんなにもクリスにもやもやすることにはならなかったのに。


 総評。
 設定が消化不良で意味不明な点や唐突な展開が多かったのは前回と同じだったなぁ。結局そこが改善されてないと納得出来ないまま見続けるハメになるので、こっちとしては苦しい。
 一言で言えば、言いたいことはわかるけど説得力持たせてくれよ、というところかなぁ。

関連記事

銀の匙 Silver Spoon

銀の匙 Silver Spoon 『第十一話 走り出せ、八軒』


 普通なら学校内で売買やったら問題になりそうなんだが、自分で金出して作った商品だから問題ないという判断なんだろうなぁ。ていうか、学校が商売してるわけだし生徒にやるなとも言えないだろうしな(笑)。
 そして、ふっと現れてはいいこと言う校長先生。逃げることを肯定する作品って珍しいよなぁ。家畜と例えてる辺りが説得力あるし。


 さすがに野球の描写をちゃんとやる余裕はなかったか(当たり前)。
 これに感動するのはよく分かるが、感化されて体を動かしたくなる衝動を抑えきれない辺りが若いな(えー)。


 逃げることを肯定されても、あえて逃げる選択をしないのが八軒の成長なんだよなぁ。
 普通は割り切るもんなんだよ。だけど、割り切れないことを無理矢理割り切ることを八軒は逃げだと思っている。そう思わせたのはこれまでの農業経験なのは言うまでもなく、だからこそ“悩む覚悟を決める”という結論でも十分な成長なのであった。


 総評。
 とにかく主人公の心情変化の表現が細かく丁寧で、それ故に最終的な変化にものすごい納得を与えてくれた良作でした。
 2期もあることが発表されているのだが、ここで終わっても別に問題ないくらいスッキリした展開だったなぁ。
 やっつけてないのは八軒の親の一件だけだが、これは2期でなんとかなるだろう。
 これはさすが荒川弘なのかアニメスタッフの力か、それとも両方か。
 とにかく続きも楽しみである。

関連記事

ロウきゅーぶ!SS

ロウきゅーぶ!SS 『The 11th game dearests』


 わははは、二人ジェットストリームアタック(笑)。抜かれても更に後ろに回り込めるのはすごいなぁ。
 ていうか、それどころか全員でマークしに行くっていう普通なら絶対できない作戦を敢行して成功するっていう。ボール持ったらパスせずに突っ込んでくることが分かってるから出来る荒業である。
 挙句やる気なくして防げる失点を見逃すとか完全にアホ丸出しだったなぁ。ここまでのアホならそのまま退場でも良かったとも思うけど、チームメイトの優しさが無駄になるのも寂しいし。ただ、顧問がそれを分かった風でコーチを止めてるのがムカつく。お前そんなキャラじゃねーから。


 タイマンでも智花どころか真帆でさえ止められない程度っていう実力なんだなぁ。正直そこまで強いわけでもないのか。無論真帆が弱いわけじゃないんだけど。所詮は井の中の蛙か。
 比べて未有の押しっぷりがもう見事。問題だった性格面でのウィークポイントが改善されたことで、元々あった実力がさらに強化されて真のエースとして十分に発揮している。やってることが小学生レベルを超えすぎだ(笑)。まぁそれは智花にも言えることだが。


 いい最終回だった(マテ)。
 いや、やってることは本当に最終回っぽいんだけど。真帆が抜けても補えるだけの絆を見せて、雅美から目の敵にしていた紗季へのパス、そして前期では決められなかった紗季のシュートでの決着。流れとしては完璧だった。
 こうなるとメインでやることが怜那の成長しか残ってないんだよなぁ。正直硯谷に勝つことがそれほど重要に思えないのが辛いところであった。

関連記事
profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top