FC2ブログ

アクセル・ワールド

アクセル・ワールド 『#19 Revolution;変遷』

アクセル・ワールド 1(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
アクセル・ワールド 2(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
アクセル・ワールド 3(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
アクセル・ワールド 4(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
アクセル・ワールド 5(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
アクセル・ワールド 6(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
アクセル・ワールド 7(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
アクセル・ワールド 8(初回限定版)[Blu-ray] [DVD]
Chase the world (初回限定盤)(DVD付) 【アバター盤】〈DVD付〉
→unfinished→ 初回限定盤(DVD付)


 マッチングリストの不正って昔からある手口なのかよ!?
 しかもアップデートで使用不能になったってむしろアップデートしてたことに驚きなんだが(笑)。
 いかな巨大モンスターといえど、NPCキャラに遅れを取る王ではない。今まで本気で対戦したところを黄の王戦以外では見せたことのない先輩の本気の戦闘をようやく!
 と、思ってたんだが、圧倒するまで行かなくとも決定的なダメージすら与えられないっていうのは寂しいなぁ。新技が見れただけありがたいが。
 ニコもそうだったが、王の実力を過大評価してしまっているのかもしれないなぁ。


 ファイナルフィージョォォォン!!
 それは敵側がやることだろ!?声的に!!(笑)
 ニコが現れるまでナンバー1だったっていうのは現時点で実質ナンバー2の火力持ちってことに!すげぇ人材がいたんだなぁ、昔の黒って。
 しかし、結局火力で押しまくって追い詰めてしまったために、先輩が時間稼ぎに終始しちゃったのも上記の寂しさの要因でもあったな。結局火力で負けてるし。


 なにそれぇぇぇっ!?
 いや、仮に恵がバーストリンカーだったとしても、その辺の事情を“恵の物語”としてさっぱり説明せずに終了はないわぁ。意味不明のまま勝っても全然嬉しくないわ。本人に自覚がないなら尚更。
 あと、先輩達は一体何時間加速世界にいたんだよ。ダイブしてから30秒で恵が追ったとしても、先輩達は8時間以上向こうにいた計算に。
 つまり、一旦加速した人間に追いつくには相当の誤差が出るわけで、そんな狙いすましたタイミングで救援に入るのはさすがにご都合主義を言わざるをえない。しかも理由を語らないんじゃ、何も解釈のしようがないし。

関連記事

この中に1人、妹がいる!

この中に1人、妹がいる! 『第05話 妹が寝かせてくれない』

Choose me ダーリン (初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ この中に1人、妹がいる! ED主題歌
この中に1人、妹がいる! Vol.1 [Blu-ray] [DVD]
この中に1人、妹がいる! Vol.2 [Blu-ray] [DVD]
この中に1人、妹がいる! Vol.3 [Blu-ray] [DVD]
この中に1人、妹がいる! Vol.4 [Blu-ray] [DVD]
この中に1人、妹がいる! Vol.5 [Blu-ray] [DVD]
この中に1人、妹がいる! Vol.6 [Blu-ray] [DVD]


 将悟の妄想ってマジで容赦なくて好きだ(笑)。
 いや、こんな美少女が襲ってもいい状況で迫ってきてるのを常人離れした精神力で凌ぎきってるだけに、普通に性欲を持て余してることを描写されるのはむしろ好感が持てるよね。
 そして、雅はわかってない。スカートの中身が問題なのではなくスカートをめくるという事象が重要だということを(えー)。しかも中身が競スクならなおよしじゃないか!


 ここで妹最大候補の先輩がようやく動き出したわー。
 しかも、黒スト太もも・へそ・寝息としっかり狙ってきやがったーっ!?これは、朝一の電話も寝不足を誘ってここに引きこむための作戦なんじゃなかろうか。


 いかん、雅に対してまったく性的な期待が持てない(えー)。ていうか、心乃枝で十分って感じが(マテ)。
 そしてこの妹カフェである。
 実際にこの手のお店に入ったこと無いが、聞いた話のツンデレ喫茶で、客に対して最初ツンと称して不遜な態度を取り、終盤でデレで甘えるっていうのは確実に詐欺だと思っているんだが、このドジっ子アピールでわざとまずい飯を提供するのは同レベルではなかろうか。つまり、ドジっ子属性は実際に被害を被らない2次元でしか成立しないものだということだ。
 いや、実際にそんなツンデレ喫茶があるのか知らんけど(えー)。


 猫耳メイドの方がドジっ子よりも安定してるよね(えー)。
 それはともかく、完全に正体バラしに来ている先輩。
 しかし、ここまであからさまに狙って来てる先輩に対して疑念を持たざるをえないのも事実。この急激なアプローチがミスリードを狙ったものなのか、アメリカ行きを控えた先輩の焦りなのか。

関連記事
profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top