絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第二十四幕 それぞれの物語』


 あーもー最悪だ。最悪すぎる。
 吉野を連れて行った愚行の結果がただ腕をかすめただけっていうくだらないオチ。これだけのために姫様が動揺しながら戦い続ける苦行を強いられたなんて…。
 そして、これまでの描写カットが仇となって羽村の不甲斐なさ満点。魔法使いとして成長した過程と覚悟完了がすっぱりいかれたことで、土壇場で諦めるっていう恐るべき選択をするなんて有り得なさ過ぎる。
 絶園の魔法使いはしかるべきときにしかるべき方法を取ればはじまりの樹を倒せるようにシステムが組まれているのだぞ? そして、その然るべき方法とは『はじまりの樹を倒す』という明確な意思決定なのだ。絶園の魔法使いは人類の意思決定代表としてその力を振るうことが許された唯一の存在だというのに、その羽村が最後の最後で諦めるなどあってはならない。羽村が諦めたらそこで試合終了なのだ。コンテニューのない世界滅亡が待っている。
 だから、この状況で絶園の樹が力を貸すことなどありえない。この剣ははじまりの樹に対する絶対無二の最終兵器なのだ。はじまりの樹を倒すという明確な意志なしにこれを授けるなど絶対にない。


 劣勢に追い込まれながらも諦めず、はじまりの樹を倒す力を心の底から欲したからこそ、絶園の樹はその最後の役割を果たすべく絶園の魔法使いの元へ駆けつけるのだ。
 アニメのヘタレ羽村にそんな力を貸し与えるわけがない。


 終わってからも姫様の不抜けっぷりが抜けないっていうね。
 もうさ、完全にこの最後の吉野と葉風が向き合うシーンを入れるためだけに葉風を色ボケにしただろ。そして、そのためにだけに吉野達を前線に出す展開にした。
 岡田麿里はこれをいいシーンだと思ったんだろうさ。だが、キャラ設定を崩壊させてまで、それどころか世界設定を崩壊させてまでやることじゃない。これじゃ葉風は色ボケで周りの見えない馬鹿にしか見えん。


 原作のフォローを入れると、葉風は自分の無力さ・常識の無さを自覚している。だから、資格や免許とったり一人暮らししたりして自立できるよう努力してるのだ。後先考えず男のところに突っ走るなんて愚行はしない。


 ちなみに、羽村の彼女は意外と美人だし、真広の彼女は可愛い(えー)。


 そして、原作通りだったら愛花のブラが拝めたものを(マテ)。


 総評。
 原作は置いといて話の流れを評価しようと思っていたんだが、最後にとんでもないことをやってくれたのでそうもいかなくなってしまった。
 この最終話手前2話分の改悪は本気でどうしようもない。それまでに積み上げてきた世界設定・キャラ設定をたった1シーンのために潰すというアホさ。
 これまでの端折りは最低限に止められていたと言っていいかもしれないが、ここだけは許せない。辻褄が合わなくなってるもの。
 やはり脚本・岡田麿里はもう観ないことにしよう。池田眞美子・吉村清子とともに永久に封印決定。

関連記事

閃乱カグラ

閃乱カグラ 『第12話 超秘伝忍法』

Break your world(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 「 閃乱カグラ 」 エンディングテーマ 「 疾走論 」
閃乱カグラ 第壱巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第弐巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第参巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第四巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第伍巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第六巻 [Blu-ray] [DVD]


 なんだかなぁ。
 蛇女5人衆が半蔵側に感化されちゃうのは無理矢理な気がするんだよなぁ。納得できるのは詠くらいで、それは詠と斑鳩さんの対比がしっかりと描かれていたから。他の面々は正直表面を舐める程度でしか描写がないんで、明らかに時間不足。
 ていうか、悪忍は非情集団のはずなのに蛇女実質5本指のこいつらが全然非情でない。言ってることとやってることが釣り合わん気がしてならない。


 懸念だった寝返りの理由もトップの暴走っていう別の要因で発動しちゃったしなぁ。
 共闘で雑魚を一掃する展開は燃えたけど。柳生と未来の武器交換とかナイス演出。
 ラスボスの関してはとっとと焔を殺しておけばよかったのにって思わずにいられない。大体秘伝忍法書の効果もわからないのに、覚醒させるためにおびき寄せた二人とわざわざ敵対する展開にするってアホの極みだろ。覚醒した後どうやって操るつもりだったんだ。


 だからとっとと鈴音を殺しておけばよかったのにって(ry)。
 相手を瞬殺できるから威力絶大だった軛の術をまったく活用できないまま隙を突かれまくりってラスボスなのに弱すぎる。術の効力が大きすぎて術者が馬鹿にならないと勝てない脚本ではどうしようもないなぁ。


 総評。
 アホな設定を活かせるだけのシリアスを描写できなかったのは痛い。
 10人分のバックボーンを表現するだけの時間がないのは分かりきったことだったんで、一人に(ていうか飛鳥に)絞ったほうが良かったんじゃないのかなぁ。
 主人公の飛鳥よりも斑鳩さんの成長に納得がいくのはどうなのかね。
 明確な線引をしたエロ描写とアホ設定を真面目にやる気概が認めるけど、シリアスの本筋がそれを生かしきれなかったのは残念である。

関連記事

絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第二十三幕 はじまりの戦い』


 前回の終わりから嫌な予感がしてたんだが、奇しくも当たってしまったよ。
 なんで吉野と真広を現場に連れて行っちゃったかなぁ…。
 どう見ても足手まといじゃないかよ。わざわざ超絶戦闘力を持つ夏村を下げて吉野&真広のコンビにする意味がわからない。フロイライン・潤兄さん・夏村が強襲組に選抜されてるのは魔法が使えなくても最小限の武器で複数人を軽くあしらえる戦闘力を持っているからなんだぞ。いくら経験値があるといっても魔法の使えない高校生の腕っ節と一緒にするな。ましてや吉野なんかその腕っ節もない。
 前回の万一発言と合わせて真広の覚悟完了が説得力かけるわ。真広風に言うならば理屈に合わない。作戦の成功確率どう見ても下げてる。その理由が『見届けたいから』っていう個人的な願望なのもなおさらダメ過ぎる。
 そして、吉野を前線に引っ張りだしたことで姫様の覚悟完了が未完のまま最終戦の突入しないといけない羽目になってしまった。その吉野ですら揺らぎまくってる始末。これじゃ羽村の一喝が逆効果みたいじゃないかよ。
 二人がおとなしく待っていればこんなグダグダなことやる必要がなかったのに、なんだこれ。


 姫様どころか羽村にすらここまで来て覚悟完了できてねぇ!?
 なんで誰もがモヤモヤしたまま最終戦に突入しなければならなかったんだ。
 そして、予想通りの吉野・真広組にアクシデント発生する始末。失敗するべくして失敗してる。これはただの間抜けだろ。
 これは改悪だ、助長による改悪だ。
 シリーズ構成・岡田麿里の名前を見た時からこんな事態をもっとも恐れていたのだ。原作通り運んでいればいいと本気で思っていたのに。
 今までも描写の省略はいっぱいあったが、本筋を見せられる程度に抑えられていた。だが、これはもはや物語の根底を覆しかねないレベルの酷さ。

関連記事

閃乱カグラ

閃乱カグラ 『第11話 決戦天守閣』

Break your world(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 「 閃乱カグラ 」 エンディングテーマ 「 疾走論 」
閃乱カグラ 第壱巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第弐巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第参巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第四巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第伍巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第六巻 [Blu-ray] [DVD]


 鈴音の目的が善忍生徒への当て馬を育てることっていうのが本当だったとしたら、それは大いに失敗してるんじゃないかと思わざるを得ない。だって、負けてからその原因を先生が指導した形跡なんて皆無だったもの。先生を買いかぶりすぎたんじゃないかな。
 むしろ、蛇女のほうが強い忍を育てられることを証明しちゃったんじゃないか(ニガリ)。
 確かに斑鳩さんは成長した。だから最初ボロ負けだった相手に善戦してるのはよく分かる。が、葛ねぇは相手が弱くなったようにしか見えん。柳生に関してはあれだけ瞬殺だった相手に逆に押されてて弱くなった感すら(えー)。


 いくら忍の力が精神力に依存するって言われても、具体的に修行してる描写の高い蛇女が相手の時点で都合よく秘められた力に覚醒したようにしか見えないんだよなぁ。蛇女の方がよっぽど苦労してるもの。
 まぁ斑鳩・柳生・雲雀の3人に関しては順当な結果といえるので、やはりネックは葛ねぇだな。

関連記事

ラブライブ!

ラブライブ! 『#13 μ'sミュージックスタート』

僕らは今のなかで【DVD付】
ラブライブ! 1 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 2 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 3 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 4 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 5 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 6 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 7 [Blu-ray] (初回限定版)


 創設者脱退に付きそのまま解散まで追い込まれてしまったぜ。まぁ仕方ない。
 絵里の言うとおり、目的は達成されてしまった以上これからどういうモチベーションでスクールアイドルをするのかっていうのは考えなければいけないところだったんだよな。
 だからにこが存続を希望してメンバーを再集結させるのも別に一人だけ意志に反してるわけではない。元々スクールアイドルをすることが目的だったにこには、学校存続の話は正直どうでもいい。ていうか、来年には卒業しちゃうしな。


 あの頃を思い出せ!
 というわけで、いろいろ重なってスクールアイドルをやる動機を見失った穂乃果に再び火がついた。
 続ける理由なんて『やりかいから』でいいのだ。ファーストライブ後に絵里に言った言葉は嘘ではなかったことを証明するのだ。


 海未のこと見くびってたわぁ。
 まさか小鳥のことに気づかなかったこととか、小鳥を傷つけた原因であるスクールアイドルを責任放棄してやめると言い出したこととかを『穂乃果だから』っていうだけの理由で全部許していたとは。穂乃果に対する信頼度が想像の遥か上を行ってた。
 そして、自分の言葉では引き止められない小鳥を穂乃果なら引き戻せるという自信。実際に一撃で陥落っていうね。


 すべての始まりの地。3人だったメンバーに観客が一人しかいなかったこのステージで、満員の観客の前でデビュー曲を今度は9人で歌うという、なんとも憎い演出じゃないか。
 しかし、最近では3Dと2Dの区別があまりなくなっていいと思ってたら、光の加減かこのライブではひときわ違いがわかってしまってしょぼんぬ。
 まぁね、手描きで全部やれなんて無茶は言わないけどね。いやマジで大変だから。3D技術が進歩してやっと戦車メインのアニメ作れるようになったっていうのは、手描きで戦車描いたことある人間ならわかるだろ!?(えー)。
 ママン達は同級生だったとかいう裏設定があるんだろうかね。中の人的にはらんま姉妹なんだけど(マテ)。


 総評。
 今季のアニメの中では最大のダークホースだったなぁ。
 メガネ事件とかこにのキャラ設定失敗とか絵里参戦時の説得部分とか、いろいろと突っ込みどころがあったけど話の流れは悪くなかったんだよなぁ。
 主軸としては、勢いで突っ走る主人公が勢い故に周りが見えなくなることを自覚し、それでも信頼出来る仲間と共に前に進むことを選択するという成長を描けていた。
 ただランキングという他者との競争をメインでやっておきながらそこを生かせず終了だったのは残念。せっかくタイトルそのものを全国大会の名称にしたのに結局スルーされてしまい、ライバルたちの実力も分からずじまい。
 2クールだったらもっと上手く掘り下げられたんだろうなぁ。しかし、作画の状態を考えれば1クールが限界だったと感じるのも事実。ままならない世の中ですよ全く(えー)。

関連記事

みなみけ ただいま

みなみけ ただいま 『第13話 ここだけの話はここだけで』

シアワセ☆ハイテンション↑↑
急接近ラッキーDAYS
みなみけ ただいま 1 [DVD] [Blu-ray]
みなみけ ただいま 2 [DVD] [Blu-ray]
みなみけ ただいま 3 [DVD] [Blu-ray]
みなみけ ただいま 4 [DVD] [Blu-ray]


 花粉症はマジでキツイ。目にはさほど来ないけど、ムズムズで済んでるのはまだマシと考えるべきだな。
 しかし、ムズムズするからって普通に鼻をほじるとは小学生だよなぁ(笑)。


 そういや藤岡って球蹴り番長だったっけ、もうすっかり忘れてたわ。
 しかし、この牛乳事件は藤岡のせいではないんじゃないかな。まぁ牛乳踏んだ上履きなんて最悪な事この上ないが(笑)。そもそも中学で給食だったことに驚いたわけだが。
 そして、スカートびちゃびちゃ事件は完全に藤岡のせいだが、被害者がカナの時点で大丈夫じゃないかな綺羅星(えー)。


 すげぇなぁ保坂。
 巣材を見ただけで即座に作る料理を思い浮かべられるなんて上級過ぎる。そして、その言葉だけで野菜嫌いのチアキに食べたいと思わせる表現力。マジで普通に料理だけではプロのレベルなんじゃないのか(笑)。


 ここだけの話なんだが。
 アツコのおっぱい揉みたい。


 ぼっちカナに大爆笑だったわ(えー)。
 まぁしかし、今期に限って言えばカナの理不尽度合いが緩和されて意外とまともな行動をしていたりしたので、普通に可哀想ではあったけど。
 保坂がぼっち終了なのはいつもの事だからいいとして、速水はマジで誰か制裁加えてくれないだろうかねぇ。


 総評。
 相変わらずのノリで相変わらずの緩さだったので、何の問題ですか?
 この作品はマジで遠泳に続編作れそうだよなぁ。ていうか、毎回1クールで1年サイクルなんだな(笑)。もう季節感とか関係ないね。

関連記事

みなみけ ただいま

みなみけ ただいま 『第12話 一年の計は元旦にあるらしい』

シアワセ☆ハイテンション↑↑
急接近ラッキーDAYS
みなみけ ただいま 1 [DVD] [Blu-ray]
みなみけ ただいま 2 [DVD] [Blu-ray]
みなみけ ただいま 3 [DVD] [Blu-ray]
みなみけ ただいま 4 [DVD] [Blu-ray]


 帯解いた所で晴れ着そのものまで脱げることなんてありえないのだが、襦袢姿が拝めたのでべつにいや(えー)。
 ていうか、ハルカって意外とノリいいよね(笑)。
 そして、新春先生と二宮くんに爆笑しちゃったじゃないか! 映像で観たかったよ!!
 しかし、腹回りの脂肪を影の動きだけで表現するとは、このアニメやりおる(マテ)。


 おいおいおい、リコの京都弁がかわいすぎるじゃないかよ!!
 そして釣られてケイコまで京都弁とか最高じゃないか!! エセっぽいのはこの際目を瞑るから!!(えー)。
 それをわざわざ出てきて終了に持ってくる藤岡に殺意が湧いたよ。


 いいぞ、もっとやれ。
 この際埋めてしまっても構わなかったんじゃないかな(マテ)。
 吉野は野球について全く知らないんだなぁ、意外だ。いや、こいつの場合わざとな可能性も否定出来ないから怖い(笑)。
 そして、普段温厚な人間を怒らすと本気で怖い現象発動。でもカナだから大丈夫だ、問題ない。


 ここまで壮大に豆撒いても怒らないハルカの度量の凄さ。
 最近では豆撒くこともしないんだろうなぁ。そして、恵方巻きロールのその黒いのって一体何なんだろうね。恵方巻き自体が実は海苔メーカーが売り上げ目的で普及させたキャンペーンだから、別に恵方巻きロールにはまったくいうことはないんだけど。

関連記事

バクマン。3

バクマン。3 『第25話 夢と現実』

もしもの話 (初回限定盤)(DVD付)
Pride on Everyday(初回生産限定盤)(DVD付) (通常盤)


 亜城木夢叶の名前に見吉が入ってないことがずっと引っかかってたんだよなぁ。だからサイコーが見吉に対してしっかりと感謝を意志を伝えたのはすごいよかったわ。
 そして、亜豆の親父は結局スルーされまくりだよな。こんなに娘がエライことになってるのに(ニガリ)。


 暗い! 暗いよリバーシ!!
 でもそういやデスノートもこんな感じだったよなぁと納得した(笑)。この前キッズステーションで総集編やってたから思わず観ちゃったよ。
 しかし、このヒロインはどっちかっていうと亜豆よりも亜豆の妹に似てない?(えー)。


 もどかしすぎるわお前ら!
 まぁ約束の文言でプロポーズっていうのは粋な演出であった。あの時は勢いだけであったが今度はしっかりと自分の意志で言えたしな。ていうか、ここで亜豆主導とかありえないから言えないと困るんだけど。
 そして、車を購入した事実よりも免許を持っていた事実に驚いた(笑)。


 でもさぁ、やっぱり結婚式やらないのは消化不良と思わないかね? だってシュージン達の結婚式はやったんだぜ?
 そりゃ平丸さんと蒼樹嬢の式も嬉しいけどさ、ぶっちゃけお前らはまだ結婚してなかったんかいっていうレベルだし。
 図書館戦争で柴崎の結婚式しないまま終わってたらこんなもやもや感だったんだろうなぁ。加筆して正解だったわあれ。


 総評。
 3期にわたって構成されたというのは珍しい体制ではあったが、これ自体は別段の問題もなかったと思ってる。一気に見れなくてもそれぞれでしっかりと終わらせた後に続きがあることを告知しておいて始めるというのは、昨今にありがちな2期有りきで中途半端に終了する1クール作品とは一線を画す試みであったといえる。
 ただ、“打倒エイジ”という目標が“亜豆との結婚”という目標に完全に潰された形となったのは痛い。後半は完全にエイジとのさしの勝負が描写不足で圧倒的強さを誇ったエイジを打ち破った説得力が欠けてしまった。
 そして、シリーズ通して『敵対者』の存在を確定し続けられなかったのもマイナス評価。別に敵対者を作る必要性はなかったのに、作っては早々に退場してしまうの繰り返しだったことを考えると、作ろうとして失敗したとみたほうがいい。特に七峰を登場させるために岩瀬を強制退場させたのは大失敗だろう。原作通りだとすれば、連載時の脚本のブレということになるのだろうか。アニメでは修正しても良かったんじゃないのかね。
 3期に入って溜まったフラストレーションが大きすぎて、終わり良ければそれでよしということにならなかったのは残念でならない。

関連記事

絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第二十二幕 不破愛花』


 ヘタレよくやったぁぁぁっ!
 ここに来て一番の“まともな感性”を持ち合わせた羽村の渾身の一撃! 論理で動く他の面々とは違う感情での一喝は、愛花の思惑の最大の盲点をクリティカルヒット。
 理屈で納得できても感情に決着付けない限り一生ついてまわるのだ。だから素直に愛花に生きていて欲しかったと言えばいい。


 というわけで、真の喜劇を目指すために目下の障害を排除する計画を発動するわけであったが。
 ここで真広が言うから説得力があるのだっていう話になるんだが、アニメだけの表現では真広の覚悟の度合いが薄いんだよなぁ。これだと真広の計画では被害をゼロに抑えられるように見える。
 実際には真広ははじまりの樹周辺の艦艇にいくら被害がでようともそれで世界が救えるならOKという考えの持ち主である。この作戦で犠牲が出ることは確実だと確信してる。だから“万一”なんて言葉は使わせたらいけなかったんだよ。

関連記事

閃乱カグラ

閃乱カグラ 『第10話 陰と陽』

Break your world(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 「 閃乱カグラ 」 エンディングテーマ 「 疾走論 」
閃乱カグラ 第壱巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第弐巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第参巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第四巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第伍巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第六巻 [Blu-ray] [DVD]


 学生の抗争っていう名目で全面戦争を回避できるとは到底思えんが、むしろ敵の養成機関を潰すのは理にかなってるとは思うんだよなぁ。正直悪忍組織の規模と影響力がどこまであるのかさっぱりなので、そんな均衡を維持する意味があるのかまるでわからん。
 って、結局先生たちも乗り込む気まんまんじゃねーかよ!? だったらそんなこと考える必要なくね!?
 そして、雲雀程度にあっさりと聞き耳立てられてしまう最高責任者周辺の警備マジでザルすぎる。これ鈴音じゃなくても謀反起こし放題なんじゃ…。


 やっぱり蛇女の訓練内容が常軌を逸した厳しさとは思えないよー。やばいなぁ、このまま半蔵学園側に勝たれても困ってしまう(えー)。
 とりあえずおっぱいで落ち着こう。


 さすがにこの5人相手に聞き耳は無理であった。
 しかし、裏切れば即死の呪縛をまるで苦にしてるわけでもなく、自らの意志で悪忍にとどまってるこいつらをどうやったら倒せるんだろうかね。飛鳥達に説得出来る要素がまるで見えないし(ニガリ)。

関連記事
profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top