ティアーズ・トゥ・ティアラ

ティアーズ・トゥ・ティアラ 『ⅩⅢ ブリガンテス』

ティアーズ・トゥ・ティアラ【1】 [Blu-ray] [DVD]
ティアーズ・トゥ・ティアラ【4】 [Blu-ray] [DVD]


アホの娘モーちゃんたまにいいこと言う(えー)。さすがにこのままの戦力差で戦いを挑むことはしなかったな。
って、ちょっとマテ、リアンノンは毎晩アロウンのところに押しかけているのか!?なんだよ、やることやってたんだなぁ(マテ)。

吟遊詩人は別部族の人間であったか。しかもゲール族と同じ血筋か。リアンノンを助けたのは血族だったからか。
ガイウスもゲール族が周辺部族を同盟を組む事を予期して先手を打ってたんだなぁ。

ところで、妖精たちの援軍がマジで少ないのだが、このまま少数精鋭だけで終わってしまうのかなぁ。魔王の人望って一体(笑)。


なるほど、アルサルの甘さはアロウンとともに呆れるばかりであったが、同じ立場としては対等に戦いたかっただろうなぁ、血族だし。
これでブリガンテスが全面協力ってことになったのだろうか。ブリガンテス側の族長はどう見てもタリエシンしかいなさそうだしなぁ。仮にいてもタリエシンが実質的に統治してる感じだ、自ら帝国に交渉しに行ってるわけだし。

ところで、肩を入れられるアルサルはハーレムイベントにしか見えないんだぜ?

関連記事

シャングリ・ラ

シャングリ・ラ 『第十三話 飛行少女』

シャングリ・ラ 限定版 第1巻 [DVD] 通常版 第1巻 [DVD]
シャングリ・ラ 限定版 第7巻 [DVD] 通常版 第7巻 [DVD]


上から攻めるってステルスかよ!!つーか横田基地じゃないか!
まさかこんなどでかいものまで手配してくるとは思わなかった。米軍の中古品かなぁ。

いよいよ始まったメタルエイジ大攻勢、一般作業員として潜入していた奴らが普通に武器搬入できてることに驚きだ。アトラスの警備システムって意外とザルだよなぁ。


おい、ステルス機が戦闘機相手にドッグファイトしてるぞ!
おい、生身の人間が時速約1000kmで飛行する物体の上に酸素マスクだけで直立して、さらにブーメランでミサイルや戦闘機落としたり、戦闘機に向かってダイブしたりしてるぞ!!
もう完全に超人バトルの領域だぜ、ブーメランがあれば無敵艦隊。戦艦と時といいせっかくの擬態装甲もてんで役に立たないな(笑)。
そして単体でフライト可能な飛行ユニットまであるのかよ!なんでもありだな、この世界!!

唯一の救いがミーコと美邦のほのぼの教育シーンだけ(えー)。

関連記事

戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリア 『第十三章 戦慄の移動要塞』

戦場のヴァルキュリア 1 [DVD]
戦場のヴァルキュリア 2 [DVD]


「帝国の息が切れ始めたのか、それとも我等ガリアの兵士達が優秀なのか…」
…はぁ?
これを本気で言ってるから恐ろしい。正規軍が動いて上手くいった作戦が今まであったか?ファウゼンにしてもお前らがミスって帝国に奪取されたんだろうが。
まぁたしかにウェルキンの作戦遂行は幻想以外の何物でもないが(えー)。
「これからの戦争はより高度な教育を受けた専門家たちのものになっていく」
それはそうなんだが、正規軍と同等の戦力を「気に食わん」という理由で死に戦に放り込むお前が高度な教育を受けて来い。

ってクラスター爆弾!!!
超長距離射撃&広範囲爆撃の嵐!これじゃ完全に死ににいくも同然…。10輌あった戦車が確認できただけで最低5輌が破壊されてるし、まさか兵力の5割がやられたんじゃ…。まさに全滅。
これを「気に食わん」で行かされた何個小隊…哀れすぎる。
正直ウェルキン達が潜入するのにあそこまで大規模な囮をまく必要があったのかなぁ。

列車砲といえば、アークザラッド2で飛行艇で上から潜入して内部破壊という作戦を思い出す(関係ない)。
まぁそれは置いといて、なんでわざわざ陸橋の上から撃ってるんだ?そんな足場の脆い所から撃ってたら反動でいつ崩れるか分からん、すぐそこに陸があるというのに。これで橋を陥落させられて谷底まっしぐらとかになったら洒落にならない。

さらに、クラスター爆弾って戦車を破壊できる程の火力持ってないんじゃなかったっけ?広範囲だけど子爆弾一つ一つの火力はそれほどでもないはず、対人には十分だが。
確かに対戦車用の成形炸薬弾を搭載したものもあったはずだが、あれって落ちる角度を調整するために落下傘ついてるはずなんだよなぁ。


いや本当に何故ロージー連れてきたんだ、ウェルキン。
つーかロージーもいい加減ウザいわ。うほ軍曹ですらイサラにメロメロで人種差別開放演説にうんうんうなずいていたと言うのに。過去に何があったか知らんが、兵士を名乗るなら私情を挟んでわざわざ士気を下げるな。しかも自覚してる分たちが悪すぎる、マジでいらん。
さらになんで本命である対列車砲作戦のリーダーになんで任命しちゃうかなぁ。ここは普通ウェルキンかファルディオのどっちかだろうが。

帝国のダルクス人差別の現状を考えるとマクシミリアンも大手を振って歓迎するわけにも行かないだろうが、ぶっちゃけガリアも同じことやろうとしてたしどっちもどっちだろうなぁ。
例えガリア軍に奪還されても差別による強制労働はなくならないと思うがね。

ところで、ウェルキン・アリシア・イサラ・ラルゴ・ロージー以外の第7小隊の面子は置いてきたと思っていいのかなぁ。確かにスージーなんかてんで役に立たないだろうけどさ。それだとイサラを連れてきてる意味はなんだ。他にも男手はいくらでもいたのに。
それともちゃんとついて来ているのだろうか、ついに背景にすら映らなくなったのか(ニガリ)。

関連記事

ティアーズ・トゥ・ティアラ

ティアーズ・トゥ・ティアラ 『ⅩⅡ 帝国の脅威』

ティアーズ・トゥ・ティアラ【1】 [Blu-ray] ティアーズ・トゥ・ティアラ【1】 [DVD]
ティアーズ・トゥ・ティアラ【3】 [Blu-ray] ティアーズ・トゥ・ティアラ【3】 [DVD]


うかつだなぁ、敵のいる可能性の高い森で戦闘能力の低いリアンノンを一人にするなど。リアンノンの魔法がどの程度まで使えるのかが不明だが、オガムほどの攻撃魔法を使えるわけではないだろう。今まで使ってたのも治癒魔法か防御魔法だけだったし。
アルサルはいいかげん頭に血が上った状態であれこれ行動しようとするのはやめろ、成長のない奴め。

しかし、リアンノンは捕虜のくせにいろいろ動きすぎだよ(笑)。リアンノンっぽいけど。


大体こんな感じ(えー)。
本気で鍵忘れたのかそれとも丁重の言葉どおり幽閉されていなかったのか正直どっちなのかわからん。が、そのあと炊き出しまでやってるのは緩んでるとしか言いようがないぞ、帝国軍(笑)。
たしかに小娘一人でどうにかなるような所じゃないけど、一応軍の基地なんだから機密もあるようなところを勝手に出歩くようにしてるのは問題だよなぁ。


さすが軍の演習は大規模だなぁ。
今までの敵は少数だったためになんとか切り抜けられてきたものの、ここまで数の差が出ると厳しいよねぇ。
ガイウスってリアンノンたちの親父と知り合いだったのか、と思ってたらそういやゲール族って帝国と族長会議で顔合わせる機会があったんだっけ、確かアルサルとガイウスも顔見知りだったはず。なら先代たる親父とも見知った仲だったんだろう。

久々の登場ぶっ掛け妖精はもう牛から離れられないのか(えー)。


一応捕虜として捕まった身なんだから、いくら心が通じてるとはいえそのまんま脱走されるのはどうかと思うぞアロウン。実際撃たれたし。吟遊詩人がいなかったらどうするつもりだったんだ。本来ならそっと忍び込んで救出するところだろう。ラスティ連れて行けば簡単だ。

やっぱりこの吟遊詩人は只者じゃないよなぁ。帝国の人間であることには間違いないだろう。隠密部隊かなぁ。吟遊詩人だったら各地に渡り歩いても怪しまれないし。
まともな吟遊詩人が出てくる作品ってないのか(笑)。

関連記事

シャングリ・ラ

シャングリ・ラ 『第十二話 生勢流転』

シャングリ・ラ 限定版 第1巻 [DVD] シャングリ・ラ 通常版 第1巻 [DVD]
シャングリ・ラ 限定版 第6巻 [DVD] シャングリ・ラ 通常版 第6巻 [DVD]


まさかの着ぐるみスネーク、秋葉原に潜入。ヴァンドレッドにも着ぐるみでしか接触しないキャラいたなぁとか思い出した、名前忘れたけど(酷)。
実際アキバで着ぐるみ着ていたって誰も怪しまないと思うのは偏見だろうか(笑)。

そして新総裁・國子の買い物がすごすぎる。CK201ってのがどんな銃か分からないけど223ってのはおそらくライフル弾だから突撃銃だろう。銃200丁に弾20万発、手榴弾が500にロケットランチャーまで200丁!さすが総力突撃戦って感じだぜ。しかし、そこまで武器を扱える人数いるのかと疑問に思ったのだが、そういやメタルエイジっていろんなところに支部があったんだっけ。
一体いくら掛かってるのか、一応軍資金は豊富だからなぁ、メタルエイジ。
で、あのブーメランってちゃんと注文できる代物だったんだなぁ。マジで素材が気になる。


ミーコナイスミーコ!
立場を鑑みてあえて接触せずに助け出す奥ゆかしさ!左手は添えるだけ(関係ない)。
最初モモコさんの引き立て役とか思ってごめん(えー)。
つーかミーコって結構な地位まで上り詰めてるんだろうなぁ。ドMおばさんがご退場になったから実質あの現場ではトップになってしまったのかしらん。

関連記事

戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリア 『第十二章 さらわれた姫君』

戦場のヴァルキュリア 1 [DVD]
戦場のヴァルキュリア 2 [DVD]


亡命を理由に連邦の属国に成り下がるのを阻止する計画かぁ。
カール少尉はあの後ちゃんと働いていたんだなぁ(笑)。
って、エーデルワイスあるんかい!なんでこんなところにまで…。

「派閥争いに執着する軍部に存在感のない統治者、好き勝手をする大臣達…泥舟も同然じゃないか」
だからちゃっちゃとマクシミリアンに明け渡しちゃった方がいいと何度も(えー)。


「皆好きな場所に生まれて好きなように生きてると思ってるの!?」
この無能お姫さまがぁぁぁっ!!!って思ってたんでアリシアの叱責に拍手御礼大喝采!!
存在感がないどころか自分から消えようなんて王の資格なし。消えるなら責任果たしてからにしろ。
しかし、後ろ手で縛られてる状態で動いてる車の上から飛び移るのは相当勇気が要ったと思うので、そこはすげぇ。

正直人質ってのは篭城戦で大量にいないとあんま役に立たないよね。
今回のは突発的とはいえアリシアを人質にしたところで負けは確定だったよなぁ。アリシアを撃ったら人質の盾消滅で終了、撃たなかったら人質の意味なくなって結局は撃たれて終了。
まだアリシアに銃口向けてたら勝機はあったんだがなぁ。暴発でアリシアに当たる確立があったらウェルキンも手が出せなかったものを。
そして揺れる車体から正確に当てたウェルキンって結構射撃の腕あるんだなぁ。

そして、とうとうファルディオが本気でウェルキンを見捨てるフラグが入ったのかすげー気になる。

関連記事

神曲奏界ポリフォニカ crimsonS

神曲奏界ポリフォニカ crimsonS 『第12奏 希望:vivace』

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS 1 [DVD]
神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS 2 [DVD]
神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS オリジナルサウンドトラック


ここまで来てフォロンの神曲でコーティが全快しなかったら嘘だもんねー(笑)。

「皆さん、歌いましょう」って来て本当に歌っていたことに驚いた(えー)。いや、いいんだが仮にも神曲楽士ダンティストのたまごなんだから楽器くらい弾けよとか思うじゃない。
しかも曲がフォロンの曲じゃないか、あれって有名な曲だったのか。


この1期で通常戦闘で使用していたフォロンの神曲から1期最終回での全員合奏神曲のコンボは鳥肌ものだぜ。
全力全開のコーティ、前は6枚羽の力に抑えられていたが始祖精霊の力を存分に発揮して8枚羽。さすがにイアリティッケでも瞬殺だったな。

結局ボルゾンはちゃちい自信過剰野郎でしかなかったなぁ。
神曲楽士ダンティストとして一番必要な心を一蹴して奏世楽器を演奏したところでそれはすでに神曲ではなく、そんな不安定なものにコーティが負けるはずがなかったわけだ。
クチバ・カオルが存命であったらさぞかし強敵だったに違いない。


この期に及んでボルゾンが反撃してくることを予想してなかったとは思いたくないので、フォロンはコーティの守りを信頼してボルゾンに手を差し伸べたと思いたい。


感慨もなく1年以上が経過してしまった(笑)。レンバルト、手怪我してたんだなぁ、最後の爆発の時かなぁ。
ってフォロンが総代!まぁ確かにコーティがいる以上フォロンに勝てるものはいなかっただろう、神曲も問題なし、人もいいしな(えー)。しかし落第生から出世したものだ。
アホは最後までアホであった、こいつは本当に卒業できるのか?っていうか進級できるのか?
学院長死ななかったなぁ(えー)。

で、最後の全員合奏でなんでプリネは演奏しないのかねぇ。進級はできてるはずだから演奏できないってことはないだろうが、最後くらい参加しろよ(笑)。


ユフィの事務所に入ったフォロンとレンバルトの懐かしい姿とか、最後までアホだったアホに最後はダブル靴投げが炸裂して爆笑とかは置いといて。

エレインドゥース生きてたんかい!
あれか、半分の力を学院長に分けていたからそっちから再生とかいう展開か?この野郎!!
そしてオルフィスは学院内に留まっているってことはユフィとの契約は解除されたのだろうか。ライカの一件で亀裂が入ったとも取れてしまうんだが(ニガリ)。この頃には檜山さんとの契約が成立してたりするのかなぁ。



総評。
面白かったよ、1期と同じく。
面白かったが、素材はいいのに構成で足を引っ張った感じがするんだよなぁ、1期と同じく(えー)。まぁ素材以外がほとんどダメっていう恐ろしい状態だった1期よりはマシだけどさ(ニガリ)。

題材としてはありきたりな音楽と心のつながりをテーマとしてるので、見せ方を相当上手くしないと成り立たなかった作品だったのだが、作画も演出も並の領域を出なかったからなぁ。

なにかひとつでも特化したものがあればよかったのだが。
ひたすらに楽器演奏だけ、もしくは戦争シーンだけ作画が異常にいいとか。敵の目的がもっと葛藤があるとか。そういう意味ではクチバ・カオルが最終ボスであったほうが面白かったかもしれない。

言うなれば、すべてが普通だった…そういう結論(笑)。

関連記事

日記絵

これが彼女達の戦闘服

公式企画では必ず水着を描いてましたが、こんな堂々と描ける素材も珍しい(えー)。






剣と魔法と学園モノ。2 特典 「アニメーションDVD」&「クロスティーニ学園 生徒手帳」付き剣と魔法と学園モノ。2
特典 「アニメーションDVD」&
「クロスティーニ学園 生徒手帳」付き

(2009/06/25)
Sony PSP

関連記事

ティアーズ・トゥ・ティアラ

ティアーズ・トゥ・ティアラ 『ⅩⅠ 鎮魂歌』

ティアーズ・トゥ・ティアラ【1】 [Blu-ray] ティアーズ・トゥ・ティアラ【1】 [DVD]
ティアーズ・トゥ・ティアラ【2】 [Blu-ray] ティアーズ・トゥ・ティアラ【2】 [DVD]


数百メートル離れた敵の視線を察知するモーちゃんの野生の感(えー)。
ってケーキ!夜食の域を超えてるから!!なんのパーティーが始まるんだよ!!この材料はかっぱらってきた食料にあったんだろうなぁ。小麦に卵かぁ、さすが帝国はいいもの食ってるなぁ。
中原麻衣の「嘘だっ!!!」は有無を言わせぬ説得力があるよなぁ(マテ)。


モーちゃんが森の一件を目撃した程度でオクタヴィアを疑うなんて思いたくないんだよなぁ、かといってオクタヴィアが裏切ってるなんてことは更にありえないし。
ともかくモーちゃんの生脚にしがみついた役得のガキどもはその後のモーちゃん谷間アップアングルの功績を認めて許してやろう(えー)。
そして子供との約束は破られてピンチになるフラグですからぁぁぁっ!!1話でもやっただろうがぁぁぁっ!!!

エルミンは完全にアロウン愛人の位置だな(笑)。
そういやリアンノンとはなんかいろいろないのかね?(えー)。


「知ってるんだぞ?どうしてなんだ!?なんとか言えよ!!」
…モーちゃん!!?
さすがだぜ!やはりこうでないとな!!モーちゃんがオクタヴィアを疑うわけなんてなかったのさ!!!
「…なんで何も言ってくれないんだ?私達は仲間だろ?仲間はいつも助け合うんだぞ?」
モーちゃんが怒ってたのは何も言ってくれないオクタヴィアの水臭い態度だったんだよ。何を我慢している!お前は今頼っていい、頼って…いいんだ…!!
「お前は良い漢だな」
うむ、いい漢娘だ(えー)。

アルサル達はぶっちゃけ結果オーライだったな(笑)。
さすがに正面きって突っ込む愚行は二度と犯さないぜ。向こうは精鋭部隊であるということは数が少ないと言うことなんだから、分断して多勢で各個撃破すればいい。「くらえ、数の暴力」ってレンバルトも言ってた(えー)。
ところで、オガムのじいさんがえらく派手にぶちかましててかっこよすぎなのだが、そんな攻撃魔法使えたのならさっさと使っとけよ(笑)。


お前ら、なんてバカなんだ(涙)。
親友だったんだなぁ。結局両方とも剣士としての誇りが愛を妨げて殺しあうなんて…。
リヴィアは今まで何のために戦ってきたんだ。オクタヴィアだけでも真の理由に気付けただけ報われるかもしれない。

関連記事

シャングリ・ラ

シャングリ・ラ 『第十一話 胡鳥夢幻』

シャングリ・ラ 限定版 第1巻 [DVD]
シャングリ・ラ 限定版 第2巻 [DVD]


今回は金髪ツンテールのツンデレ引きこもりが頑張って外に出るお話ですか(えー)。
ここまでで設定の背景が全然見えないのにどういう感想を持てというのだ(マテ)。

で、前回擬態装甲使ってまで意気揚々と乗り込んだ戦艦があっけなく衛星攻撃で撃沈してる体たらくに驚きだよ。

関連記事

戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリア 『第十一章 招かれざる客達』

戦場のヴァルキュリア 1 [DVD]
戦場のヴァルキュリア 2 [DVD]


敵国からも招待してるとはいえ、敵軍の将軍クラスがあっさり潜入してるのはどういうことだ!ガリアの王族主催だというのにこのザル加減。
まぁ豚が普通に入ってるしなぁ(マテ)。

「すまん、潜入は俺の趣味でな」
それは仕方ないね、仕方ないよスネーク!!セルベリアのおっぱいに性欲を持て余しているに違いない(えー)。

ところで、姫の被り物はどうもユニコーンをイメージしてるようなのだが、ぶっちゃけ鹿耳のコスプレしてるようにしか見えない(笑)。


セルベリアともあろうものがわざわざイエーガーの名前教えちゃったよ、迂闊だなぁ。まぁ自分の正体ばれてるから時間の問題だろうと踏んだのか。
そして貴族のこのスカートに入れてる器具の描写をちゃんとやってくれるのはありがたい。昔はパニエなんて便利グッズなかっただろうなぁ(笑)。

あの悪人顔の宰相は顔のまんま悪人だったわけか。
おそらくこいつらは帝国ではなく連邦の連中だろう。帝国が敵国の姫掻っ攫うのに、別働隊でわざわざ顔の割れてる将軍クラスを潜入させておく意味がない。宰相がグルなら尚更だ。
もしかして帝国は、っていうかマクシミリアンは連邦の姫誘拐の情報を入手してそれを阻止しようと思ったんじゃないのか?そうすればガリアに恩を売ることが出来る。
それに、もし姫が本当にヴァルキュリア人の末裔であればセルベリアの関係者であるとも思える。ありがちな異母姉妹とかいうこともこの作品ならありそうだ。

で、そこのお前アリシアのどこ触ってやがる!!このやろう!!!

関連記事

神曲奏界ポリフォニカ crimsonS

神曲奏界ポリフォニカ crimsonS 『第11奏 解体:tempestoso』

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS 1 [DVD]
神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS 2 [DVD]


正直敵さんもフォロンたちの襲撃くらい予想してしかるべきだったんだから、最初からコーティが全力全開で望んでいればここまであっさり捕まることはなかっただろうに。狙われていることが分かっているのに敵領域にわざわざ出向いて不意打ちくらうなんでお粗末過ぎる。少なくともコーティ自身とエレインドゥースは敵の目的を理解していたはずなのに。

もっといえば、最初からまとまって行動すればコーティが捕まることもなかったんじゃないのか?囮として撒いたユフィ・レンバルト組が各個撃破される形となり結果的に戦力が分散して勝てるものも勝てなくなってしまった。
敵の狙いがコーティだった以上最優先するのはコーティの死守であり、逆にコーティさえ守り抜けば奏世楽器はただの馬鹿でかい楽器でしかなく目的は果たせないのだ。
コーティ・フォロン組を単独行動にした時点でこの作戦は負け確定。作戦というものでもないけど、この作戦考えたの誰だよ。
敵の狙いがコーティだということを全員に説明してなかったからこういうことになる。コーティの思いはどうか知らないが、それで世界破滅の足がかりになるんじゃ意味がない。

で、フォロンはなんで今更コーティが始祖精霊であることに驚いてるんだ?学院襲撃の際にそんなことあっさりばらされてたじゃん。

ユフィはともかくレンバルトは向こうさんに神曲なくてよかったよなぁ、本来なら一撃粉砕だろうに。
そしてオルフィスの本気!神曲の支援なしとはいえ上級精霊相手に善戦!!狼型は伊達ではない!!
鉄仮面は素顔がかっこいいぞ!(笑)


エレインドゥースの長距離攻撃が半端ねぇ!さすが始祖精霊、半分の力でも上級精霊を瀕死寸前にまで追い込んだ!!
だがね、ここまできたらもうエレインドゥースがフォロン連れて特攻しかけた方が時間的にはよかったんじゃ…。まぁユフィとレンバルトは間違いなく死ぬけど(えー)。
こうなるとますます学院外からの増援がなかったのが悔やまれるなぁ。正直あと中級精霊が3体程いたらエレインドゥースなしで勝ててたかもしれない。
あと精霊文字の威力もすさまじいな。どこまで効果を期待できるのか分からないけど、もっと精霊文字の武器はなかったのか?


始祖精霊エレインドゥース、半ばにして散る。これで学院長も死亡フラグが。
そして鉄仮面、敵ながら素晴らしい男だった。最後まで忠義に尽くして散った猛者に敬礼。

で、あのアホは今更いいことしても全然評価変わらないから!むしろこのアホの言うことを信用したほかの連中どうなんだ(えー)。まぁそれはフォロンの人徳だな!!


ライカの死に様酷いだろ(えー)。
まさかこんな偶発的な死因とは。結局ユフィは人を殺さずに済んだのか、精霊殺してるけど。せめてオルフィスの洗脳を自力で解いてからライカに止めさして欲しかったなぁ。
つーかね、フォロンは最下層に向かって下に下りてるはずなのに、どうしてユフィ達がレンバルト達よりも上にいるんだ?刺さるなら天井からだろ?

なんか今週はいろいろとお粗末だったなぁ。

関連記事

日記絵

さて、いっちょいきますか

久々に線画も塗りも細かく描きこんだ。
ぶっちゃけ線画を描いた時点でいろいろと歪んでたので修正しまくったけど、どうやら絵が描けなくなる現象からは脱したようだ。

よっしゃ、またいろいろ描かなきゃならないものがいっぱいあるぞ~。






剣と魔法と学園モノ。2 特典 「アニメーションDVD」&「クロスティーニ学園 生徒手帳」付き剣と魔法と学園モノ。2
特典 「アニメーションDVD」&
「クロスティーニ学園 生徒手帳」付き

(2009/06/25)
Sony PSP

関連記事

雑記

pixivからなんか届いた


ここで書いた景品が届いたよー。
しかし、ぶっちゃけて言おう。

水色の、誰だお前だ!!(えー)。

関連記事

ティアーズ・トゥ・ティアラ

ティアーズ・トゥ・ティアラ 『Ⅹ 気高き戦士』

ティアーズ・トゥ・ティアラ【1】 [Blu-ray] ティアーズ・トゥ・ティアラ【1】 [DVD]


ぶっちゃけ箱詰めにされた時点で剣が一緒に入ってたのが不自然すぎてたのだが、お兄ちゃんの形見という都合のためか(えー)。

「オクタヴィアが帝国兵というだけで悪と決め付ける…お前の考え方はゲール族を蛮族と蔑む悪党たちとどう違うんだ?」
さすが我等が魔王アロウン、こっちが言いたいことをちゃんと言ってくれるぜ!

一瞬でも友情を分かち合えたオクタヴィアとモーちゃんであるが、モーちゃんの探し物を帝国兵に奪われたことを知って一人で進むオクタヴィアが悲しい。


ここでアルサルがオクタヴィアにフルボッコにあって帝国式の洗礼された剣技を取り込む展開を期待したのにリアンノンめ!(えー)。
とか思ってたのだが、そういやオクタヴィアは手負いだったな。

そして、モーちゃんはアホの娘だからオクタヴィアが帝国兵でも本人は全く気にしていないのであった。だが、そこがいい。帰りは一人じゃないぜ!


なんと子供に教える方向で来たかぁ。ちっちゃい木刀かわいいなぁ。
それにしても荷物多すぎだろ!こんなに盗んでたのか(笑)。

「悪いのは帝国兵ではない、その上に立ち命令を下している者だ、だから私は上の者達を変えたかった」
くそ、言ってることは正しいのにどっかのウザい人を思い出してならない(えー)。
オクタヴィアが帝国兵であり続けることにこだわった理由はこれか。軍に忠誠を誓ったというよりも誰よりも正しい軍人として生きようとしていたわけか。


じいさん…(涙)。
思ったよりもモーちゃんの探し物があっさり解決してしまったが、まさかモーちゃんで泣けるとは思わなかった。お前は今泣いていい、泣いていいんだ!!
ゲール族への疑心を捨て去ったオクタヴィアだが、モーちゃんの存在はでかかったなぁ。


互角かぁ、やっぱりアルサルが負ける展開を期待してたのに(マテ)。
いや、一の戦士たるアルサルが負けるのは一族としてやばいんだが(笑)。

オクタヴィアは今まで復讐のために戦ってきた。それは正しい軍人であるために、帝国が敵とみなした者を殺すということ。本当に倒さなければならない敵は分かっていたはずなのに。
だから今度は本当の敵を討つ覚悟を決めた。だがそれは復讐のためではない。守りたい人のために戦うのだ。
真の戦いとは戦わぬこと。真の戦いとは幸せと平和を願い続けること。だが、それだけでは敵は待ってくれない。誰かが討たねばならない。そしてそれは剣士たる自分の役目なのだ。

関連記事

シャングリ・ラ

シャングリ・ラ 『第十話 言霊之剣』

シャングリ・ラ 限定版 第1巻 [DVD]


幼女國子がわかいいなぁ。
國子ってどうも孤児っぽいよなぁ。超人の才能でも見出されたのかしらん。

ってブーメラン教えたのモモコさんだったのか!?モモコさんも超人だと思ってたが、國子の戦闘能力はモモコさんによる底上げかい。
そして、自白剤の猛威にさえ耐え切り、逆に精神攻撃しかけるモモコさん最強伝説。この人いったい何者だよ、ホント(笑)。


國子の戦闘技術は護身のレベルを超えてるって(笑)。
國子に普通の生活を送ってほしいと願ってる割にしっかりとその辺り叩き込んでるのはどゆこと?

そして擬態装甲がこんな実用レベルまで来てたとは!
戦艦丸ごと簡単に偽装して他国領海にやすやすと潜入、マジで恐ろしい技術だぜ。

関連記事

戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリア 『第十章 吹雪の夜』

戦場のヴァルキュリア 1 [DVD]


小隊長と副官が揃って偵察任務とか!だから隊内での担当決めておけと…。
それで実際小隊が指揮官を失ってるんじゃ世話ないなぁ。

そしてなんだこのベタなラブロマンス展開は!?アリシアが3割り増しに可愛く見える!!ウェルキンでさえ危ない!!(えー)。
だが、危機的状況で芽生えた恋は長続きしないって誰かが言ってた!!
アリシアのスカーフの話はパン職人としての強固な意志よりも兵士として自覚してほしいほうが何倍もあるんでげんなりなのだが、こいつら揃ってメットすら被ってないからアリシア単体では責められないのであった(えー)。まぁ目立ちまくりの赤いスカーフ巻いてるのは十分問題だが。


難波さん!?難波さんじゃないか!!久々に聴いたなぁ(笑)。

そして某所でちょっと話題になってた手榴弾がタイムリーに登場して驚いた。
ウェルキンの言うとおり手榴弾でアリシアとウェルキンを戦闘不能にするのは難しいだろう。手榴弾ってのは爆弾じゃないから爆発の風圧と熱エネルギーで殺傷する兵器ではなく、爆風によって外殻の破片を周囲に撒き散らして殺傷する兵器なのだ。つまり映画みたいに密閉空間であっても部屋1つ吹き飛ばすなんてことは出来ない。実際人が覆いかぶさってしまえば周囲の仲間を守ることが出来るらしい(本人は大ダメージだろうが)。ウェルキンならアリシアを守るためにそれくらいはしそうだ。

「私達は兵士、だけどその前に一人の人間なのよ」
いや、一人の人間の前に兵士として行動しないと戦場では死ぬぞ。

「まったく、これじゃあたいがバカみたいじゃないか」
実際バカだからな。
イラついて終わった人種差別を蒸し返して人に当たるなんざバカ以外の何物でもない。


「悪いのはあなたじゃない、悪いのはこの戦争よ!」
うむ、アリシアの台詞がいちいち引っかかるな。
戦争なんてそんな抽象的な言葉よりももっと否定すべき存在があるだろうに。戦争を肯定するつもりはないが、戦争を引き起こすのは人間であり、もっと言えば国の上のアホな連中だ。すべての戦争がそうだとは思わないが、少なくとも帝国もガリアも無能揃いだからな。
この戦争、どう足掻いてもガリアに勝ち目が無い以上本気でマクシミリアンに統治してもらった方がいい気がする。少なくとも下の扱いはよさそうだし、セルベリアを使ってることから差別意識も低そうだ。
マクシミリアンが何を目的にしているのかはっきりわからないが、現状一番の有能株は彼しかいないからなぁ。

帝国の中隊長は意外にも情があったな。脱走兵はたしかに抹殺すべき対象だが、ちゃんと弔いの念を持っていたとは。

関連記事

神曲奏界ポリフォニカ crimsonS

神曲奏界ポリフォニカ crimsonS 『第10奏 進攻:risoluto』

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS 1 [DVD]
神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS 2 [DVD]


OPのコーティと空を飛ぶフォロンの図って演出じゃなかったんだなぁ(笑)。

学院長はフォロンとの仮契約まで知ってたんだろう。つまり、フォロンの神曲学院入学も学院長が手を回したものと思われる。
本来神曲学院の学費ってべらぼうに高いはずなんだよね。あのふけ顔アホはともかく、レンバルトも実は金持ちの御曹司だったりするし、双子も両親がいない状況で二人で難なく生活できてることから遺産が結構あるとみていい。ある程度の経済力がないと入れないはずだが、フォロンは孤児院の出で学費も働きながら納めている。実際に公認で授業抜け出してバイトしたりとか普通は許されないだろう。特待生ならともかく、フォロンは神曲すら満足に奏でられなかった劣等生だったわけだし。
起こるかどうかわからないテロのために12年もフォロンの人生弄繰り回してた学院長恐るべし。まぁことがことだけに準備するに越したことはなかっただろうが。

しかし、フォロンに科せられた使命は重いなぁ。世界のために人殺しになれと強要されるのはただの学生としてはつらい。
だからこそ、学院長は非道なのだが。

対精霊輸送艦はむしろ用意されない方がおかしい。
大尉でこんなもの持ってこれるのは混乱しまくってる証拠だろうが、本来ならもっと増援を要求してもいいんだぜ?


やっぱ打楽器系ワンマンオーケストラあったんだ(笑)。
6枚羽の本領発揮のイアリティッケ、始祖精霊とタメはれるだけあって仮想の4枚羽を大量生産とか規格外すぎる!!

ところで、


コーティがフォロンに向き合った瞬間、3×3EYESのこのシーンを思い出して、一瞬フォロンが粉微塵に吹き飛ぶのかと(えー)。丁度読み返してたんだよなぁ(笑)。

関連記事

ラジオ

MMV

最近聴けずに溜まってた君のぞラジオをまとめて聴いたらわりなきらじお第4回に文吾兄さんがゲスト出演しててすげー笑った。
おつゆさん、なんというブッキング。
つーか文吾兄さん猫被りすぎだよ(えー)。

関連記事

日記絵

絵が描けない…

いや、まいった。どうしたもんか。
ここ1週間まともに描けなくなった。




関連記事

ティアーズ・トゥ・ティアラ

ティアーズ・トゥ・ティアラ 『Ⅸ 襲撃』


あの死体は軍が極秘に処理してたのか。リディアが絡んでるとすれば上の方の指示と見ていいだろう。
しかし、リディアって一人称が『余』ってことは皇族なんだろうか。
「それほどこの地の帝国軍が腐っていたということか」
あんなのが『この地』だけで留まってるのであればいいのだがね(ニガリ)。とっとと粛清してやってくれ。

そして鉱山妖精便利すぎるだろ!彫った土さえどこかに消失してるし!!
あんな軽く穴掘れサッサなんだったらどこでも侵入し放題なんじゃ…?
「ゲール族は力だけじゃなく知略にも富んでいることを思い知らせてやれ」
まぁ確かに兵糧やその他物資を略奪するのは定石なのだが、こいつらがやると単に嫌がらせにしか見えないのは何でだろう(えー)。つーか知略って言えるほどの作戦じゃない(笑)。


アホの娘モーちゃんは期待を裏切らないなぁ(笑)。

「ゲール族は捕虜は取らん。もし敵兵を捕らえるような事があれば…干し首!」
もったいないなぁ。せめて敵情報吐かせてから、階級によっては人質だろう。
前は干し首、後ろは性奴隷の四面楚歌オクタヴィアさん、さぁどっち!?(マテ)。

そして実質二人に基地を壊滅に追い込まれた帝国軍、情けなし(えー)。兵士がバケツリレーしてる図がシュールすぎるぞ。
まぁアルサルもアロウンも一般兵が相手だと束になっても楽勝だな。リディア一人でもいたら違っていただろうが。


「これでもうカニを食わなくて済むから嬉しいぞぉ」
結局カニ以外食ってなかったのか(笑)。獲物は豊富な島じゃなかったのか?森の狩りはずっと収穫ゼロかい。
「家計がすごく助かりますよ~」
家計とかいうレベルじゃない(笑)。

まさかの荷物として仲間フラグを立てたオクタヴィアさん、性奴隷は免れたものの今度は干し首の危機。
しかし、ここまでの扱いを受けて軍人として散る覚悟はあっぱれだが、正直あの軍に義理立てする理由はなんもないよなぁ。

「掟だ名誉だ剣士の誇りだ…そんなもののために何故無駄に命を散らす!!」
元来戦いとは生きるために行うものだからなぁ。ゲール族の反逆も元は一族の生存を賭けた戦いだからこそアロウンは族長やってるんだろう。

これでオクタヴィアがすんなり仲間になるとは思えないが、帝国の技術を持った貴重な存在だから剣技や戦術指導する展開にならないかなぁ。




関連記事

シャングリ・ラ

シャングリ・ラ 『第九話 天啓陽月』


ミーコ本当に相撲取りだったのかよ(笑)。
しかも予備とはいえ國子のブーメラン素手で跳ね返しやがった!!実は相当の戦闘能力の持ち主なんじゃ…。
オカマVSドMは完全にモモコさん勝利、鞭でアサルトライフルすべて弾いてる時点で人間じゃないけど、年増のMっぷりが気持ち悪いことこの上ない。

って、ヒルコって子供を依代にした幽体なのかよ!あああ、こんなかわいい少女が金朋声に(マテ)。


貧乏クラリスマジで役にたたねぇ!目先の快楽を優先して今後の稼ぎの準備が疎かになってるようじゃアホ以外の何物でもない。設備が整ったら元の生活なんてあっという間だろうに、どっかの音楽Pか(えー)。

あの脱出穴、ちゃんと役に立ったなぁ(笑)。
それはそうとして、國子が本気で残った連中が殺されないと思ってたのはやっぱり子供なのよねぇ。
しかし、死体がそのまま放置でカラスに突付かれてる状況は悲惨すぎるぜ。




関連記事

ニコニコ動画

ナイフがあれば何でも出来る



バイオ2の頃から見ているのだが、ついに新作が来た(笑)。
バイオシリーズをナイフ一本で出来る限り敵を殲滅していくという恐ろしいことやってのける人。
しかし、今更DCって(笑)。

関連記事
profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top