FC2ブログ

ソードアート・オンライン

ソードアート・オンライン 『#10 紅の殺意』

crossing field【通常盤】 【初回生産限定盤】 【期間生産限定盤】
ユメセカイ (初回生産限定盤)(DVD付)


 いやぁ、強いわ。
 さすがNo.1ギルドのトップということか。基本的に防御に徹して隙を付く戦法なんだが、防御の硬さが段違い過ぎてどうしようもないね。前にキリトが取ったHP自動回復を使った特攻と同じ戦術。
 しかし、最後の一撃を躱した動きがまるでわからん。言動の余裕っぷりといい、なんか不正プログラム使ってるんじゃないのか。だとしたら、こいつが茅場晶彦本人である可能性も出てくる。さすがに本人ならアバター使うだろうしな。
 キリトはやっぱサチの一件がかなり堪えてるんだなぁ。傍から見てれば、あいつらがキリトのレベル知っていたとしても過信によって自滅した嫌いは変わらなかったと思うんだが、本人はそうも割り切れないよなぁ。生き残った奴は目の前で自殺するし。


 こんなやつが入り込んでる時点で血盟騎士団終わってるわ。
 アスナの護衛の件でなんの処分もなし、しかも簡単に身体検査をすればすぐに身元がバレるような刺青さえ見逃してるって危機管理能力がなさすぎるぞ。
 ここまで来るとわざと見逃してるって思ったほうがよさそうな気がする。やっぱ怪しいわヒースクリフ。
 結果的に初めて殺人を犯すためになってしまった。まぁ完全に正当防衛が成立するんで、まったく罪に問われないが、そんな気休めが通じるほどキリトは図太くないんだよなぁ。


 完全にやる気満々だった―っ!!(笑)。
 いや、まぁそういう意味で捉えてもおかしくない。ていうか、普通そういう意味で捉えるだろう!?なぜそのセリフチョイスしたし。
 そして、完全に事後だーっ!!もう疑いようがない。むしろやってくれ(えー)。
 というわけで、今までのキリトへの理不尽オンパレードに辟易していたが、この展開で一気にすっきりした。これを持ってくるための布石だというのなら見事にその役割を果たしたと言えよう。

関連記事

アクセル・ワールド

アクセル・ワールド 『#22 Determination;決意』

アクセル・ワールド 1(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
アクセル・ワールド 2(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
アクセル・ワールド 3(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
アクセル・ワールド 4(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
アクセル・ワールド 5(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
アクセル・ワールド 6(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
アクセル・ワールド 7(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
アクセル・ワールド 8(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
Chase the world (初回限定盤)(DVD付) 【アバター盤】〈DVD付〉
→unfinished→ 初回限定盤(DVD付)


 意外と弱かったなぁ、能美や檜山さんが強敵だっただけに拍子抜けに勝った印象。
 と思ったけど、そういやどっちも基本的な戦闘力は皆無だったわ(笑)。狡い手使わないと善戦できない奴らにアドバンテージを奪ったら瞬殺するのも道理。
 それにしても、シルバー・クロウが相手のチャクラムを素手で絡めとったのは普通に凄い(笑)。
 そして、そのSDメイドさんが一瞬まほろさんに見えた(えー)。


 相変わらず千百合の行動が意味不明すぎる。何故脱いだし。
 どうも能美の情報盗むかココぞという時に後ろから刺すためのスパイ的なことを考えていそうな雰囲気であるが、その程度の浅はかな考えは能見も考慮してると思うんだよなぁ。
 ていうか、あのバトルロワイヤルで手を出さなかったら終わってたんじゃないのか。


 でたーっ!ナーヴギア!
 やはりニューロリンカーはナーヴギアの後継機だったんだなぁ。ということは、ソードアート・オンラインの事件があっても電脳化の流れは止まらなかったって言うことに。まぁ安全性を向上させてっていうことなんだろうけど、ニューロリンカーも十分危険なんだよな(苦笑)。多分ナーヴギア同様に他人の脳を焼き切る事もできる気がするぞ。
 というわけで、あっさりと謎を看破して逆に弱みを握った春雪。それよりも前に覗きの一件の会話も十分対抗手段としては使えると何度も…もういいや(えー)。
 そして、この一発勝負の果し合いなわけだが、能美の伏兵に関してはステージセレクトでは防げないんだよなぁ。なぜなら沖縄で行われた不正アクセスが利用できるから。事実上仕込みさえしていればどこでも好きなところに飛べるのだ。
 この時点で先輩に連絡取っていればその可能性にも気づけたんだがなぁ。

関連記事

ソードアート・オンライン

ソードアート・オンライン 『#9 青眼の悪魔』

crossing field【通常盤】 【初回生産限定盤】 【期間生産限定盤】
ユメセカイ (初回生産限定盤)(DVD付)


 さすがにキリト達が迂闊に突っ込む馬鹿な真似はしなくて安心した。
 アスナの料理の腕がいいのにはちゃんとした理由付けがあったんだなぁ。データの総当りとかどんだけ暇なんだと言いたいところだが、2年以上こんな生活やってたら余暇の楽しむ余裕が無いと精神的にやばいよなぁ。アスナの料理は趣味の範疇だろう。
 未だにクラインに負い目を感じてるのはさすがにもういい加減ウザいレベルじゃなかろうか。本人が気にしてないのに態度に出すのは逆に失礼だよなぁ。まぁそれだけ後ろ暗くなるような経験をキリトはしてるんだけど。
 そして、フラグ回収はぽっと出の何故か息巻いてしまった素人集団に託されたのであった。攻略組から外れていた実績もないギルドが何故精神論だけで最前線まで出てきてしまったのか理由をはっきりさせないのはどうかね。


 隊長自ら死んだのがまだ救いか。
 しかし、二刀流ってそんなレアなスキルなのか。むしろ有りそうなんだが。
 と思ったが、おそらくナイフレベルでの二刀流は存在するんだろうなぁ。キリトの場合、片手剣の攻撃力をそのまま2倍に出来るっていうことなんだろう。まさか本当に命をかけてゴリ押しするハメになるとは。
 血盟騎士団はなんかもう、団長の性格の時点でもはやダメな気がしてならないな。人の話聞いてないし、自分の落ち度は認めてるようでただスルーしてるだけだし。巨大化による内部瓦解じゃなくてトップの問題じゃないのか。

関連記事
profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top