絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第二十四幕 それぞれの物語』


 あーもー最悪だ。最悪すぎる。
 吉野を連れて行った愚行の結果がただ腕をかすめただけっていうくだらないオチ。これだけのために姫様が動揺しながら戦い続ける苦行を強いられたなんて…。
 そして、これまでの描写カットが仇となって羽村の不甲斐なさ満点。魔法使いとして成長した過程と覚悟完了がすっぱりいかれたことで、土壇場で諦めるっていう恐るべき選択をするなんて有り得なさ過ぎる。
 絶園の魔法使いはしかるべきときにしかるべき方法を取ればはじまりの樹を倒せるようにシステムが組まれているのだぞ? そして、その然るべき方法とは『はじまりの樹を倒す』という明確な意思決定なのだ。絶園の魔法使いは人類の意思決定代表としてその力を振るうことが許された唯一の存在だというのに、その羽村が最後の最後で諦めるなどあってはならない。羽村が諦めたらそこで試合終了なのだ。コンテニューのない世界滅亡が待っている。
 だから、この状況で絶園の樹が力を貸すことなどありえない。この剣ははじまりの樹に対する絶対無二の最終兵器なのだ。はじまりの樹を倒すという明確な意志なしにこれを授けるなど絶対にない。


 劣勢に追い込まれながらも諦めず、はじまりの樹を倒す力を心の底から欲したからこそ、絶園の樹はその最後の役割を果たすべく絶園の魔法使いの元へ駆けつけるのだ。
 アニメのヘタレ羽村にそんな力を貸し与えるわけがない。


 終わってからも姫様の不抜けっぷりが抜けないっていうね。
 もうさ、完全にこの最後の吉野と葉風が向き合うシーンを入れるためだけに葉風を色ボケにしただろ。そして、そのためにだけに吉野達を前線に出す展開にした。
 岡田麿里はこれをいいシーンだと思ったんだろうさ。だが、キャラ設定を崩壊させてまで、それどころか世界設定を崩壊させてまでやることじゃない。これじゃ葉風は色ボケで周りの見えない馬鹿にしか見えん。


 原作のフォローを入れると、葉風は自分の無力さ・常識の無さを自覚している。だから、資格や免許とったり一人暮らししたりして自立できるよう努力してるのだ。後先考えず男のところに突っ走るなんて愚行はしない。


 ちなみに、羽村の彼女は意外と美人だし、真広の彼女は可愛い(えー)。


 そして、原作通りだったら愛花のブラが拝めたものを(マテ)。


 総評。
 原作は置いといて話の流れを評価しようと思っていたんだが、最後にとんでもないことをやってくれたのでそうもいかなくなってしまった。
 この最終話手前2話分の改悪は本気でどうしようもない。それまでに積み上げてきた世界設定・キャラ設定をたった1シーンのために潰すというアホさ。
 これまでの端折りは最低限に止められていたと言っていいかもしれないが、ここだけは許せない。辻褄が合わなくなってるもの。
 やはり脚本・岡田麿里はもう観ないことにしよう。池田眞美子・吉村清子とともに永久に封印決定。

絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第二十三幕 はじまりの戦い』


 前回の終わりから嫌な予感がしてたんだが、奇しくも当たってしまったよ。
 なんで吉野と真広を現場に連れて行っちゃったかなぁ…。
 どう見ても足手まといじゃないかよ。わざわざ超絶戦闘力を持つ夏村を下げて吉野&真広のコンビにする意味がわからない。フロイライン・潤兄さん・夏村が強襲組に選抜されてるのは魔法が使えなくても最小限の武器で複数人を軽くあしらえる戦闘力を持っているからなんだぞ。いくら経験値があるといっても魔法の使えない高校生の腕っ節と一緒にするな。ましてや吉野なんかその腕っ節もない。
 前回の万一発言と合わせて真広の覚悟完了が説得力かけるわ。真広風に言うならば理屈に合わない。作戦の成功確率どう見ても下げてる。その理由が『見届けたいから』っていう個人的な願望なのもなおさらダメ過ぎる。
 そして、吉野を前線に引っ張りだしたことで姫様の覚悟完了が未完のまま最終戦の突入しないといけない羽目になってしまった。その吉野ですら揺らぎまくってる始末。これじゃ羽村の一喝が逆効果みたいじゃないかよ。
 二人がおとなしく待っていればこんなグダグダなことやる必要がなかったのに、なんだこれ。


 姫様どころか羽村にすらここまで来て覚悟完了できてねぇ!?
 なんで誰もがモヤモヤしたまま最終戦に突入しなければならなかったんだ。
 そして、予想通りの吉野・真広組にアクシデント発生する始末。失敗するべくして失敗してる。これはただの間抜けだろ。
 これは改悪だ、助長による改悪だ。
 シリーズ構成・岡田麿里の名前を見た時からこんな事態をもっとも恐れていたのだ。原作通り運んでいればいいと本気で思っていたのに。
 今までも描写の省略はいっぱいあったが、本筋を見せられる程度に抑えられていた。だが、これはもはや物語の根底を覆しかねないレベルの酷さ。

絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第二十二幕 不破愛花』


 ヘタレよくやったぁぁぁっ!
 ここに来て一番の“まともな感性”を持ち合わせた羽村の渾身の一撃! 論理で動く他の面々とは違う感情での一喝は、愛花の思惑の最大の盲点をクリティカルヒット。
 理屈で納得できても感情に決着付けない限り一生ついてまわるのだ。だから素直に愛花に生きていて欲しかったと言えばいい。


 というわけで、真の喜劇を目指すために目下の障害を排除する計画を発動するわけであったが。
 ここで真広が言うから説得力があるのだっていう話になるんだが、アニメだけの表現では真広の覚悟の度合いが薄いんだよなぁ。これだと真広の計画では被害をゼロに抑えられるように見える。
 実際には真広ははじまりの樹周辺の艦艇にいくら被害がでようともそれで世界が救えるならOKという考えの持ち主である。この作戦で犠牲が出ることは確実だと確信してる。だから“万一”なんて言葉は使わせたらいけなかったんだよ。

絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第二十一幕 ファム・ファタール(運命の女)』


 フロイラインが最終試験説をあっさりと語るもんだから検証チームの苦労が報われねぇ(笑)。
 そして、ほぼ同じ内容の正解を出題者から語られてしまってはさらに立場がない(えー)。結局そのに行きつけなくてもしかるべきときには答え教えてくれることになってたっていう。


 いやぁ、面白いなぁ。
 何が面白いって、愛花の論理は姫様が全員を納得させた論理そのままっていうね。それを自分で否定してボロ負けっていう、感情で納得できなくても理屈で納得せざるを得ない。
 だが、やはりこれは悲劇だよなぁ。愛するものが死んで幸せになることなどあるわけない。結局は愛花が吉野と真広が愛花の死を納得するものとして進めているから成立する論理なのだ。
 つまり、愛花自身が相手を幸せにする努力を何もしてないのが問題。遺されたものが幸せになるかどうかは遺されたものの努力次第というところがあまりにも不確定。それは信頼ではなく押し付けな気がする。
 愛花はもっと吉野達を幸せにする努力をすればよかったんだよ。

絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第二十幕 フーダニット(誰がやったか)』


「実はこれは、カツラなのです」
 なっなんだってーっ!!!?
 これが本当だったらどんだけおもろかったことか…っ!? くっ!?(えー)。
 しかし、左門がこうなって余裕かましていられるもの今だけなのであった(マテ)。
 まぁそれはともかく、姫様の殺す覚悟も殺される覚悟も潔すぎて、これがフロイラインが言っていた危ない状態だということには違いない。ただ整合性が取れてるだけに左門の潤兄さんも口を挟めなかったのが痛いところだな。そりゃ先行き不安ですわ。
 そんなこんなで、無事過去には飛べたわけだが、一方で羽村が潤兄さんを打ち負かすという恐るべき実力を身に着けている事実を原作読んでない人は唐突に感じるんだろうなぁ。
 アニメでもちょっと触れられていたけど、残りの絶園の果実を飛ばして絶園の樹に吸収させることで絶園の魔法使いの力を高めた結果なのだが、アニメではこの果実を飛ばす描写がばっかりいかれたのでまったく実感が無いっていう。
 左門や早河達が果実を飛ばすことで起こる被害を最小限に食い止めるために奔走したり、果実を飛ばすことにも舞姫とのバトルを仕組んだりして結構緻密なことやってたんだがなぁ。


「さしずめ、あなた方なら「絶園の魔法使い」とでも呼ぶ者でしょうか」
 なっなんだってーっ!!!?
 女子中学生が下校途中で焼き鳥を食っている…だと!?(マテ)。
 冗談はさておき、これ見ただけで姫様よりも完全に実力が上だということがわかる魔法の使いっぷり。この時代では絶園の樹の復活はまったく不完全だというのに羽村よりも格段に使いこなしてるわぁ。
 

絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第十九幕 願ったものは』


 わーっ!? 端折られた!? すげー端折られた!?
 後半を1クール分で収めるのは無理だろうと思ってたけど、まさか原作6話分くらいを1話でまとめるという荒業をやってのけるとは思わなかった(笑)。


 姫様と早河の貴重な駆け引きがばっさりなくなってしまったよ。
 早河の手腕を認める姫様は、その姫様を子供と言い切る大人視点の早河に対して自分が子供であることを認めつつ論破する。早河を説き伏せることで姫様は自分の行動の正当性を証明してみせるのだ、ただのわがままじゃないよと。
 そして、フロイラインの宇宙人兵器説には世界各地の神話を元にフロイラインが用意した検証チームが推敲したもっとしっかりとした仮説だったのだが、なんともあっさりとした説明に荒唐無稽さだけが残ってしまったなぁ。戦闘でも端折られてイメージダウンしたのに、知略でもまた落ちるハメに。


 このやり取りは残して欲しかった(えー)。


 中の人にまでテンパリスト認定されてしまった左門さん(えー)。富士山麓まで樽の回収に向かってたのよー。
 姫様は惜しげも無くおっぱい攻撃をかましてくる。やっぱ発情してるんじゃね?(マテ)。
 実は絶園の魔法使いVS舞姫の戦闘もかなり飛ばされてしまっている。舞姫の目的は羽村に経験値をつませることにあり、戦闘内容も徐々に厳しいものレベルアップしていくのだ。
 そして、羽村自身にも力の自覚が徐々に芽生え更に葛藤するわけだが、最初のヘタレとは違った躊躇だから成長が見れるというのに、このあたりもばっさりですわ。

絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第十八幕 舞姫』


 今までどんな状況でも冷静さを失わない異常性をさらけ出してきた吉野がついに感情を吐き出したよ!
 冷静でいられる故に感情でさえ自分の客観視出来てしまうという異常。客観視出来てしまうが故に感情に大して諦めがついてしまうという悲劇。
 これで吉野はようやく愛花の死を諦めるのではなく受け入れられるようになったんだろうなぁ。


 そして、この姫様の余裕っぷり(笑)。
 吉野を落とすどころが落とした気満々ですよ! 元は自信の塊のような人だから、一度弾みがついたらもうとことん突っ走るわぁ。
 まぁここで恋に耄碌して本筋の方に思考が回らなくなることがないのが葉風だからまだいいよね。まともに考えてそうでいつも頓珍漢な左門とは比べるまでもない(えー)。
 ところで、フロイラインが提唱した宇宙人説であるが、普通なら突拍子もないで一蹴されるところだがこの作品に限ってはそうもいかなかったりする。なぜなら、この原作者の前作が、ヴァンパイア王VS人間&ダムピール連合の戦いからいきなり宇宙人との全面戦争に発展したからだ(笑)。

絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第十七幕 マリンスノー』


 もう姫様の一喜一憂を愛でるだけのアニメになってないか。
 思えば、潤兄さんが恋愛感情を自覚させてしまったから余計にこんな事態に。恋人の死亡を知らなったからこそのあえての告発だったのだが、完全に裏目に出てる(笑)。
 そして、回想のたびに吉野に殺意が湧くアニメになってるね(えー)。


 潤兄さん乳好きだな!!(笑)。左門と同レベルのトンチンカン推理を展開するとはやはり鎖部か(えー)。真広は最初から恋愛感情に関してはぶっ飛んでるんで結局左門レベル(マテ)。
 唯一まともだったのがヘタレでも普通に恋愛をしていた羽村だけっていう。
 吉野もついにフロイライン以来の告白に来た。まぁこれで姫様が「吉野フリーだぜ、ひゃっはーっ!」ってなるはずもなく、結局は姫様の恋愛を成立させるためにはじまりの樹が2年前に愛花を殺してましたっていう疑念が続くんだろうなぁ。

絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第十六幕 徘徊する亡霊』


 もうね、とりあえず吉野は爆発すればいいと思うよ?
 彼女でも着物の下に下着着ないのかなんて聞いたら引かれるわ! それを微笑がえして答えた上に足チラとかまでもうどんだけハイスペックなんだと!!
 恋する乙女モードの姫様、相手が悪すぎる。もうまるで勝てる気がしない。姫様も十分なスペックだというのに。
 羽村のがんばりはもはや空気(えー)。


 夏村の高校生時代…槍持って登校してたんかなぁ(えー)。
 あんだけ樹の力を見せつけられても、魔法の存在を正確に確認できてないっていうのがアンバランスだよなぁ。別に政府側も一枚岩じゃないんだな。早河も苦労して魔法側と接触してるんだろう。
 しかし、双子婆さんノリいいなぁ(笑)。

絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第十五幕 何やら企んでいるようであり』


 男二人で初売りに行かねばならない正月とは…哀れな奴ら。彼女持ち(死亡済み)と恋せよ乙女のリア充とはわけが違うぜ!!(マテ)。
 一方の絶園の魔法使いの力が半端ねぇ!? はじまりの樹ですら念じるだけで一撃粉砕とかもはや世界最強人類といっても過言ではない。鎖部一族でも本気で攻められたら文字通り全滅する勢いだ。ヘタレでよかったな(えー)。
 このはじまりの樹消滅をここまで情報統制で押さえ込めるっていうのがフロイライン達の凄さだよなぁ。始まりの樹を信奉する人間が出始めてる現状でいきなり謎の消滅なんて大事件が発覚したらどんな混乱になるか。


 や…やったッ!!
 さすがヘタレ! おれたちにできない事を平然とやってのけるッ! そこにシビれる! あこがれるゥ!
 傍から見ればどう見ても惚れてたからなぁ。映像で確認しなくても話を聞いただけの奴にそこまで言われてしまうっていうのはもう確定的に明らか。
 もう一方の恋する乙女・姫様も他人に指摘されないと気付けない世間知らずっぷり! ただ素直に認めるだけ真広よりマシ(笑)。そしていつも通りの左門(えー)。
 そう、姫様の願望をなんでも叶えてしまうもしもボックス・はじまりの樹を力があれば、その恋愛もすっかり叶えられてしまうのであった。例え人を殺してでも。まぁすでに死んでるけどね!?(マテ)。

絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第十四幕 あけましておめでとう』


 なぜこのサブタイを前回持ってこれなかったし(笑)。
 というわけで作中でも新年早々恋せよ女の子ゴーゴー状態の姫様。完全無欠の最強お嬢様が初めて救われた白馬の王子、そりゃ惚れるわぁ。こういう展開をなぜISでは出来なかったのかと(ry)。
 しかしアニメではまったくいいところがないフロイラインは、順兄さんも認めたおっぱいアピールしか出番がないのか(笑)。


 ついに現れた絶園の魔法使いが! ヘタレ!!(えー)。
 力があることを自覚しながらこの体たらく、絶園の樹は人選間違ったとしか思えんな(笑)。
 しかし、本気の触手プレイ姫様の防御ですらやすやすを突破できる力っていうのはやばい。はじまりの魔法使いと違って絶園の側はこの世の理を破壊する力だから、殺傷能力抜群な上に供物を必要としない。いろんな制限のある姫様より強いのも道理。
 まぁぶっちゃけそんなことよりも、したり顔で吉野=絶園の魔法使い説を話し合っていた左門のメタ視点でのトンチンカンっぷりがオモロくてたまらなかったわけだが(マテ)。

絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第十三幕 夢の理』


 ここに来てまさか本編に絡めた総集編持ってくるとは思わなかったなぁ。
 正直このあとの展開を考えると1クールで収まるとは到底思わないんだが、この余裕っぷりは2クール行くんだろうか? でもそれだと逆に時間余りそうな気がする(笑)。
 とにかく、愛花の足を堪能できて僕満足(えー)。いや、別に真広のモノローグ必要なかったんじゃね? とか思ってましたけど。
 はじまりの樹が猛威を奮って世界が平和になりました。で、済むはずもないんだが、この状況で復旧が1週間で済んでる辺りが日本の順応力の高さかな(そうか?)。

絶園のテンペスト

絶園のテンペスト 『第十二幕 しばし天の祝福より遠ざかり……』


 供物がなければ、ミサイル落とせばいいじゃない!!
 はじまりの理の力が揺るぎなさすぎる。すべて裏で操ってましたって言われても疑いようがないぜ。つまり姫様の挟みっぷりも視聴者サービス用の理!!(えー)。
 唯一の望みですらあっさりと撃破された左門さん、もうライフはゼロよ!


 島でのサービスシーンなんて飾りですよ! 偉い人にはそれがわからんのですよ!!
 でも半裸のほうがいいという説もある(マテ)。
 突然の裸族にも動じない姫様マジ男前。突然の裸族に動じない真広はただ遊び慣れてるだけ。突然の裸族にも動じない左門さんはただ絶望してるだけ(笑)。


 樹VS樹による怪獣大決戦が!
 もうお前らで決着つけろよって感じだ(笑)。なんで人間の判断を挟む必要があるのがい~ま~の~僕~には~理解できな~い。
 暴走するはじまりの樹を抑制するためにあえて姫様という抑制材料を入れてると言われても不思議じゃないぜ。本当に人間が必要ないのならこの時点で鎖部一族は魔法使えなくなってるはずだしな。

profile
Author:★Yuuki
Twitter
祭囃子~東北、めぐる~
東日本大震災チャリティー同人誌 2011夏 祭囃子 ~東北、めぐる~
GENさんが参加してるので是非!
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top