FC2ブログ

BLADE

BLADE 『Episode 12 闇の向こう側』


 ははは、やっぱり来たぞ桔梗(笑)。お前はそういうやつだ!
 そして強い。ヴァンパイアに止めをさせなくても十分強い。ここは任せて先に行けなんて、完全に死亡フラグの典型文をさらっと言っちゃってもまったく心配ないな!! 
 まぁノアの爺さんなんかも大概強いけど 、一番強いのはレイザーだよな(マテ)。


 …うん、やっぱ桔梗強いわ(笑)。さすが本気の二刀流。
 もう完全に人間の身体能力超えてるからな、ミュータントとかの問題じゃなく。衝撃波だって能力じゃなくて剣技だしな。
 ローガンよりも強いんじゃないのか(えー)。


 聖水を放り込んだ機関がさっぱりだったが、あの聖水の威力が凄すぎる。が、一番凄かったのは単体であの鳥倒したレイザーだろ(笑)。見事に着地してるし。
 そしてブレイドと桔梗のダブル天井破壊で聖水の意味が完全になくなったんだが(えー)。
 ディーコン・フロスト謹製のデイウォーカーは偉い弱かったけど、これはブレイドがマコトの死を聞かっけにして実力を発揮できるようになってるからだから問題はない。
 実際、ディーコン・フロストの挑発にはもう乗らなくなったからなぁ。それでも、ディーコン・フロストが強すぎてフルボッコだけど。


 えええ!?三の太刀使わないのかよ!?
 ブレイドの刀が折れた瞬間、てっきり桔梗が師匠の刀を渡しに来ると思ってたのに!?あの死に際での秘技伝授はなんだったというんだ。
 まぁ、刀が折れてからのマコトとの魂の合体技からの形見ナイフのコンボはすげぇ燃えた!ナイフのトドメは読めるくらい王道なだけに乱月を捨て駒に使うものと思っていたのだが、自由落下に役を奪われちゃったな(笑)。
 ディーコン・フロストも最後まで最強の悪役として散っていってくれましたとさ。銀という一撃必殺の弱点があるからこそ出来る最期だったといえよう。普通ここまで強いとこうは行かないんだよなぁ。


 お、いつぞやの船長じゃないか、船だけじゃないんだな(笑)。
 あの落下でよくもまぁ生きてたもんだと思うが、ヴァンパイアの再生能力だったら大丈夫なんだろうか。再生に時間かかったんだろうな。 
 これでブレイドは復讐のためでなく人として生きるためでもなく、人を助けるためにヴァンパイアハンターとして戦い続けるのだろう。


 総評。
 マーベル作品の中で一番出来がよかった作品だったなぁ。
 まず脚本の流れとして一切のブレがなかった。さすが深作健太シリーズ構成というべきだろう。王道をやろうとしたことがよくわかる。過去のマーベル作品はオチがダメだった感があったのだが、そこもしっかりしてたしなぁ。
 各話の細かい所で気になる点があったものの、ブレイド、マコト、ディーコン・フロスト、ノア、各キャラがちゃんと一貫していたのは高評価。設定負けしてないって素晴らしいね。
 演出も極めて王道であり、それゆえに土台がしっかりしていた。基本が良く出来てるという感じ。
 そこにプラスアルファがあったわけではないが、楽しむには十分であった。面白かったよ。

関連記事

BLADE

BLADE 『Episode 11 相棒』


 てっきり桔梗が来ると思ったらノアの爺さんだったよ!強すぎるぜ!!
 そして、ここでマコトの退場かぁ。
 最初出てきたときは、しょぼい半端野郎と思っていたが(野郎て)、見事にブレイドの相棒として成長したなぁ。一瞬でもヴァンパイアと化しても正気を保ってられるんじゃないかと期待した自分が浅はかだったぜ。
 ヴァンパイア以外を殺さないという縛りによって人としての意義を見出していたブレイドにとって、相棒という存在だからという以上の重圧があったに違いない。
 それでも、マコトのために自ら手を汚すことで、自分のためじゃなく人のために刃を振るう覚悟ができるというわけだ。
 使い古されている手だが、王道はやはりいい。


 相棒の想いを拳に宿し、共に戦うその心意気やよし。OPの構図からの登場はかっこよかったぜ。
 そういや、聖水の存在もすっかり忘れてたな(酷)。
 ていうか、純血種はもう完全に空気(えー)。むしろブレイドの決着邪魔すんなってことに。こいつらの存在意義ってなんだったのかね。

関連記事
profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top