戦姫絶唱シンフォギアG

戦姫絶唱シンフォギアG 『EPISODE 12 撃槍』


 司令と緒川さんが出撃するのはそりゃ納得せざるを得ない(笑)。あんたらの戦闘力は十分過ぎるっていうか、むしろ何故今まで最前線に出なかったと言いたいくらいだ(えー)。
 そして奏さんは出番あってよかったねと。前期ももはや翼の妄想なのかなんなのかわからん存在での登場だったけど、これはまぁ妄想だと言い切れる(マテ)。
 クリスに関してはさすがにドクターも手放しに信用するほどアホじゃなくてよかった。会話を傍受してるのは予想通りだったが、まさか首に爆弾しかけるっていうベタな展開仕込むとは。ネックだった名前呼びで相互理解し合える展開もベタだけど燃える。


 それに比べてこいつらの言い合いの中身の無いこと(えー)。
 調にフィーネが宿っていることは前回の響への台詞で示唆されていただけに別に構わないんだけどね。
 さすがにこの鎌の斬撃をかばって倒れるのは無理がありすぎる。刺さる程度で済むわけ無いじゃん。確実に両断されるか、切歌共々串刺しだよ。


 まさかの全裸待機に吹いたじゃねーか(笑)。
 あの変身シーンで全裸になるのって演出じゃなくてマジで服を変換してるんだな。つまり毎回公衆の面前で全裸か…。
 適合率を強制低下させる秘密兵器を、適合率下げても適合できる前期の天羽々斬で返すっていう荒業で返す演出は素敵なんだが、いかんせんこの秘密兵器に対して対抗策を講じている様子がまるでなかったんで唐突感は否めず。
 しかし、これでソロモンの杖を奪還できたことでクリスの過去の精算ができるわけもないので、この後の処理にかけよう。


 これですんなりフィーネが発現してたら前期の託しがなかったことになってしまうので、自分の意志で出て来ないようにしてた、どころかそのまま身代わりになる展開には納得できた。正直あーだこーだ言ってた割にフィーネそのものの意志で決着ついてしまったのは、今までの苦労って一体…ってなったけど(えー)。
 響はマリアのガングニールを使うことも想定はしてたんだけど、まさか強制奪取に成功する力技とは。
 で、ここは「わたしがガンダムシンフォギアだ!」じゃないのか(マテ)。二人の全世界に全裸生放送ですけど。

関連記事

銀の匙 Silver Spoon

銀の匙 Silver Spoon 『第十話 八軒、豚丼と別れる』


 唯一八軒に対してあからさまに不穏な態度をとっていた吉野がちゃんと八軒を認める発言をしてくれたのは有難いなぁ。一番の障害であった吉野を陥落させたことで八軒の行動を最終的に正当なものへを昇華できる。
 常磐は勘違いするのは勝手だけど、内容が洒落にならないだけにどう見ても積極的に噂を広げた罪は重いんで、ちゃんと学校で処分がされてるのはしっかりしているなぁ。ギャグで落としてもスルーしないっていうのは評価。
 解体は学校でやらないんだなぁと思って見てたんだが、さすがに専門色が強すぎて実習では無理なのかね。業者の人もちゃんとわかってくれてる風でナイスである。こういう生徒を何人も見てきたに違いない。


 で、八軒の手で解体する過程をすっ飛ばして大丈夫かなぁと思ってたんだが、そこを補うために授業で解体シーンを見せるっていう徹底っぷりに演出の良さを痛感せざるを得ない。
 マジで穴がないわこのアニメ。


 でも最終的に自らの手で加工して食べるまでの描写ももちろん忘れない。
 ちゃんと食えたな。
 葬式発言も普通のキャラが言えば不謹慎に映る可能性もあるんだけど、親父を亡くしている駒場だから説得力がある。
 命を屠る。その感謝と供養も忘れない。食う以上は美味しく食べるための努力を惜しまない。
 「いただきます」はその食材への感謝だという。だが、それだけでなくその食材を作った人々に向けられたものであることも自覚させされるのであった。

関連記事

ロウきゅーぶ!SS

ロウきゅーぶ!SS 『The 10th game wanna Be A Gamemaker』


 あの硯谷の中にあってもハブられてるっていうのが怜那の終わりっぷりを物語っている。この顧問なら実力至上主義を履き違えてレギュラーにするくらいやってもおかしくないと思うレベルだもんなぁ。
 それに比べて、未有の成長度合いはどうよ。あの試合勝ってるんだよ。でも、エースとしての慢心を打ち砕かれたことで全力でバスケに打ち込むことを自覚できたのがよくわかる。
 そして、かつての自分と同じ過ちを犯そうとする後輩のために頭を下げる殊勝さすら持ち合わせるとは。この辺はコーチの賜物だなぁ。今回も分かっててあえて怜那をベンチ入りさせてるわけだし。


 勝ちを意識する余り実力を出せないのはお約束だぜ。拮抗できたはずがボロ負けだもんな。
 スポーツにおいて精神論は大事なんだよなぁ。こと終始瞬時の判断力が問われるバスケのようなものにとってはなおさら冷静さを保つことは重要。無論それを支える実力をつける練習も外せないのは言うまでもない。
 ここで6年生が諭す展開は、アニマスでアイドルたちが自分達だけで問題を解決していたところを思い出すが、あっちと違うのは昴が直接言わなくても6年生達とバスケをすることで伝えられると確信しているとこるなんだよなぁ。むこうのPは序盤無能だったから。


 この練習風景でどこに注視しなければいけないのか…賢明な紳士ならもうおわかりだろう?


 うほ、拮抗どころか押してやがる。相手も認める成長っぷり。
 今期では愛莉の成長の描写だけがクローズアップされていたけれど、特にひなたがレベルアップしていたっていうのはどの辺りにって感じに。元々敵のマークからよく抜け出すイメージはあったんだがその辺りかなぁ。バックシュートは1期の時から決めてたし。


 エールを贈る相手が接点ないと思うなかれ、同じポジション同士っていうことだな。
 そしてベールを脱いだ怜那の必殺技、まぁ必殺技っていうほど特殊な事してるわけじゃないんけど、小学生のレベルでここまでドリブルで翻弄されると辛いだろうなぁ。挙句股抜きまでさくっと敢行。異様にボール裁きが上手いんだろう。
 まぁでもやはり個人だけで向かってくる相手にはさほど脅威を感じない。このエースを中心にチームを構成してるのならともかく、無理矢理にねじ込まれた人間にいきなり合わせられるほどチームワークも技術もないだろうし。そのうち内部崩壊するのは目に見えてるわぁ。

関連記事

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 『第10話 Kaleidoscope』


 この最終戦も正直しょぼいんだよなぁ。
 なぜならば、イリヤに魔術師としての力がまるでないから。今まで生き残ってこれたのは才能と運だけなんだよね。納得して勝てたのは美遊と共闘したキャスター戦だけ。
 魔術師としての成長がまるで表現されて来なかったんだ。だから、ここで最強バーサーカーを倒せたのも結局は才能で片付けられてしまう。要はご都合主義なんだ。
 二人で共闘する意味合いは友情を表現するのに最適であるのは間違いないんで、勝てるだけの理由付けが精神論だけで終わってしまうのはそこを引っ張ってしまった。


 美遊のデレっぷりがやば過ぎでむしろ引いた(えー)。
 これは美遊のバックボーンがまるで語られてないからだろう。完全孤独っていう情報だけでどんな境遇で育っていたっていうのが見えないとこの態度に納得ができないのでギャグとして落とせないんだよなぁ。
 理不尽で通しまくった凛達はウェイバーもといロード・エルメロイのナイス判断で制裁が下ったのでまだマシであったが。


 総評。
 というわけで、あんまりおもしろくはなかったなぁ。
 正直Fateの予備知識がなかったら劣化版パチもんはのはってことで終わってたと思う。
 何処をとっても描写不足だったことは否めない。10話という制限では無理があったのかもしれないけどそれにしたってなぁ。むしろ何故10話という中途半端なことになったのか。
 そして、この中途半端さで2期が決まってるっていうどうしてこうなった状態。マジで制作が間に合わなかっただけなんじゃないのか。
 2期は観ることはあっても感想書くことはないかなぁ。

関連記事

戦姫絶唱シンフォギアG

戦姫絶唱シンフォギアG 『EPISODE 11 ディスティニーアーク』


 まぁね、予想通りでしたよ。何の説明もなしに響達はシンフォギアのみ綺麗サッパリなくなって体は無傷でしたっていうね。そんな絆創膏レベルの怪我で済まないから!! 骨の残らず吹っ飛ぶから普通!!
 そして、クリスの裏切りは完全に予想外デース。ソロモンの杖を奪還するための一芝居だろうが、正直この程度でドクターが油断するとは思えないんだよなぁ。隙を作れるかね。
 で、ドクターの方は完全にムスカ入りました。まぁこの性格だと絶対に自分で支配する側になると思ってましたとも。見抜けなかったマリアやママンが間抜けだったとしか言えないわな。
 で、この月にアンカーかけて浮上するっていう手を使うんだったら、わざわざ月落下を事実とする必要はなかったんじゃないかなぁ。正直あの情報はドクターが流したブラフだった方がよかったわ。


 最初調のシンフォギアを響が使うのかと思ったけど、そんなことはなかった。
 まぁここはマリアが持ってるもう一つのガングニールを響に託す展開になるんだろうなぁ。
 で、響の独断出撃はガングニールの身体的補強がない今ではマジで危険過ぎるんだけど、一応司令の訓練は受けているので生身でも多少の戦闘力は残ってる…はず(えー)。

関連記事

銀の匙 Silver Spoon

銀の匙 Silver Spoon 『第九話 八軒、豚丼に迷う』


 多摩子ぉぉぉっ!?
 マジかよ!? いや、お母さんが美人だったから同じパーツの多摩子が美人でないわけないんだが…。夏バテって怖ぇ~(えー)。
 ていうか、女子の面々は感想それだけなのかよ。


 未だに割り切れないっていうのは重々承知のうえではあるが。
 だがしかし、ここでちゃんと出荷のために努力するっていうのは少しずつでも前に進んでいる証なんだよなぁ。
 そして、それは農家の苦労を身をもって経験した結果であるというしっかりとした根拠も備わっているという。農家が稼ぐのは難しい。だからこそ少しでも高く売れるように試行錯誤する大切さを知っているのだ。
 ホントに主人公の心理変化を表現するのがべらぼうにうまい作品である。


 食い尽くされるのは良いことでもないんだ(笑)。金払ってるわけだから文句言う訳にもいかんしな。
 そして、スナイパーだと思ってたらやっぱりスナイパーだったよ先生!!(えー)。
 八軒に人望があるっていうのはよく分かるよなぁ。八軒は基本的には手を抜かないのでちゃんと努力してる所を見られているが故に八軒のために手を貸してくれる。掃除当番変わってくれたり、祭りに連れ出してもらったり。
 努力が認められるっていうのは嬉しいことだよな。中学時代にはなかった経験だろうに。本人はそこに気付いているだろうか。

関連記事

ロウきゅーぶ!SS

ロウきゅーぶ!SS 『The 9th game Don't wanna cry 泣きたくない…』


 回想で紗季が出た瞬間に「今と変わってねぇ!?」と思ったら、実際に現在の紗季なんだから当たり前であった(笑)。深層心理の描写って怖いね(えー)。
 女子小学生におっぱい揉みまくられる女子高生か…ありだな(マテ)。竹中はラッキースケベでもないのに散々な目にあって可哀想に。


 絶対に何処かで顔射入れないといけないのか(おい)。
 ていうか、それは広島風だーっ!! おのれ、前回の合宿ではしっかりと関西風で作っていたのに紗季め裏切ったな!!(何が?)。
 いや、実際には広島風好きなんだけどね! 焼きそばと卵でお得っぽいから!!(えー)。


 まぁなんだ、あの顧問の生徒じゃこんなもんだろうな。むしろ安心した(えー)。
 ここで雅美を叱咤するのは普通は大人の仕事なんだが、紗季がやってる辺りが先程の心理描写ぐらいの年齢差を感じさせる所以だろう。マジで大人対応ですた。
 まぁそっちよりも、実際に出店を子供だけで任せてる両家の親は問題あるんじゃないかと思ってしまうんだが。普段から手伝ってるとはいえ、まかりなりにも飲食店なんだから。だから昴達がいるんだろうけど、こつらもただの高校生なわけで、やっぱりちゃんとした責任者はほしいところだ。なんで親の描写抜いてるんだろう。
 あと、昴達はちゃんと先輩にこの一件を報告して詫び入れさせる算段付けて欲しいところだなぁ。事故であっても謝罪がないのは教育的にまずい。まぁあの学校にそんなもん求められないんだけどさ(ニガリ)。


 さくっと大会出場が決まってしまったぜ。
 初戦に硯谷をぶつけてくる辺り、速攻でクライマックス持ってくる気まんまん(えー)。
 しかしなんだ、今期はババァがしゃしゃり出てこなくてホント助かるわ(笑)。

関連記事

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 『第9話 ここで終わらせる』


 とりあえず、美遊に関して誤解してたことは正直すまんかった。マジで友達認定してたんだなぁ。
 それはおいといて。
 やっぱりイリヤの覚悟完了にはちょっと納得しかねるかなぁ。ずっともやもやしてたんだが理由がやっとわかった。
 これ、テーマがぼやけてるんだよ。
 この作品のメインテーマはおそらく『本当の友達になること』に重きをおいてるんだろう。だから、美遊はイリヤのために一人で戦うし、イリヤはそんな美遊のために恐怖の戦場へを舞い戻る覚悟を決めるのだ。
 しかし、今までの描写だと『魔法少女して戦う覚悟を決める』というテーマの方が強いんだ。どちらかと言うと前者のテーマを背負っていたのは美遊の方が印象が強い。だから美遊が方便使ってイリヤを遠ざけることにも納得ができる。一方イリヤの方は後者の方に向いていたと思ってたもんだから、ここで前者のテーマを持ち出されて混乱したんだわ。
 なので、イリヤの方も早々に自分の意志で魔法少女として戦う覚悟を決めておけばよかったんじゃないのかなぁ。別にその後に暴走によるリタイヤをしても問題はなかったはずだ。この辺りの経緯をギャグでスルーしてしまっていたために、ここに来て違和感を感じる羽目になってる気がする。つまりギャグがシリアスの足を引っ張ったパターン。

関連記事

戦姫絶唱シンフォギアG

戦姫絶唱シンフォギアG 『EPISODE 10 喪失までのカウントダウン』

Vitalization
Next Destination(初回生産限定盤)(DVD付) (期間生産限定盤) (通常盤)
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング1
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング2
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング3
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング4
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング5
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング6
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング7
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング8


「愛、ですよ…!」
「何故そこで愛!?」
 ママンですらギャグ要員に駆り出されたぞ(えー)。
 しかし、装者量産し放題じゃなかったんだなぁ。あの学校が装者候補生を集めるためっていう設定なんて1期の時あったかなぁ、すっかり忘れてたわ。
 とりあえず、未来が強すぎてやばい。戦闘そのものは機械任せでも火力が違いすぎる。翼の天ノ逆鱗連打による防御と回避の一連は見応えあったなぁ。
 そういや、クリスを最初拾ったのは未来だったってすっかり忘れてたわ(笑)。あんたら2期になっても接点ないんだもん。


 ちょぉぉぉっ!? 緒川さんあんたもか!?
 なんだよ、この世界普通に超人がホイホイいるんじゃないかよ。どう見ても忍者だったし、水の上走ってるし。とっとこヴァン太郎じゃないんだから(マテ)。
 まぁ司令も発勁で爆風吹き飛ばしたりしてたし、忍術くらいありな世界だろうけど。緒川さんも単体でノイズと戦えるんじゃないのか。こうなると意外と装者以外にも戦力いっぱいいそうだけどね。
 そして、クリスがどんどん罪の認識を深めていくよ。それを1期の時にやって欲しかったわ。


 いやいやいや、これはさすがに理解不能だよ!?
 シンフォギアを無効化するっていうのはわかるが、どうみたって物理的にもダメージ受けるじゃないか。米軍の巡洋艦が大破してるんだぞ。そんなのシンフォギアなしの生身で受けきれるわけがない。なぜ司令はその可能性を指摘しなかったし。
 これでどうやって生き残る設定にするつもりなんだ。普通なら確実に吹っ飛んで死亡だよ。さっきの翼の決死の脱出も意味がなかったことに。天羽々斬とかイチイバルとかなくなっちゃうけど。
 そして、返す返すもこんな重要アイテムを奪取するシーンを省いたことがマジで理解できんわ。むしろ最優先で入れるべきだったのに。
 ていうかね、前回書いた未来を元に戻すための布石と思ってた薬は完全に意味がなかったことに、しょぼーん。
 まぁ、これで響達が死ぬことはないだろうから、未来と一緒に響も全身に転移したガングニールも一緒に砕けて命の危機は去りましたってなるんだろうなぁ。正直、そのまま死ぬまで戦ったほうが1期との帳尻は合うと思ってたんだがね。

関連記事

銀の匙 Silver Spoon

銀の匙 Silver Spoon 『第八話 八軒、大失態を演じる』

銀の匙 Silver Spoon 1(完全生産限定版) [Blu-ray] (完全生産限定版) [DVD] (通常版) [DVD]


 あぁ八軒、出来のいい兄弟がいると精神的に落ちる典型的なパターンだったのか(えー)。
 確かに基本性能はよさそうなんだよなぁ。座学ではほぼトップをキープ出来るっていう実績もあるし。ただ目標がでかすぎて一般人では挫折しようのないレベルで挫折してたわけか。東大がデフォとか言われたらそりゃなぁ。
 それをあっさりやめちまういい加減に見える兄貴であるが、兄貴の方も親の言い分には納得しかねる部分があったということは、この父親相当危ないってことだな。
 しかし、御影が軽トラ運転してることが普通に見えるから恐ろしや農家(笑)。


 サブタイ見た時に、「いや、今までも相当失態を演じてたと思うがこれ以上だと!?」となって、生乳飲むイベントが発生した時点で口に付けた救掬いをうっかりタンクに落として牛乳全部ダメにするっていうアホなことを想像してしまったんで、新たに貯蔵する分を垂れ流してたっていうのは被害が小さいとか思っちゃたよ(マテ)。
 いや、そりゃデカイ損失なんだけど。八軒からすりゃ弁償したくなるし給料受取拒否したくなる気持ちもわかる。
 まぁしかし、そういうミスすることも含めて人を雇ってるわけで、言ってたとおりじいさん達が油断して確認してなかったのは雇い主としての過失なんだよね。素人に任せたあんたらが悪いとなっちゃう。いわゆる監督責任ってやつ。生乳の時にマジで八軒一人にしちゃうのはその最たるものだと思うし。
 実際給料から差し引いても良かったわけだが、満額支給するってことは自分達の過失を認めた上で労働に対する評価をしてるわけで、そこは拒否したら逆に失礼なんだな。

関連記事

ロウきゅーぶ!SS

ロウきゅーぶ!SS 『The 8th game I wish with you』

ロウきゅーぶ! SS 第1巻(初回生産限定版) [Blu-ray] [DVD]
ロウきゅーぶ! SS 第2巻(初回生産限定版) [Blu-ray] [DVD]
ロウきゅーぶ! SS 第3巻(初回生産限定版) [Blu-ray] [DVD]
ロウきゅーぶ! SS 第4巻(初回生産限定版) [Blu-ray] [DVD]
ロウきゅーぶ! SS 第5巻(初回生産限定版) [Blu-ray] [DVD]
ロウきゅーぶ! SS 第6巻(初回生産限定版) [Blu-ray] [DVD]
Get goal! (LIVEチケット優先販売抽選申込券付)(初回限定盤)(TVアニメ「ロウきゅーぶ! SS」OP&ED主題歌) (通常盤)
「ロウきゅーぶ! SS」Character Songs 01 湊 智花(花澤香菜)
「ロウきゅーぶ! SS」Character Songs 02 三沢真帆(井口裕香)
「ロウきゅーぶ! SS」Character Songs 03 永塚紗季(日笠陽子)
「ロウきゅーぶ! SS」Character Songs 04 香椎愛莉(日高里菜)
「ロウきゅーぶ! SS」Character Songs 05 袴田ひなた(小倉 唯)
「ロウきゅーぶ! SS」Character Songs 慧心学園初等部女子ミニバスケットボール部5年生チーム


 スピードで来るからスピード殺せばいいじゃない作戦敢行。愛莉マジ堤防(えー)。そうやって速攻を防ぎつつ長距離砲を紗季が瓦解させるっていう完璧フォーメーション。
 相手の攻撃パターンを封じたことで得点力を奪い、接戦に持ち込んだところでエースの対決を制する。完全に正面切っての実力勝負に持って行った昴の勝ちだったな。


 完全に言葉の綾が裏目に出ちゃった。
 まぁ小学生相手に奴隷は拙かったなかもしれんけど、言い出したのは自分達だしそこは大人が分からせないとね。
 そして、自分達の実力不足を他人のせいにするのも子供であるが、葵は一応実力差を突貫で補って接戦に持ち込んだわけだからコーチとして優秀でないことはないと思うね。まぁ、前回書いたように練習する時間はもっとあっただろうとは思うんで、そこだけが引っかかるけど(えー)。
 そして、愛莉の成長に兄でなくとも(以下略)。


 巨人のビールかけ見た後だったからすげー笑った(えー)。
 って、メイドさん白スクとかまた高度なものを!? くそ、前回のバニーといいスペック高すぎる!!
 そして、万里がもう愛莉バカキャラとして定着してきた(笑)。


 またなんか変なキャラが来たぞ、おい。
 硯谷の生徒らしいが、あの学校こんなんばっかか、大丈夫か教育機関として。まぁ顧問からしてダメダメだったからそりゃ生徒が育つわけ無いという妙な納得感もあるんだが。
 それに比べて、勢いで葵を罵ってしまったことに凹む妹を叱咤する竹中の成長っぷりはどうよ。

関連記事

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 『第8話 普通の女の子に戻ります』

Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第1巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第2巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第3巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第4巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第5巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
starlog
Prism Sympathy (初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』オリジナルサウンドトラック


 まぁ今まで散々書いてきたけどね。ここでイリヤが脱落するのは至極当然で、むしろ何故今までしなかったのかっていう方が強いとさえ思っているんだが、凛は物分かりがいいように振る舞ってるけど、その辺の説明せずに今まで通してきたお前の罪は重いと思うぞ。イリヤを巻き込まざるを得ない状況になったのはルビーの我侭かもしれんが、プロの魔術師として命の危険を伴うことの重大性をまるで諭す描写が無かったのは、監督者としての責任を果たしてないよね、ということ。
 美遊に関しては、本気で生活に困ってた様子なので、文字通り命懸けで戦っていただけの話。イリヤに辛く当たってのは単に嫉妬してただけっていうことだろう。いうても小学生なんだから、それくらいは当たり前だと思っているけど。
 つまり、イリヤに覚悟がないのは当然っていう時点でイリヤに覚悟を求めること自体に疑問を持ってしまうので、ここでイリヤが葛藤しても正直主人公の成長としては認められないのであった。物語の根底が崩れてる気がする。やるべき人間がやるべきことをやってれば問題なかったのになぁ。その辺りなのはの1期は上手かった。
 そして、残りが後1枚っていう事実に驚愕。実力からいってバーサーカーだろうが、実質敵が5人だけっていうのは少ないなぁ。

関連記事

戦姫絶唱シンフォギアG

戦姫絶唱シンフォギアG 『EPISODE 9 英雄故事』

Vitalization
Next Destination(初回生産限定盤)(DVD付) (期間生産限定盤) (通常盤)
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング1
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング2
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング3
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング4
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング5
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング6
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング7
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング8


 素晴らしいおっぱいだクリス(マテ)。
 それは置いといて、クリスが過去の過ちを悔いる描写があるのはいいことだ。今までも今の生活に馴染めない節はあったものの、それは分不相応と思っていだけの話で、罪の精算をする機会がなくなってしまっていたからな。


 ここに来てチームワークを意識して最大限にデレを発揮して翼と話そうとするも、呼び方一つであっさりいなされてしまうクリスが可愛い。つまりもっとデレろと言っているのだ(えー)。
 そして、クリスの食事の仕方が汚い(笑)。これは戦災孤児故に最低限の教育も受けていなかったためであるが、チョイスしてるのがナポリタンってところも食い方も相まって子供っぽさが抜け切れていない風でナイスである。
 極めつけがコーヒーを飲もうとしてカップに付いてるナポリタンのカスが落ちるっていう細かい描写。こういうところにも気を配れるというのは素晴らしい、いい仕事してるわぁ。
 一方、ついに殺人を犯したことでようやくマリアも覚悟完了ですわ。遅すぎる。


 ぶははは、まさか司令まで歌い出すとは思わなかった。クリスと一緒に突っ込んじゃったよ(笑)。
 酔拳なのは相変わらずであったが、途中でロッキーになってるし。もはや中国拳法ですらなくなったぞ。
 でも歌はポリスストーリーっていうもはや何でもありになってきたぞ。
 さらっとついて来てる翼はさすがであるが、訓練内容に疑問は持たなかったんだろうか(笑)。


 そう来たかぁ。
 考えてみれば調達も別に純適合者ってわけじゃなかったんだから、全くの素人を装者にすることも可能だったわけか。さすがに多少の素質は必要と思うけど。
 むしろ、未来が操られてるっぽいほうが問題だなぁ。さすがにこっちは科学的な作用ではあるまいて。まだ聖遺物を隠し持ってるんだろうか。
 しかし、調の強制解除は未来を助けるときの布石になってると思うので、今回は伏線の張り方はうまく行ってるようである。今期で一番面白い回だったわ。

関連記事

銀の匙 Silver Spoon

銀の匙 Silver Spoon 『第七話 八軒、ギガファームへ』

銀の匙 Silver Spoon 1(完全生産限定版) [Blu-ray] (完全生産限定版) [DVD] (通常版) [DVD]


 八軒はさ、基本的にはいい奴なんだけど、たまにとんでもない非常識行動をとるのがげんなりするんだよなぁ。
 案内から外れて勝手に施設内に入ろうよした挙句、止められて逆ギレするとかダメ過ぎる。前回のバイト中の携帯の件といい、目的地までの確認不足といい。
 ちゃんと周りから制裁が入ってるからいいんだけど、正直やる前に気付けよとは思うんだよなぁ。特に今回のはマジで洒落にならないレベルだったし。


 まぁグロいっていうのは分かる(笑)。
 酪農っていうのは基本的にはグロいもんだと思うけどね。前回の精肉の過程なんかまさにそうだけど。農家は子供の頃からそういうことに慣れているので普通に感じるっていうのは聞いたことあるが、一般的な感覚ではないよね(笑)。しかし、そういうもので成り立っているというのは知っておかなければなるまいなぁ。
 結局のところ、畜産をどう扱うかっていうのは理屈で線引するしかないんだよなぁ。

 ところで。
 仔牛の死産の可能性も考えていたんだが。


 そーゆーことにならなくてよかったと本気で思った(えー)。

関連記事

ロウきゅーぶ!SS

ロウきゅーぶ!SS 『The 7th game Win,again?』

ロウきゅーぶ! SS 第1巻(初回生産限定版) [Blu-ray] [DVD]
ロウきゅーぶ! SS 第2巻(初回生産限定版) [Blu-ray] [DVD]
ロウきゅーぶ! SS 第3巻(初回生産限定版) [Blu-ray] [DVD]
ロウきゅーぶ! SS 第4巻(初回生産限定版) [Blu-ray] [DVD]
ロウきゅーぶ! SS 第5巻(初回生産限定版) [Blu-ray] [DVD]
ロウきゅーぶ! SS 第6巻(初回生産限定版) [Blu-ray] [DVD]
Get goal! (LIVEチケット優先販売抽選申込券付)(初回限定盤)(TVアニメ「ロウきゅーぶ! SS」OP&ED主題歌) (通常盤)
「ロウきゅーぶ! SS」Character Songs 01 湊 智花(花澤香菜)
「ロウきゅーぶ! SS」Character Songs 02 三沢真帆(井口裕香)
「ロウきゅーぶ! SS」Character Songs 03 永塚紗季(日笠陽子)
「ロウきゅーぶ! SS」Character Songs 04 香椎愛莉(日高里菜)
「ロウきゅーぶ! SS」Character Songs 05 袴田ひなた(小倉 唯)
「ロウきゅーぶ! SS」Character Songs 慧心学園初等部女子ミニバスケットボール部5年生チーム


 親父、娘の婚約者を確認せずに決定ってそれはいいのかと。まだ確認せずにバスケ反対していた智花の親父のほうがマシ(落とし穴目線)。
 しかし、さくっとバスケ大会を開いてしまえるあたりは流石金持ち。単純にスポンサーするだけでも大変なのに。
 という訳で、ようやく5年生チームとの決戦が決まったわけだが、今まで横道にそれていた間に5年生チームの練習風景がさっぱり描写されていなかったので、ここに来てチームワーク云々言われても今更感があるんだ。打倒6年生を掲げた時から指摘されていた問題を何故今まで放っておいたし葵。


 黒ストメイド汎用性高すぎる! バニーもOKとか!! いいぞ、もっとやれ!!
 そして、高身長の話題をさらっと出されても普通に対応したばかりか、逆に相手を慮る余裕すら見せた愛莉の成長に兄でなくとも涙せざるを得ないな!


 実力のハンデをスピードでゴリ押すっていう荒業で対抗してきたぞ。
 完全に撹乱に成功してやがる。5年生側のプレーの向上よりも6年生側に対する精神的ダメージのほうが大きいぜ。下半身鍛えるのは基本とはいえ、スピードとともに持久力もついてスタミナ切れも早々狙えるもんじゃなさそうだし。

関連記事

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 『第7話 勝利と逃走』

Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第1巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第2巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第3巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第4巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第5巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
starlog
Prism Sympathy (初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』オリジナルサウンドトラック


 すげーシリアスな話するかと思ったら突然イリヤが壊れたーっ!!?
 イリヤめ、メイド派であったか。しかし、例えメイド好きとはいえご奉仕を強制するとはまだまだだな(えー)。況してや半裸で押し倒すなど笑止千万(マテ)。
 美遊は完全にルヴィアの言いなり状態なんだな。つまり魔法少女は本当に生きていく手段になっているわけだ。そりゃイリヤとは覚悟が違うだろう。が、そうであっても美遊の落ち着きっぷりは異常だと思うんだ。


 アッサシーン! ってハサンの方かよ!?
 気配が読めない時点でアサシンだろうなぁと思ったが、コジローって短剣とか毒使うっけ? と疑問に思ってたらこれだよ!? じゃあバーサーカーも征服王である可能性も!!(多分ない)。
 で、このイリヤ暴走であるんだが、これは前回の戦いを有耶無耶にした事も要因ではあると思うんで、美遊にそこまで言う資格はないと思ってたりする。覚悟を問うなら前回の時点で問われるべきで、その辺の危うさは美遊自身も分かっていたはずだから。もっと言えば、凛達にイリヤの暴走を報告してなかったことも落ち度。
 イリヤに覚悟がないのは当たり前で、そこを確認する機会を自ら逸したのは大いなる過失じゃないかなぁ。そして、その機会を潰されたのがイリヤのメイド萌え暴走だったこともちょっとマイナス要因になる気もする。

関連記事

戦姫絶唱シンフォギアG

戦姫絶唱シンフォギアG 『EPISODE 8 繋ぐ手と手…戸惑うわたしのために…』

Vitalization
Next Destination(初回生産限定盤)(DVD付) (期間生産限定盤) (通常盤)
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング1
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング2
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング3
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング4
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング5
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング6
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング7
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング8


 最初から本人に告知しておけばよかったんだって。それでも響が戦おうとするのは目に見えてるんだから。余計な戦闘増えちゃったよ。完全に司令達のミスだろう。
 で、フロンティアっていうのはどんなもんかは知らんが、何故その扉を開ける鍵っていう最重要機密の奪取の描写をまるっとカットしちゃったんだろうね。物語の核心を説明台詞だけで語られてもなぁ。
 そして、一番驚いたのが月落下が事実っぽいところだよ。なぜ今計算できることを前回の月落下未遂の後に確認しなかったんだ。アメリカが事前に把握できたことを日本が出来ないとは思えん。実際ズレを確認出来るだけの能力はあるんだから。


 まさかここに来てアメリカをもう一回手を組むっていう愚策を敢行するとは思わなかったわ。完全に元の木阿弥。そんあんお絶対に裏切られるに決まってるじゃないか。それすらも予期せず何の準備もしてなかったっていうアホさに完全に失望だわ。行き当たりばったりにも程がある。
 一方の響は自ら未来を手を離すっていう手を繋ぐことに執着してきた響にとって完全に死亡フラグ。これで未来が大怪我を負って怒り狂う展開になったら、嬉々として一期の時は平気だったじゃねーかとツッコミを入れたい所(えー)。

関連記事

銀の匙 Silver Spoon

銀の匙 Silver Spoon 『第六話 八軒、御影家に行く』

銀の匙 Silver Spoon 1(完全生産限定版) [Blu-ray] (完全生産限定版) [DVD] (通常版) [DVD]


 やっぱ北海道でも都会では食材の味が違うんだなぁ。農家は直だからなお美味そうだ。
 しかし、八軒はバイト経験がないとはいえ、職務中に携帯いじって注意力を怒られるっていうありえない大ポカをかましてるのが気になってしゃーなかったが、北海道の田舎でちょっと近所に出かけるという完璧な時間制限フラグに引っかかる始末でさすがに不用意過ぎる。せめてかかる時間は聞いていくべきだったな。


 現状の農家の収入がどんなものなのかよくは知らないけど、家族経営だけで成り立たせるのは厳しそうだよなぁ。
 って、棚の中に原作者がいるじゃねーか(笑)。


 豚丼の問題をどう切り抜けさせるのか気になっていたんだが、こうやってそこまでのプロセスを一つ一つ経験させるっていうのはうまいなぁ。いきなり豚丼殺せるかっていう所にいかないのがミソ。
 そして、この捌く覚悟も今までの経験があってこそ出来ること。主人公の心理変化を丁寧に描写できてる。
 しかし、この熊はどう処分するんだろうか(笑)。熊って食えないらしいから、役所にでも引き取ってもらうんだろうか。 

関連記事

ロウきゅーぶ!SS

ロウきゅーぶ!SS 『番外編 智花のいちごサンデー』

ロウきゅーぶ! SS 第1巻(初回生産限定版) [Blu-ray] [DVD]
ロウきゅーぶ! SS 第2巻(初回生産限定版) [Blu-ray] [DVD]
ロウきゅーぶ! SS 第3巻(初回生産限定版) [Blu-ray] [DVD]
ロウきゅーぶ! SS 第4巻(初回生産限定版) [Blu-ray] [DVD]
ロウきゅーぶ! SS 第5巻(初回生産限定版) [Blu-ray] [DVD]
ロウきゅーぶ! SS 第6巻(初回生産限定版) [Blu-ray] [DVD]
Get goal! (LIVEチケット優先販売抽選申込券付)(初回限定盤)(TVアニメ「ロウきゅーぶ! SS」OP&ED主題歌) (通常盤)
「ロウきゅーぶ! SS」Character Songs 01 湊 智花(花澤香菜)
「ロウきゅーぶ! SS」Character Songs 02 三沢真帆(井口裕香)
「ロウきゅーぶ! SS」Character Songs 03 永塚紗季(日笠陽子)
「ロウきゅーぶ! SS」Character Songs 04 香椎愛莉(日高里菜)
「ロウきゅーぶ! SS」Character Songs 05 袴田ひなた(小倉 唯)
「ロウきゅーぶ! SS」Character Songs 慧心学園初等部女子ミニバスケットボール部5年生チーム


 ここに来て番外編でお茶を濁す展開に不安を感じずにはいられないわけだが、まぁとりあえずひなたが可愛いからいいや(えー)。
 確かに智花は可愛い、駄菓子菓子だがしかし、ひなたには伝家の宝刀・腋が!!(マテ)。


 この年で腐女子っていうのもどうかと思うが、そんな本が図書館にあることに吃驚だわ(笑)。
 さすが資料提供の自由を宣言している図書館、BLですら網羅しているとは(えー)。


 2期の時点でお母さんとは顔見知りだったのか。そういやがっつり喋ってるシーンはなかったか。
 というわけで、エプロン姿で買い物とか普通に羞恥プレイだと思うんだが、可愛いからこまけぇこたぁいいんだよ!(えー)。
 そりゃすっかり奥様気分ですわよ。奥様は小学生ですわよ。昔奥さまは魔法少女っていうアニメあったなぁ(関係ない)。

 というわけで、ゲームの限定アニメを放送するのはいいのかと思ったら前半だけでお預けくらうっていうアニメ視聴者としては中途半端でねぇ。だったら全編総集編でも良かったんじゃないと思ってしまうのであった。

関連記事

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 『第6話 空白 夜の終わり』

Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第1巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第2巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第3巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第4巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第5巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
starlog
Prism Sympathy (初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』オリジナルサウンドトラック


 これ各人の配置と攻撃の方向性・その威力がまるでわからない構成だよなぁ。
 本職二人による超特大砲撃もそれ以上の破壊力を誇ったエクスカリバーも、どちらもその規模の表現が津波と俯瞰の着弾地のみなもんだからまるで対比ができてない。単純に描写の繰り返しで面白みもないし。その津波にしたってそばにいたイリヤ達が流されない程度っていうマイナス描写もある。
 そして、イリヤの覚醒もさすがに唐突過ぎてご都合にしか見えん。特に鍵の描写は事前に仕込んでおくべきだった。
 まぁ、ダメなところはこれくらいにして、やっとアーチャーの能力が解禁になったわけだが、やっぱアンリミテッドブレイドワークスは宝具扱いなんだな(笑)。


 それどころか戦闘力もついてきてるんだが、この辺が生身に直接カードを使用している効果なんだろうなぁ。セイバー相手に接近戦出来るっていうのはさすがである。本人に稽古つけてもらってたしな(えー)。
 そして、トレース能力も使えるっていうのはほぼチートなんだけど(笑)。まぁ、このトレース能力は完全に元の能力を上回ることは出来ないはずだったんで、エクスカリバーをトレースしてもダメだんだろうなぁ。
 とか思ってたら完コピした挙句勝ちやがったよ!? あれ、記憶違いか!? まぁこっちの世界ではいけるのかもしれないけど。

関連記事

戦姫絶唱シンフォギアG

戦姫絶唱シンフォギアG 『EPISODE 7 君でいられなくなるキミに』

Vitalization
Next Destination(初回生産限定盤)(DVD付) (期間生産限定盤) (通常盤)
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング1
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング2
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング3
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング4
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング5
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング6
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング7
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング8


 もう響の人間離れが止まらない。
 まぁほぼガングニールな状態なんで無双しまくってるのはいいんだが、相手の絶唱すら完全阻止できるってもうどうなってるのかと。手を繋がなくてもいいんかい! それは設定的にマズイんじゃないのかい?
 そして、これで本気で響を守れると思っていた翼に絶望したーっ! 逆に未来を寸前で静止させたクリスに拍手喝采だーっ!


 なんでこの作品はこうも伏線の張り方と回収が下手なんだろうかね。
 マリアがフィーネの魂を宿してないというのは博士との会話で記憶が無いことが示唆された時点で分かることなんだよ。それを直後にママンがわざわざ直接的な台詞でバラす必要性がない。
 こうも物語の核心をサクッとバラされてしまうと、見てる側にワクワク感がまるで起きない。伏線による推測は視聴者の楽しみの一つだというのに。
 そして、マリアにつづいてママンすらテロリストに成り下がったことを後悔してて、もうこいつら何がしたかったんだ状態に。唯一の大人であるママンにはせめてブレないでいて欲しかったぜ…。
 あと、さすがにフィーネの力を発現させるのが、たまたま立ち寄った工事現場の資材崩しっていうのはご都合を感じざるを得ないなぁ。

関連記事

銀の匙 Silver Spoon

銀の匙 Silver Spoon 『第五話 八軒、脱走する』

銀の匙 Silver Spoon 1(完全生産限定版) [Blu-ray] (完全生産限定版) [DVD] (通常版) [DVD]


 今回はどうもつまらなかったなぁ。
 この主人公に何も知らされないままに巻き込まれるというのは上手いことしないとただの理不尽になってしまうんだが、八軒は再三説明を求めているにも関わらず無視し続けたことは問題。これが本気でUFO関連だと勘違いしてたのならまだギャグとして成立していたんだが。
 というわけで、根底から躓いてしまったので、そこからの脱走劇も乗りきれなかったのであった。


 そして一番の失敗はこの落ちの寸前をアバンで見せてしまったことだな。
 その時点でどんな話かは当然わからなかったものの、西川がいた時点で農作業機械だろうなぁという想像がついてしまったんだよね。完全に演出ミス。
 ただ、作物泥棒に対して意外とアグレッシブだった相川には笑った(えー)。

関連記事
profile
Author:★Yuuki
Twitter
祭囃子~東北、めぐる~
東日本大震災チャリティー同人誌 2011夏 祭囃子 ~東北、めぐる~
GENさんが参加してるので是非!
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top