戦姫絶唱シンフォギアG

戦姫絶唱シンフォギアG 『EPISODE 13 遥か彼方、星が音楽となった…かの日』


 正直マリアの歌に全世界の人間が共感してる理由がさっぱりなんだけど。
 あの月システム機動のために歌ってた映像だけで世界を救ってると本気で思ったってこと? どうみてもテロリストが血迷ったこと言ってるようにしか見えなかったんだが(えー)。響が乱入してあーだこーだあっても大多数の人間にはさっぱり意味不明だっただろうし。
 マリアというキャラに魅力を感じられなかったのが一番の敗因かなぁ。あまりにも中盤にブレ過ぎた。


 絶唱使えばなんでも出来るのがシンフォギアなんで5人で全裸飛行しても驚かん(えー)。
 ぶっちゃけ、そっちよりも司令の戦いがドクターをビビらせる&落石破壊だけで終わってしまったことのほうが残念だよ! もっと前線で戦ってくれても良かったのに!!
 そして、影縫いは緒川さんの技かよ!? これシンフォギアの力関係ないんかい!?(笑)。


 このままマリアが一人でバビロニアの宝物庫に犠牲になる展開でも良かったと思っているが、「生きることを諦めるな」が心情の響さんなのでそりゃ助けに行くわなぁとここは納得した。
 まぁ最後の止めが未来だったのはさすがにもうちょっと未来の行動描写入れとけよとなったが。いきなり走ってきてソロモンの杖ぶん投げるって出来るか普通!?
 とりあえずマリア達はしかるべきところでしかるべき裁きを受ける様子なのでほっとした。が、だったら何故それをクリスにも出来なかったかなぁ。ちゃんと罪を償っていればこんなにもクリスにもやもやすることにはならなかったのに。


 総評。
 設定が消化不良で意味不明な点や唐突な展開が多かったのは前回と同じだったなぁ。結局そこが改善されてないと納得出来ないまま見続けるハメになるので、こっちとしては苦しい。
 一言で言えば、言いたいことはわかるけど説得力持たせてくれよ、というところかなぁ。

戦姫絶唱シンフォギアG

戦姫絶唱シンフォギアG 『EPISODE 12 撃槍』


 司令と緒川さんが出撃するのはそりゃ納得せざるを得ない(笑)。あんたらの戦闘力は十分過ぎるっていうか、むしろ何故今まで最前線に出なかったと言いたいくらいだ(えー)。
 そして奏さんは出番あってよかったねと。前期ももはや翼の妄想なのかなんなのかわからん存在での登場だったけど、これはまぁ妄想だと言い切れる(マテ)。
 クリスに関してはさすがにドクターも手放しに信用するほどアホじゃなくてよかった。会話を傍受してるのは予想通りだったが、まさか首に爆弾しかけるっていうベタな展開仕込むとは。ネックだった名前呼びで相互理解し合える展開もベタだけど燃える。


 それに比べてこいつらの言い合いの中身の無いこと(えー)。
 調にフィーネが宿っていることは前回の響への台詞で示唆されていただけに別に構わないんだけどね。
 さすがにこの鎌の斬撃をかばって倒れるのは無理がありすぎる。刺さる程度で済むわけ無いじゃん。確実に両断されるか、切歌共々串刺しだよ。


 まさかの全裸待機に吹いたじゃねーか(笑)。
 あの変身シーンで全裸になるのって演出じゃなくてマジで服を変換してるんだな。つまり毎回公衆の面前で全裸か…。
 適合率を強制低下させる秘密兵器を、適合率下げても適合できる前期の天羽々斬で返すっていう荒業で返す演出は素敵なんだが、いかんせんこの秘密兵器に対して対抗策を講じている様子がまるでなかったんで唐突感は否めず。
 しかし、これでソロモンの杖を奪還できたことでクリスの過去の精算ができるわけもないので、この後の処理にかけよう。


 これですんなりフィーネが発現してたら前期の託しがなかったことになってしまうので、自分の意志で出て来ないようにしてた、どころかそのまま身代わりになる展開には納得できた。正直あーだこーだ言ってた割にフィーネそのものの意志で決着ついてしまったのは、今までの苦労って一体…ってなったけど(えー)。
 響はマリアのガングニールを使うことも想定はしてたんだけど、まさか強制奪取に成功する力技とは。
 で、ここは「わたしがガンダムシンフォギアだ!」じゃないのか(マテ)。二人の全世界に全裸生放送ですけど。

戦姫絶唱シンフォギアG

戦姫絶唱シンフォギアG 『EPISODE 11 ディスティニーアーク』


 まぁね、予想通りでしたよ。何の説明もなしに響達はシンフォギアのみ綺麗サッパリなくなって体は無傷でしたっていうね。そんな絆創膏レベルの怪我で済まないから!! 骨の残らず吹っ飛ぶから普通!!
 そして、クリスの裏切りは完全に予想外デース。ソロモンの杖を奪還するための一芝居だろうが、正直この程度でドクターが油断するとは思えないんだよなぁ。隙を作れるかね。
 で、ドクターの方は完全にムスカ入りました。まぁこの性格だと絶対に自分で支配する側になると思ってましたとも。見抜けなかったマリアやママンが間抜けだったとしか言えないわな。
 で、この月にアンカーかけて浮上するっていう手を使うんだったら、わざわざ月落下を事実とする必要はなかったんじゃないかなぁ。正直あの情報はドクターが流したブラフだった方がよかったわ。


 最初調のシンフォギアを響が使うのかと思ったけど、そんなことはなかった。
 まぁここはマリアが持ってるもう一つのガングニールを響に託す展開になるんだろうなぁ。
 で、響の独断出撃はガングニールの身体的補強がない今ではマジで危険過ぎるんだけど、一応司令の訓練は受けているので生身でも多少の戦闘力は残ってる…はず(えー)。

戦姫絶唱シンフォギアG

戦姫絶唱シンフォギアG 『EPISODE 10 喪失までのカウントダウン』

Vitalization
Next Destination(初回生産限定盤)(DVD付) (期間生産限定盤) (通常盤)
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング1
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング2
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング3
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング4
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング5
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング6
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング7
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング8


「愛、ですよ…!」
「何故そこで愛!?」
 ママンですらギャグ要員に駆り出されたぞ(えー)。
 しかし、装者量産し放題じゃなかったんだなぁ。あの学校が装者候補生を集めるためっていう設定なんて1期の時あったかなぁ、すっかり忘れてたわ。
 とりあえず、未来が強すぎてやばい。戦闘そのものは機械任せでも火力が違いすぎる。翼の天ノ逆鱗連打による防御と回避の一連は見応えあったなぁ。
 そういや、クリスを最初拾ったのは未来だったってすっかり忘れてたわ(笑)。あんたら2期になっても接点ないんだもん。


 ちょぉぉぉっ!? 緒川さんあんたもか!?
 なんだよ、この世界普通に超人がホイホイいるんじゃないかよ。どう見ても忍者だったし、水の上走ってるし。とっとこヴァン太郎じゃないんだから(マテ)。
 まぁ司令も発勁で爆風吹き飛ばしたりしてたし、忍術くらいありな世界だろうけど。緒川さんも単体でノイズと戦えるんじゃないのか。こうなると意外と装者以外にも戦力いっぱいいそうだけどね。
 そして、クリスがどんどん罪の認識を深めていくよ。それを1期の時にやって欲しかったわ。


 いやいやいや、これはさすがに理解不能だよ!?
 シンフォギアを無効化するっていうのはわかるが、どうみたって物理的にもダメージ受けるじゃないか。米軍の巡洋艦が大破してるんだぞ。そんなのシンフォギアなしの生身で受けきれるわけがない。なぜ司令はその可能性を指摘しなかったし。
 これでどうやって生き残る設定にするつもりなんだ。普通なら確実に吹っ飛んで死亡だよ。さっきの翼の決死の脱出も意味がなかったことに。天羽々斬とかイチイバルとかなくなっちゃうけど。
 そして、返す返すもこんな重要アイテムを奪取するシーンを省いたことがマジで理解できんわ。むしろ最優先で入れるべきだったのに。
 ていうかね、前回書いた未来を元に戻すための布石と思ってた薬は完全に意味がなかったことに、しょぼーん。
 まぁ、これで響達が死ぬことはないだろうから、未来と一緒に響も全身に転移したガングニールも一緒に砕けて命の危機は去りましたってなるんだろうなぁ。正直、そのまま死ぬまで戦ったほうが1期との帳尻は合うと思ってたんだがね。

戦姫絶唱シンフォギアG

戦姫絶唱シンフォギアG 『EPISODE 9 英雄故事』

Vitalization
Next Destination(初回生産限定盤)(DVD付) (期間生産限定盤) (通常盤)
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング1
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング2
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング3
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング4
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング5
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング6
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング7
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング8


 素晴らしいおっぱいだクリス(マテ)。
 それは置いといて、クリスが過去の過ちを悔いる描写があるのはいいことだ。今までも今の生活に馴染めない節はあったものの、それは分不相応と思っていだけの話で、罪の精算をする機会がなくなってしまっていたからな。


 ここに来てチームワークを意識して最大限にデレを発揮して翼と話そうとするも、呼び方一つであっさりいなされてしまうクリスが可愛い。つまりもっとデレろと言っているのだ(えー)。
 そして、クリスの食事の仕方が汚い(笑)。これは戦災孤児故に最低限の教育も受けていなかったためであるが、チョイスしてるのがナポリタンってところも食い方も相まって子供っぽさが抜け切れていない風でナイスである。
 極めつけがコーヒーを飲もうとしてカップに付いてるナポリタンのカスが落ちるっていう細かい描写。こういうところにも気を配れるというのは素晴らしい、いい仕事してるわぁ。
 一方、ついに殺人を犯したことでようやくマリアも覚悟完了ですわ。遅すぎる。


 ぶははは、まさか司令まで歌い出すとは思わなかった。クリスと一緒に突っ込んじゃったよ(笑)。
 酔拳なのは相変わらずであったが、途中でロッキーになってるし。もはや中国拳法ですらなくなったぞ。
 でも歌はポリスストーリーっていうもはや何でもありになってきたぞ。
 さらっとついて来てる翼はさすがであるが、訓練内容に疑問は持たなかったんだろうか(笑)。


 そう来たかぁ。
 考えてみれば調達も別に純適合者ってわけじゃなかったんだから、全くの素人を装者にすることも可能だったわけか。さすがに多少の素質は必要と思うけど。
 むしろ、未来が操られてるっぽいほうが問題だなぁ。さすがにこっちは科学的な作用ではあるまいて。まだ聖遺物を隠し持ってるんだろうか。
 しかし、調の強制解除は未来を助けるときの布石になってると思うので、今回は伏線の張り方はうまく行ってるようである。今期で一番面白い回だったわ。

戦姫絶唱シンフォギアG

戦姫絶唱シンフォギアG 『EPISODE 8 繋ぐ手と手…戸惑うわたしのために…』

Vitalization
Next Destination(初回生産限定盤)(DVD付) (期間生産限定盤) (通常盤)
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング1
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング2
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング3
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング4
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング5
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング6
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング7
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング8


 最初から本人に告知しておけばよかったんだって。それでも響が戦おうとするのは目に見えてるんだから。余計な戦闘増えちゃったよ。完全に司令達のミスだろう。
 で、フロンティアっていうのはどんなもんかは知らんが、何故その扉を開ける鍵っていう最重要機密の奪取の描写をまるっとカットしちゃったんだろうね。物語の核心を説明台詞だけで語られてもなぁ。
 そして、一番驚いたのが月落下が事実っぽいところだよ。なぜ今計算できることを前回の月落下未遂の後に確認しなかったんだ。アメリカが事前に把握できたことを日本が出来ないとは思えん。実際ズレを確認出来るだけの能力はあるんだから。


 まさかここに来てアメリカをもう一回手を組むっていう愚策を敢行するとは思わなかったわ。完全に元の木阿弥。そんあんお絶対に裏切られるに決まってるじゃないか。それすらも予期せず何の準備もしてなかったっていうアホさに完全に失望だわ。行き当たりばったりにも程がある。
 一方の響は自ら未来を手を離すっていう手を繋ぐことに執着してきた響にとって完全に死亡フラグ。これで未来が大怪我を負って怒り狂う展開になったら、嬉々として一期の時は平気だったじゃねーかとツッコミを入れたい所(えー)。

戦姫絶唱シンフォギアG

戦姫絶唱シンフォギアG 『EPISODE 7 君でいられなくなるキミに』

Vitalization
Next Destination(初回生産限定盤)(DVD付) (期間生産限定盤) (通常盤)
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング1
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング2
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング3
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング4
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング5
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング6
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング7
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング8


 もう響の人間離れが止まらない。
 まぁほぼガングニールな状態なんで無双しまくってるのはいいんだが、相手の絶唱すら完全阻止できるってもうどうなってるのかと。手を繋がなくてもいいんかい! それは設定的にマズイんじゃないのかい?
 そして、これで本気で響を守れると思っていた翼に絶望したーっ! 逆に未来を寸前で静止させたクリスに拍手喝采だーっ!


 なんでこの作品はこうも伏線の張り方と回収が下手なんだろうかね。
 マリアがフィーネの魂を宿してないというのは博士との会話で記憶が無いことが示唆された時点で分かることなんだよ。それを直後にママンがわざわざ直接的な台詞でバラす必要性がない。
 こうも物語の核心をサクッとバラされてしまうと、見てる側にワクワク感がまるで起きない。伏線による推測は視聴者の楽しみの一つだというのに。
 そして、マリアにつづいてママンすらテロリストに成り下がったことを後悔してて、もうこいつら何がしたかったんだ状態に。唯一の大人であるママンにはせめてブレないでいて欲しかったぜ…。
 あと、さすがにフィーネの力を発現させるのが、たまたま立ち寄った工事現場の資材崩しっていうのはご都合を感じざるを得ないなぁ。

戦姫絶唱シンフォギアG

戦姫絶唱シンフォギアG 『EPISODE 6 奇跡――それは残酷な軌跡』

Vitalization
Next Destination(初回生産限定盤)(DVD付) (期間生産限定盤) (通常盤)
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング1
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング2
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング3
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング4
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング5
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング6
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング7
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング8


 さすがに暴走モードまでは計算していなかったか。
 予想通り腕が即行再生されたのはいいとして、最終兵器扱いのネフィリムがあっさりとやられてしまったのはどうしたもんか。さすがに見通し甘すぎと言わざるを得ないな。
 それにしてもマリア達も甘さがここに来てマックス状態だよなぁ。自分たちがボコるのはいいけど、ネフィリムが食い殺すのは外道ってどういうことだよ。こいつら最終的に響達を殺す覚悟は持ち合わせていなかったのか。


 なるほど、響が異常なまでに博愛主義な理由がよくわかった。
 それはやさしさではなく恐怖。他人に拒絶され孤独に落ちることへの恐怖を回避するための手段。
 孤独に喘ぎただ守られるだけだった響にとってシンフォギアの力はまさに天啓だったことだろう。守られるだけだった無力の自分が初めて守る側に立てたのだ。だから響は、大量殺人を犯したテロリストだろうが親友を殺そうとしたクリスだろうが、“その人間がどんな人間なのかは関係なく”絶対的に人とつながることを欲するのだ。これを異常と言わずになんという。
 ここで翼が取った行動は最悪と言える。翼は初めてシンフォギアの力でつながることが出来た人間である。その翼からつながりを拒否される、つまり最初の頃に逆戻りである。
 正直、響のためにあえて厳しく接して戦いから遠ざけるというやり方は裏目に出るフラグにしか見えない。響の性格からしてそんなことで前線に出ないわけないじゃないか。どうしたって自分勝手に首を突っ込むに決まってる。そんなこともわからないほど翼は響のことを理解していなかったというのか。そんな時期は1期の時に終わってるんだよ。


 ほら、実際に目の前に敵が現れたら親友を守るため真正面から向かっていくわけだよ。逃げるという選択肢は持ち合わせていない。
 しかもシンフォギア装着前にぶん殴るっていう、通常だったら致命傷もんな大失態まで犯す始末。完全に逆効果。
 これは完全に脚本の選択ミスだよ。どうみたって『響のことを想う翼』より『響のことをわかってない翼』のほうが強調されちゃう。そんなヘマするほどの修羅場のくぐりっぷりじゃないだろ、この二人は。

戦姫絶唱シンフォギアG

戦姫絶唱シンフォギアG 『EPISODE 5 血飛沫の小夜曲』

Vitalization
Next Destination(初回生産限定盤)(DVD付) (期間生産限定盤) (通常盤)
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング1
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング2
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング3
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング4
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング5
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング6
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング7
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング8


 さすがにここまで要注意人物が侵入してきておいて、翼が本部に連絡入れないのはおかしいよなぁ。すくなくとも、取り逃がした後に尾行するくらいの準備ができた思うんだ。
 だって、米軍が取り逃がした本隊の場所特定してるんだぜ? むしろ米軍に出来て何故日本政府に出来ないと言いたいところだよ。
 そして、思った以上にマリアが甘いんだよなぁ。無関係の子供はともかく、プロの兵士である米軍に対しても殺す覚悟がないっていうのは、国家相手にテロを敢行してる立場としては意志が弱いと言わざるを得ない。クリスと違って別にママンや博士に騙されてるってわけでも無さそうだしな。まぁ真実を語られてるとも思わんが。


 前回の高山みなみの立場に堀江由衣が(えー)。
 絶唱使うと皆怖くなるんだよ! もうどんだけ!?
 それはともかく、博士の言う月落下はブラフだと思うなぁ。対策機動部があの一件で月落下の可能性を考えなかったわけがないから。事後処理で安全を確認してるはずだし、本部にはその能力もあると思っている。仮に日本政府が隠蔽したとしても対策機動部単体で察知できるはずだ。
 そして、この時点で学校が前回の本部壊滅にともなって移転してる事実に気がついた(笑)。そりゃそうだ、だから今の本部は潜水艦なんて燃費の悪そうなものになってるわけだし(えー)。
 一方の響は初めての戦闘での重症を負ったんじゃないかなぁ。普通なら腕食いちぎられるっていう恐るべき事態に視聴者も戦慄せざるをえないわけだが、響はガングニールと同化してる特異体質で、治癒能力が半端ないっていう設定があるので多分腕も再生してくれるだろうとまだ安心できる。

戦姫絶唱シンフォギアG

戦姫絶唱シンフォギアG 『EPISODE 4 あたしの帰る場所』

Vitalization
Next Destination(初回生産限定盤)(DVD付) (期間生産限定盤) (通常盤)
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング1
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング2
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング3
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング4
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング5
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング6
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング7
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング8


 この話の観るまで、前期のラスボスおっぱいがフィーネっていう名前だったことをすっかり失念してました、はい。だっておっぱいとしか呼んでなかったもん(えー)。
 あいつは古代の巫女の生まれ変わりで、自身の遺伝情報を持つ子孫の遺伝子内に因子を埋め込んで自分の魂を復活させるっていう、ラピュタは滅びぬ何度でもよみがえる状態のやっかいな奴なんだよなぁ。
 しかし、前回からたしか3ヶ月くらいしか経ってなかったんじゃなかったっけ? これは前回のフィーネが死んだことが確定してから復活したのか、それとも意識は別に同位体が存在していたっていうことなのかどっちなのかね。


 あぁ、あのおびき出し作戦は博士の独断だったのか。てっきり本命から気を逸らせる陽動かと思ってた。あっさりと捕まったのは、シンフォギアに対する対抗策があることをマリア達に悟らせないためか。
 ていうか、米組織から離反したの博士だけじゃないのか。この5人で運営してる描写しかないけど、他の研究者はどうしたのやら。博士が隠し持ってるのかね。
 そして、司令の言うことなら訳が分からなくても信じられると断言できる!(えー)。


 あー、そういえばアニメ好きっていう設定あったなぁこいつ(笑)。
 意外とノリノリっていうか、アニソン歌うよりもそのコスプレが恥ずかしい!!
 って、あっさりと侵入されてますよ司令!!?
 ま、まぁあれだ、学園祭だから不特定多数の外部の人間が往来するんでセキュリティーが甘くなってるんだろう、多分。さすがに平常時にこんな変装で気づかなかったらやばすぎる。


 デレたクリスを愛でる回ですか、そうですか。
 クリスは無関係の一般人を虐殺しまくった過去が未だに尾を引いてたりする。前回文字通り命懸けで正解を救ったのは間違いないんだが、やはり死んでこそ帳尻が合う気がしてならないんだよなぁ。同じ事が響にも言えたりするんだが。
 そういう意味では、今回も同じフィーネが相手っていうのがその挽回の機会が与えられてると思えなくもないが、さすがに二人とも今期でも死にそうにないしな。
 そういうところを考えないんだったら、このクリスの打ち解けっぷりは素直に良かったねと思えるんだがなぁ。

戦姫絶唱シンフォギアG

戦姫絶唱シンフォギアG 『EPISODE 3 終焉を望む者、終焉に臨む者』

Vitalization
Next Destination(初回生産限定盤)(DVD付) (期間生産限定盤) (通常盤)
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング1
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング2
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング3
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング4
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング5
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング6
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング7
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング8


 緒川さん、戦闘力高いとは思ってたけど一人で組の事務所潰せるってどんだけ(笑)。
 というわけで、機材の入手経路でアジト場所が判明って元米研究者のくせにツメが甘いなぁ、と思っていたらわざとか。
 なんか絶唱使っても無事なのが響のアームドギアの特性みたいなことになってるけど、クリスも翼も単独絶唱からあっさりと復活してたのはどう説明するんだろうね。響の影響だとしても直接手を繋ぐ行為がなかったしな。
 それにしても白い、驚きの白さ。ていうかもっと自然に隠せって。せっかくロウきゅーぶが前回の反省踏まえてぎりぎりのラインで頑張っているというのに(えー)。
 学祭は学園モノの定番ではあるが、この作品学校の中に本部があるのに学校の描写少ないんだよなぁ(ニガリ)。なのでクリスが普通に生徒になってることも今はじめて知ったっていうね。


 黒幕の正体が視聴者に早々バレてるのはともかく、まさかこんなにもあっさりと響達の眼の前に現れるなんて。意味がわからん。ここで生きていることを知らせて何のメリットが有るんだ。
 しかも圧倒的有利の状況で捕まってるし。どういうことなの? ソロモンの杖の力はどうしたんだ。
 このアジト強襲が敵の陽動なのは分かるんだが、それだとノイズの無限増殖とシンフォギア減退だけで事足りるんだよななぁ。

戦姫絶唱シンフォギアG

戦姫絶唱シンフォギアG 『EPISODE 2 胸に力と偽りと』

Vitalization
Next Destination(初回生産限定盤)(DVD付) (期間生産限定盤) (通常盤)
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング1
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング2
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング3
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング4
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング5
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング6
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング7
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング8


 防衛省のトップがえらい頼もしいな(笑)。
 そういや、前期で暗殺された防衛大臣も話によれば切れ者ということだったし、こういう作品にありがちな政府と下っ端組織との軋轢はないんだなぁ。まぁ事実上ノイズに対抗できるのがここしかないんだから、軋轢があっても困るんだが(えー)。
 敵側にさらに二人招聘して戦力アップ(CD売り上げ的な意味で)。ナンジョルノはジェネオンにランティスにキングレコードに大忙しだな(マテ)。
 それは置いといて、前期から思っていたことだが、翼が装者としてよりも歌手であることを優先するのが今ひとつしっくり来てないのであった。というのも、前回に時点でノイズの一件をまったく考慮せずに世界進出を計画してたりしてたわけで。今回も護衛任務よりもライブ優先してるしなぁ。
 本人が戦士として心構えができてるのに、戦闘任務を捨てて歌うっていうことに納得がいってないのであった。この辺はマリアの言う保身に『視聴者』が見えてしまうということになるんだけど、それは演出的にマズイんじゃないかね。


 そして、もうひとつしっくり来てない相変わらずの異常な平和主義者っぷりを見せ付ける響であった。
 まぁ前期も親友たる未来を不可抗力とはいえ殺しかけたクリスに対してまるで怒りの感情を見せずにやっぱり説得しようとした響であるので、そういう意味ではキャラは全くブレてないんだけど。
 前期ラスボスであるおっぱいにはそこを突かれて月落としを敢行されるという大失態を演じ、それを命懸けで防いだことで帳尻を合わせた響であるが(まぁ結局死んでなかったんで帳尻合ってないんだけど)今回はどうするんだろうかねぇ。
 正直、フィーネ側の指揮官とあまり協調出来てないような感じもするんで、お約束の指揮官ポカの内部分裂になりそうで嫌だなぁ。


 その命懸けの捨て身の最終奥義・絶唱すらもはや制御可能なレベルまで持ってくる響のチートさ(ニガリ)。
 まぁ響は他の装者と違って完全適合者なので絶唱の負荷も違うんだろうが。
 そして、黒幕の白衣がもう普通に出てくるっていうね。なんでこの作品こんな分かりやすく作るんだろう。これはもう伏線のレベルじゃないからなぁ。

戦姫絶唱シンフォギアG

戦姫絶唱シンフォギアG 『EPISODE 1 ガングニールの少女』

Vitalization
Next Destination(初回生産限定盤)(DVD付) (期間生産限定盤) (通常盤)
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング1
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング2
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング3
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング4
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング5
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング6
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング7
戦姫絶唱シンフォギアG キャラクターソング8


 新番リストの中で一番驚いたのがこれだったりする。よくあの出来で続編作れたなぁ(えー)。
 別に変則2クールっていう終わり方でなかったんで純粋に続編なんだろう。音楽の力か。

 閑話休題。
 アバンで一瞬完全別主人公になるのかと思ったがそんなことはなかった。
 しかし、前回と違って響にちゃんとした訓練を積んだ形跡があるのが救い(笑)。そして、決死の共闘で完全に仲間となったクリスが普通にデレるようになって可愛くなったもんだ。
 技の見得きりは前回よりもカッコイイぞ! 前回から響無双だったが、正式な訓練を積んだことでさらに一騎当千度が増した気がするな(笑)。シンフォギアはやろうと思えばなんでもありなシロモノだし。


 もう黒幕隠す気無いだろ!(笑)。
 いや、最初に白衣の新キャラが出た時点でこいつがラスボスなんだろうなぁと思ったわけだが、まさかこんなあからさまにするとは。
 米軍に引き渡したところで通常兵器では歯が立たないんだから装者が離れた時点で基地襲われるだろうと踏んでいたら、速攻すぎてむしろ笑った(えー)。
 そして、あからさまに怪しい行方不明と重要機密のロスト、完全に仕組まれた襲撃だったな。今回紛失したソロモンの杖はノイズの行動を掌握できる完全聖遺物。おそらく、この襲撃の前にソロモンの杖は敵側に奪取されていたんではないだろうか。つまり、司令部内に内通者がいる可能性が高い。
 …前回のおっぱいといい、大丈夫かこの組織(えー)。


 相変わらずライブシーンには力が入る。いや、前回と比べて作画レベルは向上してるんだけど。前回は1話の時点でヤバかったもんなぁ。
 音楽面も日笠を招聘してやはりガチで固めてきてるわぁ。水樹奈々と肩を並べるっていうのはさすがだな、歌は(えー)。
 というわけで、ソロモンの杖を手中に収めたことでノイズを盾に世界に宣戦布告。ソロモンの杖の能力を考えると、あまりにも管理がおざなりだったと言わざるを得ないなぁ。通常兵器の利かないノイズは最強の軍と言っても過言ではない。唯一対抗できるシンフォギア装者は数が限られてるし。
 マリアは翼と同じ境遇なんだろうなぁ。アバンで絶唱を使った少女はガングニール装者だったんだろう。同じ境遇で敵対するっていうのは構図としては王道だなぁ。

profile
Author:★Yuuki
Twitter
祭囃子~東北、めぐる~
東日本大震災チャリティー同人誌 2011夏 祭囃子 ~東北、めぐる~
GENさんが参加してるので是非!
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top