FC2ブログ

戦国IXA

戦国IXA(足利家) 第九回 足利家山城国の合戦 終戦報告

 防衛戦九回目かよ。最近多すぎてもう嫌だ(笑)。

 今回は、一日目中に盟主傍まで陣を伸ばすことに成功したものの、同盟軍に目を付けられ盟主攻防に参加する前に陥落。防衛戦で陥落しないことはないな、ホント(ニガリ)。

 だが、今回は二日目が本番だった。
 夜になって気付かれないことを祈りつつ復活し、盟主付近の敵陣掃討に参加。
 相手は十数人の連携で来るわ来るわ。盟主に加勢を送りつつ同盟員と敵陣を潰しては潰されの一進一退が繰り広げられ、その間に盟主本城の敵襲が後を立たず次々と削られる加勢部隊。
 しかし、うちは百人規模の大同盟。加勢部隊も最大三十三部隊が健闘し、一戦五万以上の敵兵をなぎ倒していく大攻勢。さすがに敵も兵力を消耗しまくっていた。
 が、そのとき歴史は動いた。本部隊とは別の敵大同盟が相手の援護に加わり一気に加勢部隊を削られていく恐るべき事態に。
 結局善戦虚しく盟主本城陥落。六万四千という恐るべき戦功が敵の手に渡ってしまった。こっちだって四十万以上の兵士を溶かしたのに…相手の兵力が底無し過ぎる。さすがに二大同盟を相手に出来なかったぜ。
 ちなみに、自分の本城はその間に復活したことを気付かれあっさり陥落してたのであった(えー)。まぁ加勢部隊が頑張ったので防御ポイントが八万四千という恐るべき数字になったけど(笑)。
 そして、今回攻撃も頑張ってポイント三万以上稼ぎ、総戦功が初めて三千五百を超えた。今迄で一番面白かったよ。

 というわけで、クエストで炎チケット一枚、報酬で火チケット三枚貰い、貯めていた分合わせて火六枚・炎二枚一気に引いたぜ!
 始めに火から景気よく引いていったら、スィールが二枚連続で出たりして軽く凹みつつ最後の一枚だった!


 ついに火で特を引き当てた!
 うれしくて思わずさやかにしちゃったね!!(えー)。

 そしたら。


独りぼっちは、寂しいもんな。
 というわけで、杏子も一緒に道連れだぁぁぁっ!!(マテ)。
 ようやく火・炎の本領発揮って感じだったよ。
 つーか今までが出なさ過ぎだったんだよ。炎ですら出ないからなぁ。

 ちなみに。


 こんな絵柄も用意したけど、こんなのずっと使いたくはないので即行で削除した(えー)。

関連記事

STAR DRIVER 輝きのタクト

STAR DRIVER 輝きのタクト 『第二十三話 エンペラー』

STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 8 【完全生産限定版】 [Blu-ray] 【完全生産限定版】 [DVD] 【通常版】 [DVD]
SHINING☆STAR SHINING☆STAR(初回生産限定盤)(DVD付) (アニメ盤)
Pride


 意外とあっさりヘッドの正体バレたなぁ。
 そして、ここでスガタが動いた!完全にタクトに心が行ってると思ったらワコはなんだかんだで楽しそうだし!?だが、ここでキスをしなかったのはワコがタクトに惚れてることを確信したからだろうな。拒絶はしてないけど、キスしたいって雰囲気じゃない。
 そして、サンドバッグ先輩普通にしゃべるの久しぶりだな!(えー)。


 って、普通に接触してきたからすげー驚いたわ!
 そして、宣伝どおり銀河美少年の銀河一発ぶん殴りが炸裂!!よくやった!!
 しかし、タクトは親父の顔知ってたんだな。写真くらいは持ってただろうが、さすがに若い頃そのまんまっていうのは予想外だっただろう。事前に情報がなかったらどんな反応だったんだろうなぁ。


 ここでザメクチートじゃなくてスガタチート説が!?
 でもこれスガタが出来るんなら銀河美少年だって出来るって気がしてならねぇ(笑)。そして、タウバーンスペックが他のサイバディと大差ないって絶対そんなことないぞ!むしろ他のサイバディのいいとこ取りって感じすらするんだが!?
 って、ここでスガタ綺羅星入閣かよ!?予定通りなのに置いてけぼり食らった感のヘッドざまぁ(笑)。
 完全に前回の劇まんまな展開で大丈夫か?(えー)。ワコが惚れたタクトを潰すために入ったとしか思えないが、封印を解いてワコを自由の身にするとか言い出してるんだろうか。なんにしても、ケイトの恋は実らず利用されてる感がひしひしと。

素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事

バクマン。

バクマン。 『第23話 火曜と金曜』

バクマン。1 〈初回限定版〉 [Blu-ray] 〈通常版〉 [Blu-ray] 〈初回限定版〉 [DVD] 〈通常版〉 [DVD]
Blue Bird(初回限定盤) (通常盤)
福笑い/現実という名の怪物と戦う者たち(DVD付き初回限定盤) (通常盤)
TVアニメ 『バクマン。』オリジナルサウンドトラック
TVアニメ「バクマン。」KOOGY CD


 なんだかんだ言って、皆描き直してるんだからあのネーム交換は意味があったって訳だよなぁ。まぁちゃんと意見を聞いておかないのはやっぱりもったいないけど。紅はちゃんと指摘されたところを意識してるんだから、別に自己チューってわけでもなさそうだ。
 しかし、中井さんの点描スキルがすげぇ!点描って簡単そうでめっちゃむずいんだよなぁ、丸ペンできれいな円状の点を打つのは技術がいるんだ。めっちゃ早いし。


 相変わらず劇中劇に豪華な声優起用しやがって(笑)。
 そして、いつの日か銀河美少年が参戦してくれると信じてやまないんだぜ?
 しかし、エイジの言ってた三位って本当に紅の作品だったのかね。まぁこの中で唯一具体的な欠点が明らかになってただけにその通りって感じだけど。


 そして、中井さんがキャラ変わりすぎて笑った。
 KOOGYの作品はないような全然明らかになってないけど、あのカットだけ見ても読む気にならんわなぁ(笑)。しかも、取材が忙しいとかアホな理由で原稿に手をつけないとか、プロとしてやっていくつもりがないことが良く分かる。
 こいつ、今までの仕事も真剣に突き詰めてやったことないんだな。才能はあってもそれを伸ばそうとしないタイプか。いままではそれでうまく行ってたんだろうが、作品を見るに漫画では厳しいと思うけどどうだろうか。まぁマジで票を集めたところで、それで連載まで持っていく程この編集部は先が見えてないとは思えないけど。

素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事

ウルヴァリン

ウルヴァリン 『第11話 黒萩 KUROHAGI』


 とりあえず、本編の前に言っておきたいことがある。
 これ、サブタイ前回と今回逆だろ!?

 せっかくの大ボスとの再戦なのに作画レベルが低すぎてもったいないなぁ。雪の乱れ投げなんてもうギャグにしか見えなかったよ(えー)。いや、だって上体がぶれずに腕だけ恐ろしいほど動いてるんだもん。
 そして、異様に多い横からのアングルがなお滑稽に見えるんだよなぁ。戦闘シーンでは一番多用しちゃ駄目だろ、格ゲーじゃないんだから。コンテももっと頑張ってくださいよ。
 じいさんは、やっぱり私怨のために動いてたわけだな。それはそれでいいんだけどね、信玄討伐は結局は大勢に関わることだし。
 あと、桔梗の雇い主は信玄でしたと。しかし、依頼主の前に悪びれる様子もなくここまで徹底して依頼を反故にされると、さすがに殺し屋として今までやってこれたのか疑問になってくるな(笑)。

素晴らしい すごい とても良い 良い
関連記事
profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top