FC2ブログ

花咲くいろは

花咲くいろは 『第十八話 人魚姫と貝殻ブラ』


 前々回で菜子の引っ込み思案な性格が瓦解してるって書いたばかりでこの菜子回でびっくりだよ!!
 だから今更この話を持ってこられてもまったく納得できん。身内には素なんですって言われてもなぁ。今までだって普通に接客してたし、何より修学旅行の時間外に勝手に海で泳いだり、映画の話で出る気満々だったりでどこが引っ込み思案なのかと。身内とか関係ねぇから!
 前も書いたけどギャグ方面にだけ瓦解してて肝心の本筋の性格がぶれてる気がしてならないんだよなぁ。もしくは、各話の脚本で統制が取れてないっていうか。


 これ、花じゃなくて菜子であっても減給だったんだろうか。さすがに客の過失で損壊したものを客が弁償しなかったっていうとちょっと違うような。まぁこの場合、客が直接割ったわけじゃないから旅館側で処理したっていうことかなぁ。
 しかし、初任給であんだけはしゃいでいた花がお金に執心する様になって(えー)。いや、ぶっちゃけいいことだけど!あのクソババァのところで家事してるよりよっぽど有意義だ。
 それにしてもその場で確認するなよお前ら(ニガリ)。 


 花のセンスも微妙だと思うぞ、私は(笑)。ぶっちゃけその服もあんまりかわいいと思えんのだが。
 まぁその辺はさすが女子高生代表の結名である。むしろ結名のセンスなら大丈夫だ、問題ないと安心して任せられるわ。
 しかし、菜子はいつの間に天然毒舌キャラになったんだ。
 そしてこのナンパ集団はマジでキモい。マジで死んじゃえ。こんなのに引っかかるのって物好きなアホ女だけだろう。


 この人魚姫の描写って、菜子の得ろシーンを入れたいがために入ってるんじゃ(えー)。
 この吸盤ブラなんてグラビアと称したエロPVにしか見えん(マテ)。


 これ完全にやる順番間違えたような気がするんだ。修学旅行前かせめて映画の話の前にやるべきだよな。
 あと、今回の失態は人の話を聞かない客がどう観ても悪いんだが、こういう理不尽なこともミスとして受け入れなければいけないのが客商売か。お水の人が担当の客の未払いのツケを払うのが当たり前で、ツケ払ってくれるような客を見つけられない自分の責任、みたいなものか。
 そしておっぱい。

関連記事

ロウきゅーぶ!

ロウきゅーぶ! 『The 5th game ハードに火をつけて』


 発案者は沙紀だったか(笑)。普通のメイド服よりも高度だったのは間違いないな、小学生が性的な意味で対象外だっただけで(えー)。
 まぁちゃんとした旧スクだったのでその辺りはさすがと言っておこう(マテ)。
 さて、小学生のおにぎり攻めである。星型なんて普通に握るより難しいぞ、ひなた(笑)。沙紀はまともに握ってると思ったらデュエル飯であった(えー)。
 こんな見え見えのお世辞でも効果絶大とは、やはり小学生だな(えー)。


 理由を話さずに只管邪険にするのは卑怯だと思うんだが、相手が真帆だけになんかやったんじゃないかと疑うのも無理はないと思うんだ(えー)。
 しかし、ここまでいがみ合っておいてゲームごときで意気投合しちゃうのも小学生である(笑)。ていうか学校でWiiやっていいのか、先生よ。
 あと料理中にやらかしたので包丁向けたらどうしようと思ったら、ちゃんと(?)野菜だったので安心した。でも食べ物で遊ばない!


 沙紀がどこまで耳年増なのかが気になるところだな!まぁ『大事なもの』はファーストキスくらいだろうとは思うんだが。
 そして、やはりスチームジャミングが激しい。1話の限界バトルはなんだったんだ、マジで(笑)。


 いや、まぁ気持ちは分からんでもないが、それを本人に言わずに本人がバスケやめるように仕向けるような態度取るのはアホだろう、その辺が小学生男子か。
 バスケに関して真帆が真剣に続けるかどうかは真帆の勝手だし、正直ある程度で真帆が辞めても自分的には真帆が悪いとは思えん。どの道を選ぶかは本人の自由だもの。それこそ続けさせる権利も竹中にはない。
 縄跳びや鉄棒にしたって、竹中が真帆よりも実力がなかっただけの話。実力のなさをいくら僻んでも無意味だし、努力が必ずしも報われないことを竹中は知るべきだな、厳しいけど。
 とはいえ、成功するものは確実に努力しているもので、報われるか分からない努力をする以外に成功する方法はないのだ、真帆みたいにな。

関連記事
profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top