FC2ブログ

THE IDOLM@STER

THE IDOLM@STER 『第二十話 約束』


 まともな神経を持っていれば、この記事を読んで千早が弟を見殺しにしたと思う人間はいないわな。ただ、こういうのは見出しで嘘を付いてなんぼの世界で、実際に記事を読まない人間でも見出しだけ記憶されてしまって真実であるかのような錯覚するから困る。某夕刊紙のことである(えー)。
 ジュピターはマジで今更なんだよねー。お前社長が何してもOKって言ってたじゃん。こんなことで怒っても挽回にはならんさ。むしろ、こういうことをしていたということを想定してなかったというアホさが際立ってどんどんマイナスだな。マジで引退しないと釣り合わんぜ。
 それは置いといて、この件ではどんなに優秀でもPに出来ることはまるでないよなぁ。いつでも帰ってこれるようにライブのセッティングをするくらいだ。
 だがしかし、仲間となれば話は別。おせっかいでも突貫で突っ込むのもまたよし。Pがここで春香をアシストすることで見せ場も出来たな。あのキャラメルの話持ってきたのはナイス。あの頃のへたれが過剰だったのが未だ尾を引いてるけど。


 全員で一つの曲を作るっていうのは千早に対してはすごい効力だよなぁ。何故ならば、歌の力を一番理解してるのが千早だからだ。
 自分の歌で弟を笑顔にしたように、仲間の作った歌がそれだけ自分を思ってくれてるか伝えてくれたことだろう。


 とはいえ、それだけで簡単にトラウマを払拭できるわけもないんだよなぁ。歌に対する情熱は取り戻せても、それとこれは別問題だもの。
 だが!ここで!再び現れる仲間の救いが!!
 これがPとアイドルたちの差なんだよなぁ。同じステージで共に戦えるという強み。別にPが無能だという事ではない。適材適所の問題。


 やべぇよ!?なんだこの、ロリ千早と共に歌う演出!?すげぇなこれ!?
 笑って歌えたな、千早。ようやく取り戻せたのだ、弟のために歌っていたあの頃の気持ちを。そして、ロリ千早はお役御免とばかりに弟と共に観客席に。もう千早のそばにいなくても大丈夫なのだ。弟の事をちゃんと笑顔の溢れる思い出に出来た瞬間であった。
 広瀬香美が言ってたわ、どんな悲しい歌でも笑顔で歌うことが大事だと。素で実感した。


 最後までやってくれるぜ、ロリ千早。
 横断歩道を仲間と共に歩む千早と弟と共に逆方向に去っていくロリ千早は、もう過去にとらわれずに前を向いて進めるという暗示なんだろうな。

関連記事

輪るピングドラム

輪るピングドラム 『20 選んでくれてありがとう』


 なんてこった、こんな子供の頃から出入りしていたのか。そりゃ今でも冠葉は幹部でいられるわけだ。
 まぁこの頃はどういうことをしていたのかわかってなかったんだろうがなぁ。
 しかし、これってテロ事件以降数年後の話だろう?この時点で信者の何人かは逮捕されており、改名すら余儀なくされてるのに首謀者の親父達がその後しばらく経ってからでないと逮捕されないっていうのはおかしな話だなぁ。逮捕された信者っていうのはテロ事件とは別口ってことか。この時点で警察はテロとの関わりを突き止めてないのか。逮捕された信者の中に真砂子の父親が含まれてるんだろうなぁ。

関連記事

ラストエグザイル―銀翼のファム―

ラストエグザイル―銀翼のファム― 『#06 Over step』


 ちょっ!?もう6隻拿捕しとる!?どういうことなの!?やべぇよ、この娘達!?
 今回作画能力が多少回復したせいで、髪を下ろしたジゼルがめっさ可愛い。やべぇよ、この娘。一人くれ(えー)。
 つまり、ロリ皇帝もいいし巨乳も好きだが紫口紅の年増には興味がないということだ(マテ)。
 皇帝はやはりなにも知らされずに戦争(ていうか侵略)のゴーサイン出してるんだなぁ。これバレたときにどうなるのか。いやその前に女将軍に寝首取られそうだが。


 空中戦はCGだから作画の心配しなくていいね!(マテ)。
 アリスさんがジゼルに不吉なこと言っちゃったもんだから、どこかで意見が食い違って負けるフラグかと思ったらそんなことはなかった(笑)。喧嘩は次回以降に持ち越しか。
 しかし、燃料タンクパージ&アンカーコーナーは燃えたものの、敵のおっさんがグランレース経験者の無敗っていう情報だけで全く描写がなかったんで全然競り勝った気がしないな。
 
関連記事

C3 -シーキューブ-

C3 -シーキューブ- 『第八章 逃れ得ぬ呪いのような―』


 なんか解決方法としては拍子抜けだったなぁ。
 正直、こんな方法でなんとかなるんだったらフィアやこのはも人の姿を保ったまま呪いの道具部分だけ破壊すればいいんじゃないのかって話になる。むしろ、サヴェレンティの刃のみを破壊してもサヴェレンティの機能そのものが維持できる保証はなかったんだよ。その辺どういう理屈で成り立ってるのかはっきりさせてくれないかね。


 メイド人形…だと!?
 ドジっ娘メイド、それはいわゆるひとつの萌え要素しては古より伝わる伝統。しかし、実在すればはた迷惑この上ない恐るべき存在。つまり、二次元バンザイ(えー)。
 サヴェレンティ、男にもなれるはずっていうか元々男の姿で呪い発動したと思ってたんだが、デフォルトでおんンナのまま突き進むんだろうか。百合ん百合んですか。
 白穂は、操り人形のように母親に無理やり演劇を続けさせられることに嫌気が刺したところに現れたサヴェレンティに惹かれた、という裏設定があるんだろうなぁ。

関連記事

Fate/Zero

Fate/Zero 『第八話 魔術師殺し』


 うわぁ、正妻と愛人がタッグ組んじゃたよ!?いいのかそれで!?
 綺礼は確かに強かった。通常兵器が効かない防御に接近戦でも戦闘力があるとかやべぇ、魔術使わなくても素で強いなこれ。木のへし折りとか完全に魔術じゃなくて発勁だろ。
 しかし、情けないのは舞弥。アイリと違ってお前はプロなんだから、死んだかどうか分からない相手に接近するなど愚の骨頂。何故遠距離で畳み掛けない?そして、木のへし折りを何故黙って見過ごしてるのか。戦闘慣れしてないアイリが固まるのはわかるが、お前はとっとと銃で止め刺さんかい。実際綺礼にやられる寸前に銃口向けようとしてるじゃん。出来なかったとは言わせないぜ。
 アーチボルトはまぁ油断しまくってやられるよねぇ、ていうかそういうキャラなのはわかってたんで大丈夫だ、問題ない(えー)。でもこれって一体どういう理屈で防御抜けたのかわからん。完全にパターンを把握して切嗣が射撃の腕だけで通したってことなんだろうか。


 セイバーとランサーが決めたぁぁぁっ!
 しかし、この程度であっさりと突破される布陣とは、セイバーが本調子だったら一人で何とかできたっていうのはあながち間違いではないだろう。
 で、あっさりとランサーを行かせてしまうあたりが甘いよなぁ。ランサーに意思がなくとも令呪使われたら逆らえないことは前回の戦いで分かっていたはずなのに。アーチボルトが使えないという事実はセイバーが推測したとも思えないしな。
 
関連記事
profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top