FC2ブログ

あの夏で待ってる

あの夏で待ってる 『第二話 先輩といっしょ…』

sign 〈初回限定盤〉 TVアニメ「あの夏で待ってる」オープニングテーマ 〈通常盤〉
ビードロ模様 TVアニメ「あの夏で待ってる」エンディングテーマ
あの夏で待ってる 1 (初回限定版) [Blu-ray]
あの夏で待ってる 2 (初回限定版) [Blu-ray]
あの夏で待ってる 3 (初回限定版) [Blu-ray]
あの夏で待ってる 4 (初回限定版) [Blu-ray]
あの夏で待ってる 5 (初回限定版) [Blu-ray]
あの夏で待ってる 6 (初回限定版) [Blu-ray]


 実際に海人は気絶してて男側に責められる理由がないのに責められる理不尽がイチカ先輩の人柄とお姉ちゃんの天然で颯爽回避。まぁぶっちゃけこれで同居で手を出さないというのがおかしい話だが?(えー)。
 って、美桜が全裸ぁぁぁっ!?なんてこった、思わぬ変態伏兵が!?


 イチカ先輩も負けじと透け透けよーっ!!透け透けってことはおっぱいの頂点が頂点してるってことだろ!?(落ち着け)。この程度の恥じらいで済んでるのが宇宙人故なのか先輩故なのか(笑)。
 そして、柑菜が合鍵持ってると思ってたら普通に檸檬さんがピッキングで開けててマジ男前(えー)。構想に費やされた年月は本当じゃないだろうな(笑)。マジでそうだったとしても驚かんが。


 どう見ても酒じゃねーか!(笑)。
 駄目だこの先輩、早く何とかしなくてもいい(えー)。
 やっぱり片思いが堂々めぐりしてるぜー。問題はイチカ先輩がどこまで海人に対して本気になるのかが勝負の分かれ目だぜ。
 つーかこんな思わせぶりは態度とっておいてなんとも思ってませんでは海人が可哀想すぎる。早く殺しかけた責任からの脱却を!

関連記事

戦姫絶唱シンフォギア

戦姫絶唱シンフォギア 『EPISODE2 雑音と不協和音と』

戦姫絶唱シンフォギア 1 (初回限定版) [Blu-ray] [DVD]
戦姫絶唱シンフォギア 2 (初回限定版) [Blu-ray] [DVD]
戦姫絶唱シンフォギア 3 (初回限定版) [Blu-ray] [DVD]
戦姫絶唱シンフォギア 4 (初回限定版) [Blu-ray] [DVD]
戦姫絶唱シンフォギア 5 (初回限定版) [Blu-ray] [DVD]
戦姫絶唱シンフォギア 6 (初回限定版) [Blu-ray] [DVD]
Synchrogazer
Meteor Light (初回生産限定盤)(DVD付)
戦姫絶唱シンフォギア キャラクターソングシリーズ1 ツヴァイウィング キャラクターソング2 キャラクターソング3 キャラクターソング4


 突然目覚めた力にそのまま大勝利!なんていう都合のいい展開じゃなくてよかった(笑)。
 しかし、手錠&連行時の響や司令部の歓迎モードによるギャグがスベってる感満載なんだが(ニガリ)。
 響のポジティブさと翼のネガティブさ&作品の殺伐さがマッチしてないっていうか、響の明るさが空回りしてるのは確かなんだけど、それに司令部の面々が乗っかってるんで、むしろ翼がアウェー状態なわけで。でも、作品の深刻さでいうとネガティブな雰囲気になるのが当然なので、このコメディよりの対応に違和感を覚える。
 シリアスとギャグの融合が難しいといつも書いてるんだけど、これも上手くいってるとは言い難い。
 それはともかく、通常は外部の石を使って装備を蒸着してるわけか。響の場合、身体の中にあったからああいう描写だったわけね。服は変換してだろうが。


 そりゃ覚悟もなにもない小娘がかつての最愛の相棒の装備を纏って乱入してきたら切れるわなぁと思いつつ、いきなり勝負を挑むのはキレる方向がひん曲がってるんじゃなかろうかね。

関連記事

ラストエグザイル―銀翼のファム―

ラストエグザイル―銀翼のファム― 『#12 Block』

『ラストエグザイル-銀翼のファム-』 Blu-ray No.01 【初回限定生産版:村田蓮爾設定画集(ファム/ジゼル)/プレミアムDVD/ファン感謝イベント応募券付き】 DVD
『ラストエグザイル-銀翼のファム-』 Blu-ray No.02 【初回限定特典:村田蓮爾設定画集(ミリア/ディーオ)/オリジナルマウスパッド付き】 DVD
『ラストエグザイル-銀翼のファム-』 Blu-ray No.03 【初回限定特典:鯨獲り記念写真カード集(全15枚予定)付き】 DVD
『ラストエグザイル-銀翼のファム-』 Blu-ray No.04  【初回限定特典:ヴァンシップ ヴェスパ ファム&ジゼル機 ペーパークラフト付き】(予定) DVD
『ラストエグザイル-銀翼のファム-』 Blu-ray No.05 【初回限定生産版:村田蓮爾設定画集付き】 DVD


 実はこの停滞期間に1期を全部見なおしたのだが、当時の作画もそれほど安定してなかったのだと気がついた(えー)。それでも面白かったんだが。
 ギルド人の身体能力の高さは前作からそうだったんだが、1期では意外とギルド人の戦闘シーンが少なくて驚いた。まぁここまで無双状態だと白兵戦に持ち込まれたらアウトだから多用出来なかったということか。今期やりまくってるけど(マテ)。そういう意味ではアドバンテージを最大に生かしてるとも言える。
 ファム達はただ墜落したところを助けてもらっただけなのねー。それにしても、ディアンに恐ろしく優遇されててビビった。ヤギの肉まで支給とか、あの一件だけでえらい義理堅いのね。


 ていうか、ディアンがえらい萌えキャラで吃驚だわ(笑)。
 クーデレと思いきやツンデレである。そして、さらにヴァンシップの資材すら提供してくれるデレっぷり。ジゼすら遠慮しなくなったし(えー)。1期でも墜落したヴァンシップを修理するシーンがあったが、あっちが限りある材料かき集めて自力で直してたから、恵まれてる感がさらに。
 しかし、1期を観直したときに「ヴァンシップでかっ!?」って思ったんだが、こっちのが小さいんだよな(笑)。小型ヴァンシップ・通称ヴェスパだっけか。
 って、ディアンがバックプリントパンツで笑っちゃったじゃねーか!?グラギエスではこれがデフォということか(マテ)。


 各種支給品や信頼っぷりからしてパイロットの地位が伺えるよなぁ。
 1期では完全に戦闘機という概念が存在していなかった空戦において、最終戦でヴァンシップ乗り達による一大作戦を決行して勝利を収めるという燃える展開であったんだが、その裏でヴァンシップの戦力の優位性を証明してしまったがためにヴァンシップを戦争に巻き込んだことを本気で悔やむクラウス達の葛藤がしっかりと描かれててよかったんだが、ファムは戦闘行為を行うこと自体には抵抗がないものの武器を搭載することを否定するという矛盾が生じてるんだよなぁ。
 クラウスはその辺流れで飛び込んじゃったけどちゃんと覚悟して臨んでたし、逆にラビィは覚悟しようとしたけどダメだったんで戦闘はリタイアしますって意思表示がしっかりしてたからなぁ。

関連記事
profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top