ラブライブ!

ラブライブ! 『#12 ともだち』

僕らは今のなかで【DVD付】
ラブライブ! 1 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 2 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 3 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 4 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 5 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 6 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 7 [Blu-ray] (初回限定版)


 まさかラブライブ辞退という究極の処分で決着つけるとは思わなかったなぁ。
 状況を考えれば打倒な判断ではあるし、誰も穂乃果を責めることなく、且つ穂乃果の責任を認めつつそれに気づけなかった全員の連帯責任として処理してるのは最大の落とし所だろう。アバンを見てにこが一人穂乃果を責めまくる展開を期待して落ちるところまで落ちろと思ったのは内緒(えー)。
 ただ、問題なのは学校側が何の責任も取ってないどころか逆に説教してることにすごい違和感を感じること。だったら顧問つけろと言いたい。加入前の絵里の行動制限の一件もあって、この理事長には不可解な点が多すぎる。

 ところで、他のスクールアイドルの名前で『Tiger-T』が気になっていたのだが、エリアが大阪で爆笑。まんま過ぎる(笑)。
 他にも奈良が『Shika⇛Okehan』とか関西圏は絶対笑いを取りに来てるよ!? そして『George』だけなぜかエリア名が名古屋と県名ではないっていう。愛知可哀想(えー)。


 わぁぁぁっ、強引に収拾つけやがった(笑)。
 確かに目的はラブライブではなく学校存続ではあったんだが、作品の冠かぶってるイベントを消化しないままに目的達成まで持っていくのはさすがに力技過ぎる。1クールの弊害だろうなぁ。2クールで観たかったぜ。
 絵里がいなくてもいけたかと言われれば絶対無理だったと断言できるほどの貢献度でしたよ。むしろいなくてよかったのは言わずもがな(えー)。
 ていうか、お前学校で飯炊くなよ!?(笑)。


 完全に心が折れたーっ!?
 まぁね、自分のせいでライブを中止にし、ラブライブ出場辞退に追い込み、さらに悩む親友に気づかずに逆に傷つけ、最終目標すら失ってしまった。もはや何もない。さしもの穂乃果もネガティブまっしぐら。
 しかし、ここでスクールアイドルを辞めることがただの逃げであることは一目瞭然。自分で始めてやる気が無くなったので仲間を置いて辞めますでは通用しませんわ。小鳥が打ち明けられなかった原因はスクールアイドルなのだから。
 ここで穂乃果に一撃かませるのは海未しかいない。二人の親友だからこそ、三人で始めたことだからこそ海未だけが穂乃果を叱咤出来る。

関連記事

みなみけ ただいま

みなみけ ただいま 『第11話 聖なる夜、神は舞い降りる』

シアワセ☆ハイテンション↑↑
急接近ラッキーDAYS
みなみけ ただいま 1 [DVD] [Blu-ray]
みなみけ ただいま 2 [DVD] [Blu-ray]
みなみけ ただいま 3 [DVD] [Blu-ray]
みなみけ ただいま 4 [DVD] [Blu-ray]


 編み物してるかの彼女が可愛かったので、基本的にいい奴な保坂に殺意が湧いた(えー)。
 そして、意外とアホの子の素質を見せたマキのジュースをなんの躊躇もなく飲みやがった速水がもう完全に落ちた。まだ被害が保坂だけに収まっていたら良かったものを。
 アツコはモテるよなぁ。絶対モテるよなぁ。モテないわけがないよなぁ、おっぱいだもの。


 まさかみなみけでこんなエロネタを直接かましてくるとは思わなかった(笑)。
 しかし、ヒトミも意外とある。いいことだ。そりゃ飛び込みたい、若くなくても飛び込みたい。
 ハルカなんて言わずもがな。もう飛び込むことが確定(マテ)。
 しかし、ナツキはしっかりと防御して逃走までした良い奴なのに、ここまでハルカに勘違いされてしまうのはかわいそすぎる。


 やはり部活中はスポーツブラですか。それでもいいけどね!!(マテ)。
 そうか、チアキと保坂が妙に気が合うのは信仰対象が同じだからか(笑)。嫌だなぁ、将来あんな感じになると思うと(えー)。
 まぁ思いがけず春香がカナに精神攻撃をかましてくれたので久々にスッキリしたわぁ。が、反対に天罰が下ると思っていた速水に何も訪れずしょぼんぐる。
 そして、リコが可愛い。チアキのサンタになって不在の藤岡に凹むリコ可愛い。

関連記事

ラブライブ!

ラブライブ! 『#11 最高のライブ』

僕らは今のなかで【DVD付】
ラブライブ! 1 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 2 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 3 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 4 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 5 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 6 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 7 [Blu-ray] (初回限定版)


 くじ引くだけにどんだけ描写使ってるんだ(笑)。希は数珠持ってるし、タロットだし巫女だし、お前はなんでもありだな。
 そして、全員の凹み度合いに爆笑。完全にレイプ後みたいになってる(えー)。
 しかし、これだけのスペースがあって屋上が開きまくってたっていうのもどうか。危険だから出禁ってわけでもなかったし。
 それはともかく、海回を挟んで有耶無耶なってた小鳥の手紙の話がしっかりと残ってて、だったら前回も描写しときなさいよとなった。どうみても留学の話だろうなぁ。


 情熱空回り再びな穂乃果であるが、海未というブレーキが効かない現状でも絵里がOK出してるなら大丈夫という信頼はある。穂乃果個人の体調はともかく、レベルの底上げに関してはいけると踏んでいたはずだ。
 ただ当日の様子が明らかにおかしいのにスルーされてしまったのは、やはりちゃんとした責任者がいないことを痛感する。部長はあのにこだし、実質リーダーは穂乃果本人だし、絵里には気づいて欲しいところであるが正直そこまで求めるのは酷な気もする。普通なら顧問がいるはずなんだが、部活動なのに影も形もなく生徒だけで回してることがここに来て違和感が出るはめに。


 1曲だけでも最後まで歌いきった気概は認めないとなぁ。
 それでも、何の外的要因もなく結局は自分の体調管理の無さがこの結果を引き起こしてしまったことはマイナスであることは変わりあるまい。
 これをメンバーがどう受け止め、穂乃果に伝えるかが焦点だな。

関連記事

絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第二十一幕 ファム・ファタール(運命の女)』


 フロイラインが最終試験説をあっさりと語るもんだから検証チームの苦労が報われねぇ(笑)。
 そして、ほぼ同じ内容の正解を出題者から語られてしまってはさらに立場がない(えー)。結局そのに行きつけなくてもしかるべきときには答え教えてくれることになってたっていう。


 いやぁ、面白いなぁ。
 何が面白いって、愛花の論理は姫様が全員を納得させた論理そのままっていうね。それを自分で否定してボロ負けっていう、感情で納得できなくても理屈で納得せざるを得ない。
 だが、やはりこれは悲劇だよなぁ。愛するものが死んで幸せになることなどあるわけない。結局は愛花が吉野と真広が愛花の死を納得するものとして進めているから成立する論理なのだ。
 つまり、愛花自身が相手を幸せにする努力を何もしてないのが問題。遺されたものが幸せになるかどうかは遺されたものの努力次第というところがあまりにも不確定。それは信頼ではなく押し付けな気がする。
 愛花はもっと吉野達を幸せにする努力をすればよかったんだよ。

関連記事

閃乱カグラ

閃乱カグラ 『第9話 秘立蛇女子学園』

Break your world(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 「 閃乱カグラ 」 エンディングテーマ 「 疾走論 」
閃乱カグラ 第壱巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第弐巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第参巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第四巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第伍巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第六巻 [Blu-ray] [DVD]


 先生、そりゃないよ先生!?
 あんた、前の襲撃の時もそうやって敵の存在に気づかずに出し抜かれてたじゃないかよ。基本的に侵入不可能と言いつつ裏切り者の手引きによって結界がすでに瓦解してることは分かっていたはずなのに、索敵もしないままに最重要機密まで敵を案内とかボンクラすぎるだろ。
 実際今でも寮にまでやすやす忍び込まれてるしな。そういや、そこそこの実力の斑鳩兄でさえ侵入できてしまうんだから、ここはまるきり無防備なんだろう。危機管理とは何かね。
 そもそも、最重要機密を守ってるのが先生一人だけ(あとは大道寺先輩)しかいないってどういうことなのかね。むしろ半蔵が持ってたほうが安全だったんじゃね?


 まぁ敵も操ってそのまま拉致したわけでもなく、本拠地の場所を書いたメモを残していくというマヌケっぷりを発揮していたのでどっちもどっちなのかと思っていたのだが、先生との違いは本気で任務そっちのけで雲雀を引きこむことが目的だったっていう真正の馬鹿だったことだな。キャラ付けとしては正しい。
 先生の方は展開を優先するために脚本の都合で無能になってるとしか思えんわ。


 来る者は拒まず。
 蛇女の理念は聞こえはいいがなんのことはない、ただ他人を信用しないというだけの話だ。この辺は焔も認めていたしな。
 善忍が血筋を重んじるのは、その先人たちが積み重ねてきた信頼があるからに他ならない。優秀な親は優秀な子を育てる、その繰り返しを何世代も続けていたという事実はどの言葉よりも信用に足りるということだ。
 少しの揺らぎも許されないのは、それすなわち死につながり、結果的に善忍社会に致命的な打撃になりかねないからだ。だからこそ、任務に失敗したものは一生の恥とされ、それまでの信用を一気に失ってしまうのだ。葛ねぇの両親のように。
 自分しか信じないのと他人から信頼されるようになるのとどっちが難しいか、言わずもがなである。どんな理屈を並べた所で、悪忍は信用を勝ち取るという苦行から逃げた臆病者にすぎんのだ。
 閑話休題。
 鈴音はやはり2重スパイの可能性が高いよなぁ。自身の任務失敗の汚名を雪ぐ気なんじゃないだろうか。まぁ正直、蛇女の場所は雲雀が残しておけばよかったのに思わざるをえないんだが、雲雀本人は援助なしにやるつもりだろうからあえて残さなかったんだろう。

関連記事

絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第二十幕 フーダニット(誰がやったか)』


「実はこれは、カツラなのです」
 なっなんだってーっ!!!?
 これが本当だったらどんだけおもろかったことか…っ!? くっ!?(えー)。
 しかし、左門がこうなって余裕かましていられるもの今だけなのであった(マテ)。
 まぁそれはともかく、姫様の殺す覚悟も殺される覚悟も潔すぎて、これがフロイラインが言っていた危ない状態だということには違いない。ただ整合性が取れてるだけに左門の潤兄さんも口を挟めなかったのが痛いところだな。そりゃ先行き不安ですわ。
 そんなこんなで、無事過去には飛べたわけだが、一方で羽村が潤兄さんを打ち負かすという恐るべき実力を身に着けている事実を原作読んでない人は唐突に感じるんだろうなぁ。
 アニメでもちょっと触れられていたけど、残りの絶園の果実を飛ばして絶園の樹に吸収させることで絶園の魔法使いの力を高めた結果なのだが、アニメではこの果実を飛ばす描写がばっかりいかれたのでまったく実感が無いっていう。
 左門や早河達が果実を飛ばすことで起こる被害を最小限に食い止めるために奔走したり、果実を飛ばすことにも舞姫とのバトルを仕組んだりして結構緻密なことやってたんだがなぁ。


「さしずめ、あなた方なら「絶園の魔法使い」とでも呼ぶ者でしょうか」
 なっなんだってーっ!!!?
 女子中学生が下校途中で焼き鳥を食っている…だと!?(マテ)。
 冗談はさておき、これ見ただけで姫様よりも完全に実力が上だということがわかる魔法の使いっぷり。この時代では絶園の樹の復活はまったく不完全だというのに羽村よりも格段に使いこなしてるわぁ。
 
関連記事

閃乱カグラ

閃乱カグラ 『第8話 追憶の忍教室』

Break your world(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 「 閃乱カグラ 」 エンディングテーマ 「 疾走論 」
閃乱カグラ 第壱巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第弐巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第参巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第四巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第伍巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第六巻 [Blu-ray] [DVD]


 厳しい修行…?
 いや、正直コレでもぬるいと思ってるんだがどうか。前回のハイキングが過酷すぎるともっぱらの評判だったくせにあの程度だったから余計に思うのかもしれんが。
 この作品の見どころはおっぱいとアホな設定にあると思っているが、アホな設定はアホのノリでやってしまうとただのギャグにしかならないのである。だからシリアス展開とのギャップが生まれてしまう。アホな設定を真剣にやるから面白いというのに、今になってそのしわ寄せが来てる。特に雲雀のヘタレなんて最たるもの。


 黒髪ロングストレート好きではあるが、おかっぱ斑鳩さんもなかなかかわいい。
 相変わらずブラは見せてもパンツはNGな線引は謎である。と思ってたら、葛ねぇが普通にパンモロしててもうなにがなにやら(笑)。一瞬だけだとOKってことなのか。
 技術的な強さを持つ反面精神的な弱さを露呈した斑鳩さんと、未熟な実力を持ち前のポジティブで乗り切る葛ねぇ。相互に認め合うことで絆を深めるという王道なエピソードであった。まぁ正直葛ねぇが今と全く変わってないと思ってしまって結局成長してねーんじゃねーのって思ってしまったが(ニガリ)。
 しかし、葛ねぇの挑発を受け流せず禁止されていた結界張っちゃうなんて青い頃が斑鳩さんにもあったんだなぁ(笑)。


 転身ってマジで自分の意志でどうにかなるもんだったんだなぁ。前回葛ねぇがそんなことしてたんである程度は自由にできると思ってはいたが。
 つまり、葛ねぇが普段ノーブラなのにやられて服が破れるとブラを装着するのは、一応まっぱはやばいという本能があるということか(笑)。それにしてはこの転身スタイルはおかしいと思わないものか。斑鳩さんも何故かこれにはツッコまないし。
 で、飛鳥のこのエピソードは焔との一戦の前にやっておくべきだったんじゃないかなぁ。


 いやいやいや、なぜこれで大道寺先輩の卒業が無期延期になるのかさっぱりわからん。別に個人的に勝負ついてないからって言うわけでもないし。
 前回の襲撃が秘伝書が目的といっておきながらそっちにまったく目もくれずに各個撃破に専念してたんでどういうことなのって思っていたが、元から雲雀を操るのが目的であったか。

関連記事

絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第十九幕 願ったものは』


 わーっ!? 端折られた!? すげー端折られた!?
 後半を1クール分で収めるのは無理だろうと思ってたけど、まさか原作6話分くらいを1話でまとめるという荒業をやってのけるとは思わなかった(笑)。


 姫様と早河の貴重な駆け引きがばっさりなくなってしまったよ。
 早河の手腕を認める姫様は、その姫様を子供と言い切る大人視点の早河に対して自分が子供であることを認めつつ論破する。早河を説き伏せることで姫様は自分の行動の正当性を証明してみせるのだ、ただのわがままじゃないよと。
 そして、フロイラインの宇宙人兵器説には世界各地の神話を元にフロイラインが用意した検証チームが推敲したもっとしっかりとした仮説だったのだが、なんともあっさりとした説明に荒唐無稽さだけが残ってしまったなぁ。戦闘でも端折られてイメージダウンしたのに、知略でもまた落ちるハメに。


 このやり取りは残して欲しかった(えー)。


 中の人にまでテンパリスト認定されてしまった左門さん(えー)。富士山麓まで樽の回収に向かってたのよー。
 姫様は惜しげも無くおっぱい攻撃をかましてくる。やっぱ発情してるんじゃね?(マテ)。
 実は絶園の魔法使いVS舞姫の戦闘もかなり飛ばされてしまっている。舞姫の目的は羽村に経験値をつませることにあり、戦闘内容も徐々に厳しいものレベルアップしていくのだ。
 そして、羽村自身にも力の自覚が徐々に芽生え更に葛藤するわけだが、最初のヘタレとは違った躊躇だから成長が見れるというのに、このあたりもばっさりですわ。

関連記事

閃乱カグラ

閃乱カグラ 『第7話 恐怖のハイキング』

Break your world(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 「 閃乱カグラ 」 エンディングテーマ 「 疾走論 」
閃乱カグラ 第壱巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第弐巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第参巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第四巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第伍巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第六巻 [Blu-ray] [DVD]


 ネガティブになってもしかたがないっていうのはそうなんだけど、葛ねぇが努力してる描写がない以上口だけのイメージは払拭できないなぁ。
 むしろ、一度負けた相手を退けている斑鳩さんの方が成長してるもの。
 蛇女の方はなぜもっと透けないのか(えー)。


 この馬鹿馬鹿しいネーミングはノリとしていいんだけど、内容まで馬鹿馬鹿しくなってるのがいただけない。相手は死人が出るほどの超絶修行を勝ち抜いたエリートで、それに対抗するための上級レベルの修行だというのに、危険とされて廃止になってこの程度ってなってしまうわ。
 正直、熊やピラニア程度では外敵として弱すぎる、実際苦もなく撃破してるし。蛇なんてお笑い要員扱いだし。過酷な自然環境(笑)では全然修行してる気になれんわ。


 ということで、メインはどうやってもこの先輩になるわけだが、こんなに強いんだったらこいつで十分じゃねーのって思わざるを得ない(ニガリ)。何のために留年しまくって学校にとどまってるんだ。卒業した先輩が任務の合間に後輩に稽古つけにきたとかならまだわかるけど。襲撃時に校舎内にいたら一人で蛇女全員撃破できたんじゃないのか。
 そして、ここで唯一成長を見せる飛鳥であるが、半蔵の孫という事実がプレッシャーになる過程が焔の一言だけなので結局は取ってつけたように見えてしまう。
 結果が全員負けて終わってるし、この修業であまり成長を感じられないのは痛いんだけど。

関連記事

バクマン。3

バクマン。3 『第24話 あり方と終わり方』

もしもの話 (初回限定盤)(DVD付)
Pride on Everyday(初回生産限定盤)(DVD付) (通常盤)


 亜豆ってちっちゃい頃から変わってないよなぁ、とか思ってたら一番変わってないのはママンの方だよな(笑)。15年前と全然区別がつかないんですけど!?
 ところで、話的に出てきたらマズイことは重々承知の上で敢えて言及しないといけないんだが、亜豆の親父はこの結婚のことどう思ってるんだろうね? シュージンの方がきっちり決着付けたからこっちもやらないわけにはいかないだろうに。
 そしてさらっと家勝っちゃう宣言しちゃうサイコーの経済力がやべぇ。金がないのは仕事場買ったからだろうしな。


 つまり、1つの作品に固執してグダグダ引っ張るよりもさくさくいろんな作品を創り出したほうが作品のクオリティも上がっていいよねっていうお話。つまり分割4クールで1本作るより、2クールの作品2本作ったほうがいいということ(そうか?)。
 アニメの都合で原作の展開左右されるのは本末転倒っていうのは正しいんだけど、正直リバーシのように初めからメディアミックスを狙って作った作品の場合はそれの限りではないと思ってしまうのであった。まぁ最初からアニメ化が決まってるような作品形態と一緒にするのは違うんだけど。
 で、この最終回がジャック史の残る名作っていうのならなぜ巻頭カラーにしなかったんだろうかね。センターカラーでこの終わり方だとどうも打ち切りっぽく見えるんだが。


 だからこれでエイジに全面勝利の位置づけに至ったことになってるのは納得出来ないんだよなぁ。
 だってCROWは堂々の巻頭カラーで大団円だったじゃない。しかも10週連続1位という快挙を達成して。そのエイジを抜いたというのなら、少なくともそれと同等の扱いにしてないと勝った気がまるでしないわ。実際にゾンビガンより順位は上ということになってるけど、編集部の扱いが下に見えて仕方がない。
 あれだけ最強を誇ってきた新妻エイジという最終ボスとの決戦が、亜豆の一件で完全に霞んでしまった。

関連記事

絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第十八幕 舞姫』


 今までどんな状況でも冷静さを失わない異常性をさらけ出してきた吉野がついに感情を吐き出したよ!
 冷静でいられる故に感情でさえ自分の客観視出来てしまうという異常。客観視出来てしまうが故に感情に大して諦めがついてしまうという悲劇。
 これで吉野はようやく愛花の死を諦めるのではなく受け入れられるようになったんだろうなぁ。


 そして、この姫様の余裕っぷり(笑)。
 吉野を落とすどころが落とした気満々ですよ! 元は自信の塊のような人だから、一度弾みがついたらもうとことん突っ走るわぁ。
 まぁここで恋に耄碌して本筋の方に思考が回らなくなることがないのが葉風だからまだいいよね。まともに考えてそうでいつも頓珍漢な左門とは比べるまでもない(えー)。
 ところで、フロイラインが提唱した宇宙人説であるが、普通なら突拍子もないで一蹴されるところだがこの作品に限ってはそうもいかなかったりする。なぜなら、この原作者の前作が、ヴァンパイア王VS人間&ダムピール連合の戦いからいきなり宇宙人との全面戦争に発展したからだ(笑)。

関連記事

閃乱カグラ

閃乱カグラ 『第6話 連動忍結界』

Break your world(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 「 閃乱カグラ 」 エンディングテーマ 「 疾走論 」
閃乱カグラ 第壱巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第弐巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第参巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第四巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第伍巻 [Blu-ray] [DVD]
閃乱カグラ 第六巻 [Blu-ray] [DVD]


 これさぁ、やってることがやっぱり孤島での襲撃と変わらないんだよなぁ。違うのは総力戦で各個撃破しに来てるってことくらいで。
 敵との戦力差があるのはこれまでの襲撃でわかりきっていたことなので、今更ボロ負けして未熟さを痛感されても遅い。特に葛ねぇ。
 負けるならもっとボロ負けじゃないとそれまでの襲撃と差別化が計れないんだよなぁ。こんな敵が本気出してないことが丸わかりでは、負けても意味が無い。ここで勝っていいのはお兄ちゃんの一件で成長した斑鳩さんと相手は安定の弱さな柳生だけだったんだよね。


 だからナレーションで設定語るのはギャグでしか通用しないと。シリアスではダメだって。せめて画だけで見せるならともかく。
 そして、超秘伝忍法なる大逆転の一手は相当の対価を払わないと納得できるシロモノではないんだが、このs買う品の描写力ではそれを期待できると思えないのが辛いところだな。

関連記事

みなみけ ただいま

みなみけ ただいま 『第10話 エコライフはじめました』

シアワセ☆ハイテンション↑↑
急接近ラッキーDAYS
みなみけ ただいま 1 [DVD] [Blu-ray]
みなみけ ただいま 2 [DVD] [Blu-ray]
みなみけ ただいま 3 [DVD] [Blu-ray]
みなみけ ただいま 4 [DVD] [Blu-ray]


 この家の家計ってまるで気にする素振りが全くなくイベント事をバカスカやってたんで、いきなり電気代ピンチとか今更感ありありである(笑)。食費とかすげぇ事になってるといつも思ってたわ。しょっちゅうお泊り会とかやってたから。
 うちではここ数年暖房器具なんざ一切使わない生活なので、正直こたつだろうがエアコンだろうがなくてもドってことないと思ってしまうのであった。湯たんぽで十分ですよ。
 しかし、チアキはホントマコちゃん好きだなぁ(笑)。ここで逃げ出すくらいではマコちゃんもまだまだだ(えー)。


 たまご酒ってあんま効果ないっていうか、むしろアルコールやばいっていう噂を聞くよね(笑)。そしてネギは喉に効くんじゃなかったっけ?
 小学生が霜降りを差し入れしてる時点でこの世界の金銭感覚どうなってるんだと思わざるを得ない(苦笑)。
 風邪の人間を尻目にすき焼きパーティやってチアキ涙目とかいう展開にならずにほっとした。いや、春香がそこを考えないとは思わないんだけど。
 でもおじさんにはちゃっかりと遠慮なく奢ってもらう辺りがハルカのわからないところだ(笑)。
 ていうか、小学生に居酒屋はハードルが高すぎるよ! よくハンバーグとかオムライスとか用意できるな!? 裏メニューすげぇ!?
 おじさんは来るたびにこうたかられるだけの存在になってしまうのかと思うと不憫過ぎる(えー)。


 もうね、マキのパンツとかアツコのブラとかよりも。
 ハルカノーブラかよ!?

関連記事

ラブライブ!

ラブライブ! 『#10 先輩禁止!』

僕らは今のなかで【DVD付】
ラブライブ! 1 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 2 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 3 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 4 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 5 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 6 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 7 [Blu-ray] (初回限定版)


 海でやらなければいけないもの、そんなの水着撮影に決まってるじゃないかー!! HP用の水着写真を!!
 とか思っていた時期が私にもありました(えー)。
 部活動っぽいっていうか部活動そのものなんだから当たり前なんだけど、グループとして活動するなら些細な上下関係も取っ払ったほうがいいという考えだろう。絵里はマジでとことんやるタイプだな。
 しかし、合宿の費用は部費でなんとかならなかったのか生徒会長さん(笑)。だからこういうイベントは金持ちキャラに担当になってしまうわけだが、それも真姫の打ち解けエピソードに絡めてる辺りは上手い脚本である。
 編曲とかレコーディングとかどうしてるんだってずっと思ってたんだが、其のへんも真姫が自腹切ってるんだろうかとか思ってしまうのであった。


 左4人は最初から海に行く気満々だーっ!
 こういう遊び主張は得てして努力描写の欠如として捉えられがちであるが、こいつらのやる気は今までの積み重ねで表現されてるので息抜きとして成立するのであった。絵里が賛同に回ってるのも大きい。海未の突き詰める性格は絵里が加入した後も変わらなかったが、絵里がブレーキになってるのは逆に海未の暴走という風に見えなくもないのがちょっと危ないかもしれない。


 水着回なのに作画力が落ちてるよ!? どういうことですかアズラッタ先生!?(えー)。力の入れどころわかってくださいよ!!
 希とかもっとおっぱいアピールしていいと思うんだ。
 そして、にこ先輩のスイカ外しは、おちゃめなイタズラなんかにまったく見えないから困る。むしろ、PV撮影なのに素が出たとか思っちゃったよ。全然小悪魔アピールになってねぇ。


 茶碗山盛りのご飯に別皿カレーはさすがに食いづらいと思うんだがなぜそんなスタイルに(笑)。
 にこ先輩には料理上手という今更どうでもいいプラス要素が追加された(ニガリ)。うん、まったく回復できるファクターじゃねぇ。
 そして念願の風呂シーンなのに肩から上しかねぇ!? どういうことですかアズラッタ先生!?(マテ)。せめて湯に浮くおっぱい描写をですね(もういい)。
 だが俺は密かに復活したメガネっ娘を見逃すはずもなかったんだぜ!? やっぱずっとかけてればいいのに…!?
 だからロシア人にとりあえずハラショーって言わせるのはどうかと(笑)。


 真姫はとんでもない怪物を目覚めさせてしまった…!
 衝撃波が出てるよ!? 枕にかけるエフェクトじゃねぇ!? 絵里ですら撃沈ですよ!? そして俺は絵里の太ももに轟沈(えー)。
 素直になれないクールキャラはみんなで馬鹿騒ぎして打ち解けるのはお約束だぜ。希には絵里という前例があるのもいい動機付けであった。

関連記事

バクマン。3

バクマン。3 『第23話 マイクと台本』

もしもの話 (初回限定盤)(DVD付)
Pride on Everyday(初回生産限定盤)(DVD付) (通常盤)


 おい、サイコーの写真すら報道されてるじゃねーか。
 これってさぁ、実際に本人に許可取るわけないんだけど、それ自体は問題にならないのかなぁ。漫画家だからって公人扱いっていうのはどうかと思うし。
 監督は本気で亜豆起用を公平に判断するつもりだ。仮にオーディションやっても確実にコネだといわれるのは目に見えてるからなぁ。オーディションっするのにも金かかることを考えないのかね。
 と、思っていたんだが、公開オーディションをネットどころかテレビで生放送できる力と金があるんだったらコネのための形式だったと言われても言い訳できないよな(笑)。いや、マジでジャック作品の力ってすげぇ。普通無理だよ、こんなの。
 そして、亜豆の妹がすげぇでかくなっててビックリだ(笑)。外見が変わらないから認識しにくいけど亜豆だってもう24才だからなぁ、初登場で小学生だった妹ももはや大学生あたりか。


 うわー、久々に出てきて嬉しかったよアスミス(笑)。良い人オーラは最初から出ていたけど、現在でも変わってなくてよかったわぁ。
 そしてまさかの平野文登場に色めき立ったよ! 亜豆ママン以外に縦ロール熟女が出てこようとは(えー)。
 しかし、この人の演技が妙におばさんっぽいって思ったのは平野さんがわざとそういう演技をしたと思ってるんだがどうか。多分もっと若くしようと思ったらいけるんじゃないかなぁ、とうる星やつらのCMを見て思うのであった。


 別に一人だけ間違いに気付いたことが重要なのではなく、それに気づけるほどに原作を読み込んでいたことで誰よりも役をつかめていたということが勝因だということだよな。実際亜豆はこの間違いを事前に指摘しようとしていた。もし台本にミスがなかったら亜豆が台本持って演技したんじゃないだろうか。間違った台本を見ながらよりも、いっそ何も見ないほうが役になり切れると思ったのだろう。無論台本がなくてもいけるという自信があったのも間違いない。
 自分の実力を最大限に引き出すために最善を尽くした亜豆が勝ち残ったのは必然と言えよう。ベテランの声優がその実力を認めた以上誰にも文句は言わせないという説得力もついた。

関連記事

みなみけ ただいま

みなみけ ただいま 『第9話 今、恋をはじめます』

シアワセ☆ハイテンション↑↑
急接近ラッキーDAYS
みなみけ ただいま 1 [DVD] [Blu-ray]
みなみけ ただいま 2 [DVD] [Blu-ray]
みなみけ ただいま 3 [DVD] [Blu-ray]
みなみけ ただいま 4 [DVD] [Blu-ray]


 おじさんは基本的に良い人なんだが、毎回毎回こうおんなじ事を愚痴られに来るのはウザいな(笑)。
 予告を観ただけでストーリーがわかってしまう映画ってあほだなぁと思うよね(えー)。いや、実際に見る気失せるようなCMとか逆効果にも程があると思ってしまうお年ごろなのです。
 しかしナツキが映画に興味があるとは意外であった。ていうかこいつの趣味ってまるで想像つかんよなぁ。ゲームやってる描写はあったけど。


 新旧番長が揃い踏みだーっ!
 …この番長設定ってどんなんだっけ?(えー)。なんかもうすっかり忘れててこいつらが面識あったのかどうかすらわからなくなってる自分がいる。
 ナツキの張り倒し告白にも「それはそれで」的なノリでOK出すのかと思ってしまった自分もいる(マテ)。
 そして、ヒトミに抱きつかれた程度で倒れるとはマキめ、意外と乙女だな(そうか?)。


 リコは可愛いと思うが、ケイコに対する理不尽がカナと同等レベルなのが玉に瑕だな(笑)。
 いやホント、藤岡はマジでカナを諦めてリコにしておけと言い聞かせたいレベルの可愛さ。しかもおっぱい大きいし(ここ重要)。

関連記事

ラブライブ!

ラブライブ! 『#9 ワンダーゾーン』

僕らは今のなかで【DVD付】
ラブライブ! 1 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 2 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 3 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 4 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 5 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 6 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 7 [Blu-ray] (初回限定版)


「絵里先輩が加わったことで女性ファンもついたみたいです」
 なん…だと!?
 なんだその、今までのファンが男主体みたいな発言は(えー)。
 いや、だって今までのファン描写って女ばっかだったからさぁ。まぁね、前も書いたけど直接アプローチしてくるのは女性だけっていうことなんだろうし、スクールアイドルの活動の拠点はネットである以上そっちのメインが男っていうのもわかるんだけどね。
 しかし、最初の順位が999位だったことを考えるとえらい進歩だよなぁ。つまりスクールアイドルって少なくとも1000グループ以上存在するってことで、その中で50位まで登りつめたのは立派である。
 まぁアイドルの人気なんて見た目が大幅を占めてしまうはずなので、ここまでハイスペックが数揃うと人気も上がるだろう(えー)。逆にいうと、他の学校のレベルが有象無象な感じで上位は完全に見た目ハイスペックだけが生き残ってる状態だろうなぁ。
 ていうか、全国5000そこそこの規模でこの数ってことは少なくとも5校に1校はスクールアイドルが存在する計算になるんだが(笑)。野球ほどではないにしても思った以上にメジャーな部活動である。このランキングも有志による人気評価と思ってたんだが、ちゃんとした専門機関が存在してるんだろうか。じゃないと全国大会なんてできないだろうしなぁ。一応学校を背負って行う以上文科省を通してるはずだし。
 そして、にこ先輩の勘違いアイドル像はマジでだれか粛清してくれないかなぁ。ギャグとしてもう落ちないから、とっとと強制介入するか強制脱退させるかしないと今後の強者どもと渡り合える気がしない。


 たった数ヶ月のバイトで伝説かよ!? いや、まぁアキバのメイドなんてそんなもんかもしれないけど(笑)。
 とりあえずロングスカートを手で持ち上げなから走るメイドっていいよね。
 って、そんなことよりも、本人たちが知りえてない所でグッズが堂々と売られていることに誰も危機感を覚えないのかよ!? 普通に危ないよ!? 普通に犯罪だよ!?
 スクールアイドルは素人が売りなんだよ? プロじゃないのが魅力なんだよ? だから金銭的な制約がないんだよ?
 よく考えろ、ネットで落ちてるもしくは盗撮した女子高生の写真や動画を使って勝手に商品作って販売してるんだぞ? 常識的に考えて通報したら間違い無く逮捕だよ。
 これ、監督機関がちゃんと公認してるもんなのかなぁ。それにしても、本人たちが知り得ない所で堂々と肖像権を使用されまくってるっていうのは、学校にちゃんと許可取ってるのかも怪しいって思っちゃうよなぁ。
 しかし、理事長の娘である小鳥が知ってたらしい感じなので小鳥が黙ってましたっていうオチだったりするんだろうか。


 やると決めてからの絵里の行動力がすごくて圧倒される。海未は完全にポジション奪われたなぁ(えー)。
 しかし、小鳥の完璧なメイドっぷりもどうよ。そりゃもう目当てに通う客とかいても不思議じゃない。
 小鳥がメンバーってだけでランキング上がるんじゃないだろうか(笑)。


 せっかくのメイドコスライブなのにライブシーンは丸っとカットって!?
 いや、路上ライブで9人で踊り狂うわけにはいかないのはわかるんだけど(笑)。そりゃマイク手にとって歌うだけになるわなぁ。そんな描写ずーっとされてもつまらんよなぁ。
 しかし、スクールアイドルの人気を押し上げるのって結局アップされるPVでしかないと思ってるので、全国規模でランキングを募ってるネットでアキバという限定的なライブがどれだけの効果があったんだろうって思っちゃうなぁ。
 むしろライバルグループの信者からネガキャンされるとかいう黒い展開を想像しちゃった(えー)。

関連記事

みなみけ ただいま

みなみけ ただいま 『第8話 休日はゆかいな仲間とお野菜を』

シアワセ☆ハイテンション↑↑
急接近ラッキーDAYS
みなみけ ただいま 1 [DVD] [Blu-ray]
みなみけ ただいま 2 [DVD] [Blu-ray]
みなみけ ただいま 3 [DVD] [Blu-ray]
みなみけ ただいま 4 [DVD] [Blu-ray]


 たらららったらーは4期でも保坂の中で存在していたらしい(笑)。
 気持ち悪いのと汗を大量にかくことと服を脱ぐことを除けば、目的のために努力を惜しまないハイスペックな奥手野郎だから意外と良い奴…いや、前半が後半を完全に押し勝ってしまうな(えー)。
 だからといってその保坂の純情を利用して弁当食いまくってる部長はマジで酷い奴と思ってるので、一度酷い目に遭うといい。


 ナツキも意外とハイスペックだった。肉じゃがの妖精から火の神に進化したようだ(笑)。
 しかし、カナがやってることがチアキを騙して遊んでるっていうより、野菜嫌いな妹を克服させるために一芝居打ってる感じになってて、このいい姉感がマジでむかつく(えー)。


 完全に催眠術だーっ!!
 いや、催眠術で野菜を食べられるようになるなら大歓迎するご家庭はいっぱいありそうだが、ここまで不特定多数にかけられるとなるとリアルで考えたらテレビ局に苦情殺到だろうなぁ(えー)。
 そして、目からウロコが落ちなくても催眠術にかかってることと区別がつかない保坂は普段から奇行であることが証明された(笑)。部長に関しては日頃の行いのせいと言っても過言ではなかろう。毎回弁当食ってるからこんなことに。つまりざまぁ(マテ)。


 ぶははは、笑い殺されるかと思った(笑)。
 カレーの歌が再来したこともビックリだったのに、完全に保坂とチアキが共演しちゃったじゃないか!!
 そして、あの雄山似のおっちゃんも期待したのに出てこずでしょぼんぐる(えー)。

関連記事

バクマン。3

バクマン。3 『第22話 訂正と宣言』

もしもの話 (初回限定盤)(DVD付)
Pride on Everyday(初回生産限定盤)(DVD付) (通常盤)


 同時アニメ化と思ってたら普通にエイジ落選であった。まぁ編集長の狙いもわかる。売り上げで負けたまま黙ってるようなエイジではないし、むしろ今までエイジを這い上がらせるだけの存在がいなかった事を考えると、この好機を逃す手はないって感じだろう。
 しかし亜豆は相変わらず声優としての意識低いんじゃないのか(ニガリ)。いや、事務所の許可をとった上にそれを許してもらえるだけの信用を得ているっていう事実は今までの我侭とは違うんだけど。
 そして、サッカーアニメのキャラの苗字が、サッカーチーム名から取ったんだろうがほとんど地名で爆笑(えー)。


 予想通りすぎる! 期待を裏切らない軽率さだったぜ、自称声優の卵。
 まぁ実は匿名でネットに情報暴露っていう腹黒性格を期待していただけに、ブログに書くっていうアホをしでかしただけでマシって思っちゃった(勝手に落とし穴目線)。
 謝罪も演技じゃねーのって色眼鏡で見てしまう始末。まぁそんな腹黒性格ならブログなんていう確実に問題になる手段を使って自分の信用を下げるわけないんだけどね。亜豆もこういうことに関してはむやみに庇うっていう性格でもないし、マジでうっかりなんだろう。自分と事務所の信用を失墜させたのは間違いないけど。
 アニメ監督がオーディションで決定するっていうフェアなスタンスを貫いてるのは、作品のクオリティを上げることに専念するプロだという証明でもあるよね。亜豆だろうが誰だろうが、ヒロインに相応しい声優を選ぶだろう。プロデューサーがファン心理を気にするのも理解できるけど。


 これを生放送で敢行する亜豆の度胸は買わないといけないよなぁ。
 ここでわざわざ電話で罵倒するアホはもうアホの極みとしか言いようがない。アイドル声優として活動してるわけでもないのに勝手にアイドル視して勝手に失望するのはどうしょうもない。
 実際になぁ、30超えた声優見てるとさぁ、浮いた話のひとつくらいないのかと心配になったりする(笑)。そういや三瓶さんご結婚おめでとうございます。そして舞太がまだ入籍してなかったことに驚いた(えー)。
 
関連記事

ラブライブ!

ラブライブ! 『#8 やりたいことは』

僕らは今のなかで【DVD付】
ラブライブ! 1 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 2 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 3 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 4 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 5 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 6 [Blu-ray] (初回限定版)
ラブライブ! 7 [Blu-ray] (初回限定版)


 オープンキャンパスでいい結果だったらって言うけど、そもそも人気が低迷してる学校の説明会にどれだけ人が集まるんだっていう感じがしないでもない。まぁその中でも集まってくれた好意的な人間にすら評価されないようではっていうことかね。
 それにしても、やっと具体的な行動をもぎ取った会長がやったことが生徒会の会議だけで、しかも人の案は却下するくせに自分からは退屈な学校歴史アピールのみっていう体たらくに失望を禁じ得ない。こうなると自分の考えを他人に押し付けるだけの無能っていうにこ先輩と同じレベルになってしまうんだよなぁ。あのにこ先輩と同レベルってもう人としてヤバイ(えー)。


 ダンサーとしての実力があるのがにこ先輩との決定的な違いだな(笑)。
 素人であることが前提のスクールアイドルの中で、プロレベルのクオリティを注入できるのはでかいよなぁ。
 素人を高をくくっていた連中が、自分の求める練習をぎりぎりでもこなしつつ頭を下げる。こうやってしっかりと会長の信用を行動で勝ち取っていくである。


 いやいやいや、さすがにこれは会長が可哀想だよ。
 学校存続を生徒会長としての義務感と決めつけられるのはさすがに容認しかねる。ちゃんと祖母の出身校っていう理由付けがしてあったもの。オーディションに落ちる回想でおばあちゃんっ子であることを表現してあるのもその補強になってるし。
 これは希が会長の本音を引き出すための方便だと信じたいんだが、理事長が会長を認めてなかったのは事実であるので、希も本気でそう思ってる可能性も捨てきれないのが痛すぎる。
 自分のためじゃなく他人のためっていう理由には賛同するが、それがスクールアイドルを否定する理由ではないんだよな。だから、会長の“やりたいこと”に関しては『学校存続』と『スクールアイドル』を同じカテゴリーに入れて話してることがお門違い。『学校存続』という目的のためにどういう“やりたいこと”をしたいのか、それが『スクールアイドル』っていう図式なんだから。
 スクールアイドルを認め、自分の非を認め、差し伸べられた手を掴んだ会長は今までの急降下を挽回するには十分であったが、逆に希に対して消化不良が残ってしまったわ。理事長が会長を妨害していた理由を本人から語ってもらって疑惑を解消しない限り評価を決定できない。そして、そんな中途半端な展開になったことはアニメの評価を下げざるをえないのであった。つまり、みんなあの理事長のせい。


 会長が加入した経緯はともかく、加入自体には納得しているので9人でのライブ成功にも納得できるのであった。
 ちゃんと振り付けのレベルが上ってるんだよなぁ、飛んだり跳ねたりしっかりと強化したところが生かされてるっていう。
 そして、プロレベルの意識を持つ会長の加入によって全国で戦えるだけの実力を付けられる理由付けも出来る。まぁ他の学校がプロ使ってないっていう保証もないんだけど(笑)。

関連記事
profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top