FC2ブログ

みなみけ ただいま

みなみけ ただいま 『第11話 聖なる夜、神は舞い降りる』

シアワセ☆ハイテンション↑↑
急接近ラッキーDAYS
みなみけ ただいま 1 [DVD] [Blu-ray]
みなみけ ただいま 2 [DVD] [Blu-ray]
みなみけ ただいま 3 [DVD] [Blu-ray]
みなみけ ただいま 4 [DVD] [Blu-ray]


 編み物してるかの彼女が可愛かったので、基本的にいい奴な保坂に殺意が湧いた(えー)。
 そして、意外とアホの子の素質を見せたマキのジュースをなんの躊躇もなく飲みやがった速水がもう完全に落ちた。まだ被害が保坂だけに収まっていたら良かったものを。
 アツコはモテるよなぁ。絶対モテるよなぁ。モテないわけがないよなぁ、おっぱいだもの。


 まさかみなみけでこんなエロネタを直接かましてくるとは思わなかった(笑)。
 しかし、ヒトミも意外とある。いいことだ。そりゃ飛び込みたい、若くなくても飛び込みたい。
 ハルカなんて言わずもがな。もう飛び込むことが確定(マテ)。
 しかし、ナツキはしっかりと防御して逃走までした良い奴なのに、ここまでハルカに勘違いされてしまうのはかわいそすぎる。


 やはり部活中はスポーツブラですか。それでもいいけどね!!(マテ)。
 そうか、チアキと保坂が妙に気が合うのは信仰対象が同じだからか(笑)。嫌だなぁ、将来あんな感じになると思うと(えー)。
 まぁ思いがけず春香がカナに精神攻撃をかましてくれたので久々にスッキリしたわぁ。が、反対に天罰が下ると思っていた速水に何も訪れずしょぼんぐる。
 そして、リコが可愛い。チアキのサンタになって不在の藤岡に凹むリコ可愛い。

関連記事

ラブライブ!

ラブライブ! 『#11 最高のライブ』

僕らは今のなかで【DVD付】
ラブライブ! 1 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 2 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 3 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 4 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 5 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 6 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 7 [Blu-ray] (初回限定版)


 くじ引くだけにどんだけ描写使ってるんだ(笑)。希は数珠持ってるし、タロットだし巫女だし、お前はなんでもありだな。
 そして、全員の凹み度合いに爆笑。完全にレイプ後みたいになってる(えー)。
 しかし、これだけのスペースがあって屋上が開きまくってたっていうのもどうか。危険だから出禁ってわけでもなかったし。
 それはともかく、海回を挟んで有耶無耶なってた小鳥の手紙の話がしっかりと残ってて、だったら前回も描写しときなさいよとなった。どうみても留学の話だろうなぁ。


 情熱空回り再びな穂乃果であるが、海未というブレーキが効かない現状でも絵里がOK出してるなら大丈夫という信頼はある。穂乃果個人の体調はともかく、レベルの底上げに関してはいけると踏んでいたはずだ。
 ただ当日の様子が明らかにおかしいのにスルーされてしまったのは、やはりちゃんとした責任者がいないことを痛感する。部長はあのにこだし、実質リーダーは穂乃果本人だし、絵里には気づいて欲しいところであるが正直そこまで求めるのは酷な気もする。普通なら顧問がいるはずなんだが、部活動なのに影も形もなく生徒だけで回してることがここに来て違和感が出るはめに。


 1曲だけでも最後まで歌いきった気概は認めないとなぁ。
 それでも、何の外的要因もなく結局は自分の体調管理の無さがこの結果を引き起こしてしまったことはマイナスであることは変わりあるまい。
 これをメンバーがどう受け止め、穂乃果に伝えるかが焦点だな。

関連記事

絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第二十一幕 ファム・ファタール(運命の女)』


 フロイラインが最終試験説をあっさりと語るもんだから検証チームの苦労が報われねぇ(笑)。
 そして、ほぼ同じ内容の正解を出題者から語られてしまってはさらに立場がない(えー)。結局そのに行きつけなくてもしかるべきときには答え教えてくれることになってたっていう。


 いやぁ、面白いなぁ。
 何が面白いって、愛花の論理は姫様が全員を納得させた論理そのままっていうね。それを自分で否定してボロ負けっていう、感情で納得できなくても理屈で納得せざるを得ない。
 だが、やはりこれは悲劇だよなぁ。愛するものが死んで幸せになることなどあるわけない。結局は愛花が吉野と真広が愛花の死を納得するものとして進めているから成立する論理なのだ。
 つまり、愛花自身が相手を幸せにする努力を何もしてないのが問題。遺されたものが幸せになるかどうかは遺されたものの努力次第というところがあまりにも不確定。それは信頼ではなく押し付けな気がする。
 愛花はもっと吉野達を幸せにする努力をすればよかったんだよ。

関連記事

閃乱カグラ

閃乱カグラ 『第9話 秘立蛇女子学園』

Break your world(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 「 閃乱カグラ 」 エンディングテーマ 「 疾走論 」
閃乱カグラ 第壱巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第弐巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第参巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第四巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第伍巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第六巻 [Blu-ray] [DVD]


 先生、そりゃないよ先生!?
 あんた、前の襲撃の時もそうやって敵の存在に気づかずに出し抜かれてたじゃないかよ。基本的に侵入不可能と言いつつ裏切り者の手引きによって結界がすでに瓦解してることは分かっていたはずなのに、索敵もしないままに最重要機密まで敵を案内とかボンクラすぎるだろ。
 実際今でも寮にまでやすやす忍び込まれてるしな。そういや、そこそこの実力の斑鳩兄でさえ侵入できてしまうんだから、ここはまるきり無防備なんだろう。危機管理とは何かね。
 そもそも、最重要機密を守ってるのが先生一人だけ(あとは大道寺先輩)しかいないってどういうことなのかね。むしろ半蔵が持ってたほうが安全だったんじゃね?


 まぁ敵も操ってそのまま拉致したわけでもなく、本拠地の場所を書いたメモを残していくというマヌケっぷりを発揮していたのでどっちもどっちなのかと思っていたのだが、先生との違いは本気で任務そっちのけで雲雀を引きこむことが目的だったっていう真正の馬鹿だったことだな。キャラ付けとしては正しい。
 先生の方は展開を優先するために脚本の都合で無能になってるとしか思えんわ。


 来る者は拒まず。
 蛇女の理念は聞こえはいいがなんのことはない、ただ他人を信用しないというだけの話だ。この辺は焔も認めていたしな。
 善忍が血筋を重んじるのは、その先人たちが積み重ねてきた信頼があるからに他ならない。優秀な親は優秀な子を育てる、その繰り返しを何世代も続けていたという事実はどの言葉よりも信用に足りるということだ。
 少しの揺らぎも許されないのは、それすなわち死につながり、結果的に善忍社会に致命的な打撃になりかねないからだ。だからこそ、任務に失敗したものは一生の恥とされ、それまでの信用を一気に失ってしまうのだ。葛ねぇの両親のように。
 自分しか信じないのと他人から信頼されるようになるのとどっちが難しいか、言わずもがなである。どんな理屈を並べた所で、悪忍は信用を勝ち取るという苦行から逃げた臆病者にすぎんのだ。
 閑話休題。
 鈴音はやはり2重スパイの可能性が高いよなぁ。自身の任務失敗の汚名を雪ぐ気なんじゃないだろうか。まぁ正直、蛇女の場所は雲雀が残しておけばよかったのに思わざるをえないんだが、雲雀本人は援助なしにやるつもりだろうからあえて残さなかったんだろう。

関連記事
profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top