FC2ブログ

ソードアート・オンライン

ソードアート・オンライン 『#12 ユイの心』

crossing field【通常盤】 【初回生産限定盤】 【期間生産限定盤】
ユメセカイ (初回生産限定盤)(DVD付)


 キバオウいやがった(笑)。
 やっぱ碌でもない人生を送っていたようだ。なぜそんな奴について言った連中がいたのかは不思議で仕方ないくらい。
 あれだけの無茶を通してしまえるほどに軍の組織も腐っていたということか。前線に出たことのない連中ばかりだったんだろうなぁ。キバオウなんて絶対あれ以来ボス戦攻略に参加なんてしてないだろうし。


 隠しダンジョンには裏ボスが存在するっていうのはお約束であるが、開放されたレベルと釣り合わなさすぎだろ!?多分こいつ雑魚扱いだぞ!?防御に徹してキリトがHP3分の2持っていかれるってどんだけ…。アスナのアシストがあってこれでは、単体だと即死だった可能性も。
 それを一撃で倒してしまうユイの管理者権限恐ロシア。これこそチートである。正しいチートである。
 しかし、AIである伏線があの前回の気絶だけっていうのはさすがに弱過ぎるなぁ。もうちょっと種まいてくれよ。相変わらず端折るところを間違ってる気がするわ。
 子供の涙っていうのはそれだけで涙腺崩壊ものなので感動できてしまうことが逆にちょっと悔しい(えー)。

関連記事

アクセル・ワールド

アクセル・ワールド 『#24 Reincarnation;再生』

アクセル・ワールド 1(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
アクセル・ワールド 2(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
アクセル・ワールド 3(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
アクセル・ワールド 4(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
アクセル・ワールド 5(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
アクセル・ワールド 6(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
アクセル・ワールド 7(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
アクセル・ワールド 8(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
Chase the world (初回限定盤)(DVD付) 【アバター盤】〈DVD付〉
→unfinished→ 初回限定盤(DVD付)


 正直、千百合の力を借りて翼を取り戻す展開では最終戦闘としては弱い。ここは自らの力だけで能美を倒し、失ったものを取り戻しすべきだった。究極の力である先輩を露払いの当てるお膳立ても整っていたのに、最後の最後で他人の助力を得てしまっては主人公の成長を表現しきれない。災禍の鎧も結局出てこないし。
 実際、能美をあと一歩まで追い詰めていたのである。あのまま千百合が何もしてなかったとしても結果は変わらなかっただろう。その予測が簡単についてしまうから余計蛇足感が出てしまう。
 しかし、千百合が介入することで能美との仲間の有無の対比が表現できてるわけで、これが最終回でなかったら十分に機能した展開だったのは間違いない。途中で切り上げなければならない小説原作の弊害だろう。どうしようもないことはわかるが、実に勿体無い。
 春雪は躊躇なくとどめを刺したことが唯一の救いか。最初に分かり合えないことを表明してる以上、ここで躊躇うわけにはいかなかったのだ。


 やっぱり千百合がリークしていたか。むしろまっとうな判断だと言える。千百合だったことに釈然としないが(えー)。
 ゲイルスラスターを装着した時の先輩の表情はすごく気になっていたのに、まったく描写されずにスルーされたのでげんなりしていたんだが、ちゃんと驚愕してたならちゃんと描写しとけよと(ニガリ)。1秒でもカット入れるだけでいいのに。
 まぁあたふたする先輩が可愛いからいいけど(えー)。


 記憶消去か。だからチェリーが素の状態に戻ってたわけか。てことは、自前で記憶消去をやってしまってるアクア・カレントは運営の可能性が大なんだが。
 しかし、この記憶消去が発覚する前に盗撮のデータを書き換えちゃったのはどういうことだ。むしろ、先輩なら能美が真犯人である証拠を捻り出せたんじゃなかろうか。たとえブレインバーストを失っても、リアルで何をしでかすか分からない能美にとどめを刺さなかった理由がわからない。
 レイカーさんは仲直りできてよかったねー。ヒトデが好きそうな名前ですねー(えー)。
 先輩は結局本名バラさずに終わっちゃったなぁ。まぁ続きがあるんだから当たり前といえば当たり前だけど。まんまサチコとかだったらオモロイのに(笑)。


 総評。
 総じて面白かったものの、細かいツッコむどころも多数あったので理由付けが弱い感じは受ける。
 特に千百合のウザさが許容範囲を超えていたので、メインキャラとしては死にすぎた。
 逆にタクは最初の性悪からの挽回が見事で、正直ここまで這い上がってこれるとは思ってなかった。むしろ、それによってタクの行動原理である千百合の異常さが目立つ結果に(ニガリ)。そして、そんな千百合に惚れてるタクがどうしてこうなった状態の悪循環。
 消化不良分も相まって、実に“惜しい”作品になってしまったのは残念である。

関連記事

TARI TARI

TARI TARI 『第12話 重ねたり 響いたり』

TARI TARI 1 [Blu-ray] [DVD]
TARI TARI 2 [Blu-ray] [DVD]
TARI TARI 3 [Blu-ray] [DVD]
TARI TARI 4 [Blu-ray] [DVD]
TARI TARI 5 [Blu-ray] [DVD]
TARI TARI 6 [Blu-ray] [DVD]
Dreamer
潮風のハーモニー


 おのれ大智、その写真よこせ!
 まぁしかし、そんなカメラ目線俯瞰モードなんつー最強のアングル写真を渡さなかっただけマシというもの(えー)。
 むしろ、写真OKだった紗羽の懐の深さに敬礼しつつ、結局は盗撮写真を流出させた大智は罪深いと思わざるをえない(どうしろと)。


 やっぱ教頭はもう今までの行いの悔いることは無いんだろうなぁ。
 ていうか、なんでこんなアホな人間になっちゃったんだろうか。その辺の描写ないまま墓の前で泣かれてもなぁ。
 仮にあったとしても、アホ行動の挽回にはならないのが辛いところだが。


 やっぱこれ来夏が主役じゃないかなぁ(笑)。
 来夏の想いに押されて行動をする人間がいっぱいじゃないか。和奏や紗羽達しかり、そしてその来夏に押された大智に押された被服部の面々、校長、あのプライドだけの声楽部員すらも手玉に取ろうとしている。完全に主役のやることをやってるのは来夏なんだよなぁ。
 和奏が最重要なのは間違いないんだけど、現状では主人公が解決した1エピソードの領域を出てないんだよなぁ。それは和奏が自分で動くことをして来なかったから。

関連記事
profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top