FC2ブログ

STAR DRIVER 輝きのタクト

STAR DRIVER 輝きのタクト 『第十三話 恋する紅い剣』

STAR DRIVER 輝きのタクト 4(完全生産限定版)(Blu-ray Disc) (完全生産限定版) [DVD] (通常版) [DVD]
GRAVITY 0
Cross Over (アニメ盤) (初回生産限定盤)(DVD付)


 そうか、スカーレットキスのサイバディって王のサイバディ復活のときにそのままぶっ壊されたんで、もう第1フェーズの力は使えないのか。思えば幹部クラスが次々と破壊されていく虚しいアニメだよなぁ(笑)。1クールで半分がもうやられてる。ていうか、勝てないことが前提で話が進んでるしな。
 それにしてもスカーレットキスって生身でも十分強いんだな(笑)。さすがに幹部クラスは一般的に見ても特殊人種だよなぁ、人妻然りケイト然り。先生はサイバディ修復の技術力があるし。
 しかし、この綺羅星で確認するのはマジで確信がないと危ないよな、いろんな意味で(えー)。つーかケイトはともかくスカーレットキスは髪型でバレるって絶対。


 おいおい幼女時代のスカーレットキス可愛いじゃねーか。
 とか思ったら「小学生に負けたの初めて」ってまさかこれで中学生!?って一瞬思ったが、同年代に負けたことないって意味だろうな(笑)。だが、これで中学生でもこいつなら多分…ありだ(えー)。
 この印とか一族とかいまだによく分からんが、島にはスタードライバーになれる特別な血筋があるってことか。だれでもサイバディに乗れるとは思ってなかったが、結局綺羅星のスタードライバーは島の人間なのか。先生とか頭取も島の出身か。


 ゼロ時間はもうワコがどんな格好で来るのかを楽しむ時間だな(笑)。イッツァおやつターイムっ!
 そしてスカーレットキスはせっかく再生したのに、そのまま戦闘に入った時点で一瞬で復活タイム終了だろうと予測できた(ニガリ)。
 あと、生身と同じ戦いをしたらスガタにバレるだろうって思ったらちゃんと気付いててむしろ安心した。ていうかバレないと思っていたのならそりゃスガタを甘く見すぎだよなぁ。
 そのあと何の音沙汰もないのは泳がしてるのかただ見過ごしてるのか。相手はワコを拉致した連中だっていうのに。
 そして、やっぱりスカーレットキスさえ本気で惚れさせる銀河美少年は、このまま敵幹部(女子)を全員落としていくんだろうか。ってよく考えたら残ってるのケイトだけだ(笑)。

関連記事

戦国IXA

戦国IXA(足利家) 第二回 足利家山城国の合戦 其弐

 朝起きたら前線飛び越えて本丸にベタ張りされて城・村に集中攻撃を食らってた(えー)。
 防御部隊を呼び戻して固めたのにあっさり陥落ですわよ。今回の合戦終了。
 つーか、レベル22とレベル29の城主部隊に別々に多段攻撃受けるってどういうことだよ(笑)。連携してるわけでもなさそうだし、やっぱレベル低いと狙われるね。
 結局予定通りに防御ポイントは稼げたので、精鋭騎馬1000と長槍2000もらったけど、昨日もらった分が防御で消費したから意味ねー。

 まぁ過去の二戦と比べると2日目に突入できたのは大きな進歩と言えなくもない。
 早く3つ目の所領取ろうっと。

関連記事

戦国IXA

戦国IXA(足利家) 第二回 足利家山城国の合戦 其壱


男は度胸!何でも試してみるのさ。

 ちょっと前に同盟参加のお誘いがあったのでありがたく受けたんですが、この合戦で盟主はいきなり陥落したらしく(えー)。
 加勢しようかと思ったんですが距離がありすぎた上に断られたし。こっちは防御側になると戦線がいつも遠くなる立地らしく、すげー楽(マテ)。拠点の位置って大事なんだなぁ。

 今回は時間もあったので、本丸から離れた陣から敵陣をちまちま攻撃してみたら、意外と攻撃ポイントが稼げたんだ。まぁほとんど空陣だったんだけど(えー)。
 3つ目の所領を取るために溜めておいた戦力をありったけ投入して攻撃と防御の専用部隊を作っておいたのに、敵襲が全然ないんで防御部隊意味なかった(笑)。
 が、負けのうち主力で攻めた一つが地雷だったらしく、これだけで用意した戦力の2/5を削られた(ニガリ)。


 その人がなんか目の前を領地にしまくってて本格的に攻め込まれそうなので、残存兵力を全部防御側にまわして朝を待つことに。クエストで壊滅した精鋭騎馬の穴埋めが出来ててよかった。
 こりゃ前回同様全滅覚悟で防御ポイントも稼ぐか(えー)。

関連記事
profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top