TALES OF THE ABYSS

TALES OF THE ABYSS 『#26 新たな世界』


最終決戦で技の出し惜しみもないぜ。今までが出なさ過ぎたんだけど。
つーかジェイド以外の譜術初めて観たぞ(えー)。そして回復系ももしかして初めてか?

ローレライを吸収したヴァンが硬すぎるぜ。
セブンスフォニムそのものなんだから譜術が効くはずもなく、物理攻撃にいたっては論外。出来るとすればローレライの剣だけだろうが、当たらなければどうということはない。


あれ、譜歌効いちゃった(えー)。
やっぱティアがいれば無敵なんじゃ…。いや、今回のはローレライが中から反逆した結果だけど。
ジェイドもようやくここでインディグネーション炸裂、全員での怒涛の攻撃はお約束だぜ。

「ユリアは世界を愛していた、譜歌は世界を愛したユリアがローレライに捧げた契約だって。だからわかったの、ユリアはスコアを覆してほしいと願っていた、皆に幸せに生きていてほしいって」
ローレライもユリアも胡散臭いことこの上なかったんですが、なんのことはない、ローレライもユリアも自分では未来を覆せなかっただけか。ローレライ自身でもどうにもできないかった世界崩壊を止めるために人に自分の力を一部を授けたのだろう。
ヴァンはユリアの意図も分かっていたんだろう。だが、ユリア残した世界崩壊のスコアの原因がヴァンそのものだったことに気がついていたのだろうか。


ルークの存在がスコアを覆した。
もしも、あの場所にルークではなくてアッシュが行っていたらヴァンは止められなかっただろう。そして、スコアどおりの世界崩壊だ。

アッシュの死体って消えてなかったんだなぁ。元々の死因がフォミクリー技術の反動で身体の中のフォニムがルークに流れ込んだだけで、身体そのものは大丈夫だったのか。ルークはセブンスフォニムそのものだからフォニム崩壊は止められない。
ローレライの力であれば二人を完全融合させることも可能だろう。しかもおあつらえむきの身体まであるわけだしな。


2年後かい。
スコアそのものは消滅したのか。ていうかローレライそのものが消滅したっぽいよなぁ。譜歌もただの歌でしかないようだ。

漆黒の翼はお勤めは終わったのかい(えー)。
結局スピノザは生き残ってしまったなぁ。こいつは残りの人生レプリカのために捧げてもらおう。


そしてはやり融合して帰ってきた。
どうやらローレライそのものも融合してるっぽんだが。剣はローレライの剣だし。



総評。
ゲームの内容を全部2クールでやっつけることなんて不可能なんで、多少グダグダになることは予想はついていたけど、まぁ予想通り(ニガリ)。
しかし、内容としては上手く詰めたんじゃないかなぁ。ゲームの内容知らないけど、かなり沿っているのではないだろうか。
残念なのは、ゲームでの醍醐味である戦闘がはしょりすぎていたところ。せっかく技のオンパレードの作品なのに全然生かされず、ボス戦にいたってはほとんど数でおして一撃で決まってしまうパターン。

主人公たるルークの成長もちゃんと表現できていたし。作品のテーマもしっかりと出てたし。
押さえる部分は押さえてるという感じなので楽しく観れたのは間違いない。ゲーム販促で作られたようなやつなんかより最高にマシだ、時間がなかったのがもったいない。いつかゲームやってみたいなぁ。

まぁ感想を一言で言うと、カルマは名曲だったと(えー)。
内容全部把握してから聴くと、出来がいいということがわかる。

TALES OF THE ABYSS

TALES OF THE ABYSS 『#25 存在を賭けて』


さすがに終盤に入って戦闘シーンはよく動く。
が、イラプションはそんな高等譜術じゃないと思うんだがアビスでは違うのか?(笑)。初っ端にインディグネーションかましてたから今更イラプションごときでは。

前回でルークに見切りをつけたアッシュは最後の対決に。途中までルークにすべてを託そうと動いていただけにこの戦いは寂しいねぇ。だが、アッシュの代わりを拒むルークとしてもすんなり受け入れるわけには行かない。
しかし、敵兵空気読みやがってわざわざ罠にかけた敵を全然始末しに来る気配がねぇ(えー)。


だからリアル戦闘で動きを封じる術は最強だと第1話から言ってるだろう(笑)。
つまりティアがいれば無敵。最初からしなかったのはティアが個人で突っ込んだからだしな。そこに私情よりも戦況を重要視してあえて待ったをかけたジェイドの勝利。ヴァンには通じなさそうだけどね。
しかし、同じ戦術でラルゴが1度やられて復活してるからこれで倒せた気が全然しないんですけど(ニガリ)。本当にあれって本人が生きてたのだろうか。絶対フォミクリーだったって方が説得力あるんだが。シンクも前回倒した奴と同一人物っぽいしなぁ。

シンクは一番哀れな奴だったかもしれないなぁ。
生まれてきて良かったと思えるものが1つもないと言い切れてしまう人生。他の六神将は自分の信念で戦いに赴いたが、シンクにはその信念すらなかった。

ところで、この戦いは熱かったなぁ。特にシンクにインターセプトかけるアニス。
そして、ガイの剣を鞘に収めるとき、剣の上下逆じゃないかね?鞘がっていうか剣が捻じれてる様に見えるんだが(ニガリ)。基本的に日本刀は刃が上だよね。


アッシュ…いや、ルーク、いい死に様だった。
レプリカに自分の居場所を追われ自分の命すら削られながらも、最後にはそのレプリカの存在を認めることが出来てよかった。自分の代替ではなく、同じ信念を持った存在として託すことが出来て安心して逝けただろう。

実はカルマの歌詞にルークとアッシュが融合すると匂わせる描写を2,3日前に発見して、もしかしたらこうなるんじゃないかと薄々思ってたんですがドンピシャリだった(笑)。
つーか、毎週聴いててなんで今まで気付かなかったんだ(ニガリ)。

これでルークは生き残る方向に行くんだろうか。最後にはヴァンと心中するような気がしないでもないけど。
あと、自分で立ち上がったティアの時と違い、あえて厳しい言葉でナタリアを立たせるジェイドの心意気に敬礼。

TALES OF THE ABYSS

TALES OF THE ABYSS 『#24 栄光の大地』


アッシュは未だにルークは自分の代わりだと思ってるのか。未だに劣等感があるんだなぁ。しかも、能力的にはやはりアッシュの方が上だからもどかしい。
アッシュにとっては自分の後を託す存在と位置づけかもしれないけど、それはレプリカを代替とする考えでしかないんだよね。


ガイは本当にいい男だなぁ!
ジェイドにはレプリカ達の今後のために頑張っていただきたい。
ルークは成長したなぁ。しかし、このまま死ぬのか生き残るのか。個人的にはルーク死亡・アッシュ生存でいってほしいんだよね。

TALES OF THE ABYSS

TALES OF THE ABYSS 『#23 悲しき決別』


パーティ分け、譜術が使えるティアとジェイドを入れるのは戦力的に偏ってるよなぁ。
ヴァンは普通に生きてたのか。なんか、ローレライの取り込みって行き当たりばったりだったんじゃねーか。そして、そんな行き当たりばったりで取り込まれるローレライって…。

ラルゴは結構な事情だったよなぁ。母親は自殺してたのか。


アブソリュート出て来た。後半になると高位譜術出てくるなぁ。
しかしモース弱い、グランドクロス一撃で即あぽーん。
基本的にボス戦が一撃で決着ついて全然強く感じないよなぁ、このアニメ。

ガイも負けじと全然出番のない剣術で魅せるぜ。熱波旋風陣とか、普通に炎出せるんだなぁ(笑)。
ラルゴも一撃程度で膝を着くようではダメだよなぁ。
しかし、ラルゴの場合本気で戦うつもりはなかっただろうなぁ。自分で「敵に情けを掛けるな」とか言っておいてわざわざルークにとどめさす前に話しかける必要はない。ナタリアが撃たなかったら殺すつもりではいただろうが。
自らの信念で剣を収めることはできず、それでも実の娘を手にかけることも出来ず、すべての信念を貫くためには戦って娘の手で死ぬ以外方法がなかったんだろう。

TALES OF THE ABYSS

TALES OF THE ABYSS 『#22 消えゆく者』


ディスト、結局てんで役に立たずに終わったよな(笑)。
まぁ悲しい奴だったことは違いない。

ルーク犠牲作戦はまぁそりゃ遂行されてしまう。為政者なら、1人の命と世界人口の全員を天秤に掛けたら言われるまでもない。しかも、ルークは過去に自分の身勝手で数万の犠牲を出してるしな。
しかし、実際にその状況になって死の恐怖に打ちひしがれるのも道理。それでも、ちゃんと背中を押そうとするティアもその意気やよし。自分も同じ境遇だったたけにルークの気持ちはよく分かる。
無論、ガイの友情大爆発も見逃せないんだぜ?そして、冷静に状況判断しているために冷徹な自分に嫌気が差してるジェイドもな。


まぁここでルークが本気で死ぬとは思ってなかったわけで(笑)。でもぶっちゃけ、過去の罪が重大だっただけにここで死んでもおかしくはないとは思ってたけど(えー)。
結果的に二人で行ったためにルークの負担が多少減少して紙一重で生き残った感じだもんな。こりゃ最終回に両方死ぬか。いや、ローレライ取り込んで生き残る可能性もあるか。アッシュは病気っぽいから無理そうだけど。
正直、ルークは死なないと罪の清算が出来ないと思うんだよなぁ。罪の分人一倍苦しんで成長したルークだが、今回の一件もアッシュに力借りちゃったし。

つーか宝珠ですよ宝珠。一体どういう原理でフォニム変換なんてややこしいことに。
ルークのせいっていうかローレライの渡し方の問題じゃないのか(マテ)。

TALES OF THE ABYSS

TALES OF THE ABYSS 『#21 古の塔』


ラルゴ、気付くの遅ぇ!何ヶ月経ってると思ってるんだ!!
そして、やはり健在だったシンク。おそらく3番目だな(えー)。イオンの口ぶりからしてシンクのストックはいっぱいありそうだよなぁ。

アッシュの両親再会はようやくだったか。
ルークの親父は初め胡散臭いことこの上なかったが、死ぬとわかってて育てるのはそりゃ虚しかっただろうなぁ。あの無関心さには納得。


スピノザはいつ死ぬんだろうか(マテ)。
超振動って確か複数のセブンスフォニマーで共鳴させて起こすのが通常だったはずだから、普通に世界中から集めて超始動起こす程度では無理なのだろうか。まぁ死ぬ勢いでやっても1万人必要なんだから、そんなにセブンスフォニマーがいると思えないけど。大体、それができるなら外殻浮上なんてことやってないしな。
ていうか、最初ルークのレプリカ大量に作ればいいじゃんとか思っちゃったよ(最悪)。

あのレプリカたちって捕縛とかせずになんで野放しなんだ。数が数だからか。
このままレプリカが存在しても処分困るし、このままアッシュが命と引き換えに障気の中和にいってしまいそうだなぁ。お母さんの「二人で帰ってきて」っていうのも死亡フラグっぽいし。
アッシュがあそこまでルークをクズ呼ばわりするのは、自分が死んだ後に世界を託すのにルークが心もとないからだろうなぁ。素直じゃない奴め。

TALES OF THE ABYSS

TALES OF THE ABYSS 『#20 森の墓標』


いや、そんな重要アイテムをずっとひとりで探してるのはどうなんだ。なんで何ヶ月もほっとくかなぁ。
つーか、いろんなことがご都合主義ですっ飛びすぎてさすがに着いていけないぜ。

って、殺劇舞荒拳だとぉぉぉっ!?
アニスがアビスでの奥義伝承者だったのか。殺劇舞荒剣の伝承者はもういないのかなぁ(笑)。
アリエッタの復讐はイオンに関しては正当性があるのでこれは仕方ない。問題なのは陶酔してるヴァンが最悪だったことだな。
しかし、ラルゴは本当に復活してきてるのか微妙なのはなんとはしてくれないかなぁ。最初のジェイドとの一戦はどうみても致命傷だったから。

TALES OF THE ABYSS

TALES OF THE ABYSS 『#19 最期の預言』


将軍の最期が椅子って、全然外傷なかったし。
ティアの倒れ方も事前に変調なしだもんなぁ。

ルークやイオンのような意識別ではかく、無意識の完全レプリカの生成が可能なことがこれで証明された。これで意識の同調を利用すれば完全なレプリカが作れる。ヴァンが目指したのはそういう世界だろう。
で、このレプリカはこの後どういう処理したんだ。


イオン、マジでスコア詠んだだけで逝ってしまった。
モースは結局なにがしたかったんだ。いまさらスコア詠ませたところでなんにもならないし、なにが失敗だったんだ。
つーか、アリエッタ遅いよ(笑)。なんで外から行ったルークたちのほうが先に行ってるんだ。

TALES OF THE ABYSS

TALES OF THE ABYSS 『#18 アブソーブゲート』


いくら尺がないってもさぁ、事件の首謀者との最終バトルがこんなあっさり終了はないだろ。
これじゃ完全に数でまさったルークたちが一瞬でけりつけましたって感じだよ。ヴァン弱すぎる。元来、ヴァンはルークやガイの剣の師匠であり、譜歌の使い手でもある。それだけで結構な実力の持ち主なのに。

そして、アクゼリュス崩壊以降てんで語られなかった超振動がこんなところで都合よく登場。なんだよ、こっそり練習してたって。
理由付けが全然されてないからしらけるなぁ。


とりあえず、お母さんがレプリカの事情をちゃんと知っててほっとした。

アッシュはやっぱりローレライの意志で動いてるのかなぁ。
ともあれローレライが言ってるくらいだから、ヴァンは生きてるだろうなぁ。おそらく倒したのはレプリカだろう。
しかし、ローレライ暗躍説も捨てきれないんだよなぁ。スコアなんてものを残した理由が未だ不明だからな。

TALES OF THE ABYSS

TALES OF THE ABYSS 『#17 崩壊の序曲』


おっさんは後々ヴァンに殺されそうだから、アニスもそんなにぶーぶー言わなくてもいいよ(えー)。

外殻を落としただけで障気を抑えられるかものすごく疑問だったのだが、普通に可能なのか。じゃぁ最初からそうしておけって感じもするよなぁ。わざわざ上空に大地を作り出す必要ないじゃん。
そしてすんなり明かされる第7譜石。もうすでに消滅していたのか。


アッシュはマジで病気持ちだったのか。
アッシュはローレライの意志で動いてるものと思っていたのだが。

ディストって六神将として役に立ったためしがねぇ(笑)。
むしろ、情報漏洩で足引っ張ってるし。こいつの力って実際どのくらいなのだろうか。


来たぜ、雪山!やっぱり雪山登山は必須だぜ!!
そしてさすがに毛皮のマント装備してくれた(笑)。

ところで、そもそも六神将ってそんなに戦闘力ないんじゃ(えー)。
それぞれの一人当たりの戦闘力が同等と考えられるので数で勝ってる以上ルーク達に分があるよなぁ。
そして、やはりヴァンも黙って見ているわけなかった。2重3重と手を打って抜かりはないぜ。

TALES OF THE ABYSS

TALES OF THE ABYSS 『#16 地核突入作戦』


非道なり、ヴァン!!民間人でも容赦なし!!
でも、じいさん達でしっかり足止め食らってるのが詰めの甘さだよなぁ。

しかし、動機が世界に絶望して崩壊って安いよ。まさか、本当にそんなちゃちい理由で動いてるとは思わなかった。それとも、これはブラフかなぁ。


地核降下って結構簡単に降りたよなぁ。大規模な譜術を使ってるのは分かるが、脱出まで飛行艇で出来てるわけだし。
つーか、海に空いたあの巨大な穴はなんだ?外殻が落ちた穴?

そして、シンクの出生がついに。両方ともレプリカという線があったか。
が、シンクは何しに侵入してきたのか分からないよなぁ。足止めするくらいなら、とっとと装置もしくは飛行艇を破壊すればいいものを。ヴァンへのささやかな復讐かな。

ティアはやっぱりユリアの直系だったか。
ローレライはどうも、自分の意志で動けない様子。ローレライを制御することで、セブンスフォニムを世界に循環するようにしたということか。それをやった人物がいるとすれば、ユリア以外考えられないよなぁ。
今の外殻がセブンスフォニムを力で支えられているのなら、ユリアが障気によって荒廃した世界を救うためにローレライの力を利用したとしても不思議じゃない。

そもそも、スコアというものが存在する理由がわからない。
スコアってローレライの意志をユリアが読み取ったものだったと思うから、どうもローレライが人間を操ってなんか企んでる様に見えるんだよなぁ。

TALES OF THE ABYSS

TALES OF THE ABYSS 『#15 それぞれの決意』


この世界は『おにいさん』って呼ぶのが普通なのか(マテ)。

それはともかく、ルークの指摘はもっともだったのにいままで誰もそのことに触れなかったのはなんでだ(笑)。外殻降下作戦なんて個人レベルで同行できる話じゃないということはジェイドあたりが気付いてもよさそうだが。

アッシュはルークと共鳴して普通にナタリアのことが心配できやがっただろ。憎いなぁ、こいつ。


ナタリアとイオンの独壇場だぁぁぁっ!ここで使わねばなんのための権力か!!

まさに皇女、いや女王の風格!今こそ立ち上がれ!!
ナタリアが王位継承の暁には、さぞ立派な指導者になるだろう。雇用問題に取り組んだ実績もあるしな。

で、モースのおっさんはどうなった?(笑)。


なるほど、ヴァンもフォミクリー実験の被験者だったのか。
ヴァンが自分の力のせいで故郷を滅ぼしたことを引きずりつつ、それがスコアによって決められていたことに反発して事を起こしているのか。
ルークを作ったのがスコアを狂わせることが目的だったのは明白で、しかも自分と同じ状況にルークを追い込んで自分の罪の意識を薄れさせたな。

しかし、ルークの親父は普通にいるな。ルークを軟禁していたのもスコアどおりに事を運ぶための措置だっただろうし、自分の息子が死ぬことを助長してたのに。
母親の方は事情を知らなかったと思いたい。

TALES OF THE ABYSS

TALES OF THE ABYSS 『#14 閉ざされた過去』


アッシュは王道的に病気持ちというわけではないと思うが。
ローレライの力でヴァンの行動を感じるところがあるのだろうか。

テイルズの世界はなんか変な脇役いるよね。マッハ少年いないのかなぁ(えー)。
しかし、クリフォトの大地液状化を止めようとしてたのか。つーか、クリフォトの大地ってみんな液状化してるのか。あの街は人工島なのだろうか。
しかも解決方法が記載された記述が即行見付かるって…。はしょりすぎにも程があるだろ(笑)。

あぁ、あの過去映像の少年ってやっぱヴァンだったんだ。前回のでそうじゃないかと思ってたけど、年が離れすぎと思って排除してたんだけど。あれ、じゃヴァンって結構若いのか(笑)。
ヴァンの目的は復讐ではないと思うんだけどなぁ。


アニスのお母さんの言動は怖いよなぁ。金は必要だよ。こういう人がいるとスコアの存在の危険性ってのはよく分かる。
アリエッタは脱獄しましたか。ヴァンが手を回したかもしれないな。
今回の一件で奇しくも復讐の相手と同じ立場になったアリエッタの今後の行動はいかに。

ガイのトラウマが壮絶すぎるぜ。そりゃ女性恐怖症にもある。
つーか、メイドばっさばっさ斬りやがって!!こいつら正気か!?(マテ)。
ジェイドは、みんながガイを疑うわけ無いとわかってただけじゃなく、ガイ自身がヴァンと繋がっていた負い目を引きずらないようにもしたわけだな。憎いねぇ。


イオンがクローズドスコアを詠んだ事が無いというのはおかしい話だが、どうやらかなりの体力を消耗するようだから、必要に迫られなかったから放置していたのか。
しかしアニス、地震があったとはいえさすがにちょうちょ追いかけて崖っぷちまで行って落ちましたは情けなさ過ぎる(ニガリ)。

セフィロトを起動できるということは、この力は血統によるものということか。
ヴァンもティアももしかしてユリアの直系じゃないのか?



カルマ / supernovaカルマ / supernova
BUMP OF CHICKEN

ようやくちゃんと聴いたんですが、やっぱいい曲だった。もう3年も前の曲なのか。
これをそのまま主題歌にしたのは大正解だよなぁ。

profile
Author:★Yuuki
Twitter
祭囃子~東北、めぐる~
東日本大震災チャリティー同人誌 2011夏 祭囃子 ~東北、めぐる~
GENさんが参加してるので是非!
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top