輪るピングドラム

輪るピングドラム 『24 愛してる』


 生きることが罰だと言い切ってしまう作品ってのはすごいな。その罰を受けて生きていくには誰かに愛してもらわなければならない。その代表は普通は子供なら親なわけだが、親から愛されなかった子供=罰を受けた子供は罰に耐え切れずブロイラー行き、つまり死というわけか。
 晶馬は最初は誰からも愛されなかったが、冠葉には愛してくれる存在がいた。真砂子とマリオである。真砂子とマリオによって運命の果実たる林檎が冠葉にもたらされ、冠葉は愛される側に選ばれた。これで冠葉の生存戦略成功。
 そして、冠葉はそれを晶馬に分け与えた。つまり、冠葉に愛されることで晶馬の生存戦略成功。
 その晶馬が陽毬をブロイラーから救い出すために陽毬を愛して救出。晶馬の林檎を渡すことで陽毬の生存戦略成功。だが、半分の林檎では罰には完全に対向できなかった。
 陽毬に渡したはずのピングドラムを晶馬が持っていたのは、陽毬が出ていったときに戻ったと思われる。晶馬のピングドラムが完全な球体だったのは、半分は苹果の愛があったからだろう。
 そして、その愛に報いて晶馬は苹果の罰を冠葉と共にすべて背負ったのである。


 まさかあの子供の会話が物語を要約してようとは。
 恐ろしく大胆な伏線だったんだなぁ。いや、すげぇ怪しかったけどさ(笑)。
 しかし、晶馬と冠葉はどうやって生き残ったんだろうね。子供の会話から推測するに、自らの死をと引き換えに愛を貫いた二人にはご褒美として林檎が与えられたということか。完全に元に戻ることは出来なかったけど、陽毬の涙によって二人への愛は有効だということが証明されてるということか。


 総評。
 考察しがいのある作品って最近はめっきりであったが、恐ろしく難解なようでテーマはしっかりと主張してたなぁ。じっくり見る時間がなくて全然考察できんかったが(えー)。面白かった。
 ただ、惜しむらくは、結局桃果と林檎(の中の人)の正体が不明のまま終ってしまったこと。おそらく南極に眠っていた精神生命体のようなものと推測されるが、まさか桃果達がそのまま得体のしれない力を持った人間でしたっていうことはないと思うんだよなぁ。
 見直せばまた印象が変わるんだろうな。

輪るピングドラム

輪るピングドラム 『23 運命の至る場所』


 こんな真正面から挑んでいたのか桃果。
 これは目の前でないと使えないっていう制約でもあるんだろうなぁ。でなければ正面きって戦いを挑むような馬鹿な真似するわけないし。
 彼女の正体が桃果っていうのは一度考えたんだけど、そう考えるよりも彼女が桃果に力を与えたと考えたほうが自然だと思ってたんだよね。実際桃果はあのペンギンの帽子になったわけだし。やっぱりマリオの方についてたのも彼女だったんだな。
 しかし、冠葉と真砂子の二人に接触するようになったのは偶然じゃあるまい。死んだ夏芽の親父に関係してるんだろうか。
 ていうか、医者の本体は黒ウサギの方かよ!?まぁ医者本人は死んでるんだから実態があるわけないんだけど。


 冠葉がただのガキにしか見えなくて困るな。
 いや、ほら、自分の境遇に辟易してどうにもならない怒りを世間にぶつけるために無差別殺人事件起こすみたいな?…そのまんまじゃねーか!(えー)。


 おわーっ!?完全に日記消失しちゃったよ!?とりあえず苹果は頑張った。ていうか、よく燃え移らなかったな。水槽に投げ入れればいいのにって思ったのは内緒だ(えー)。
 最後の切り札まで失ってこれでどうやって止めるのよ。
 と言いつつ、ピングドラムって=運命って感じだから、運命は自分達で切り開くものさ、なんていうベタな終わり方しか想像できん(マテ)。
 帽子桃果が呪文暗記してましたとか。いや、桃果が呪文暗記してたら日記必要ないんだけどね。
 または、実は百合さんが渡したのはダミーで、呪文の後半の書かれた部分は無事でしたとか(マテ)。

輪るピングドラム

輪るピングドラム 『22 美しい棺』


 怪しすぎるぞアイドル(笑)。逆に目立ってるが、正体バレなければ成功なのか(えー)。
 しかし、ダブルHってなんのための存在なんだろうなぁ。トリプルHからの離脱を余儀なくされた何者にもなれない陽毬に対する、アイドルという夢を叶えた何者かになれた人間のメタファーかね。
 冠葉はマジで両親が生きていたと思ってるのかなぁ、これ。ただの幻じゃなくて完全に医者の見せた幻影だろう、以前に真砂子の爺さんがマリオに憑依してたし。あれも医者が真砂子を追い込むためにやったことだろう。
 って、あれ!?陽毬死亡フラグ!?自分から!?これって彼女の意思なのかなぁ。もうすでに彼女の力では陽毬を生きさせることはできなくなってたけど。


 犯人お前かよ!?なんなんだこいつ!?はた迷惑すぎるぞ!?
 うーん、初期の苹果のストーキングもなかなかにデンジャラスだったが、ヤンデレ化した奴は生死に関わる迷惑を発揮するからたちが悪いな。今の苹果は可愛いし(えー)。
 多蕗は自分が百合を愛してたことに咄嗟に庇ったことで気付いたんだな。多蕗達は不幸であったが、重要なのは自分を愛してくれる存在であった。桃果だけが特別だったわけではなかったのである。


 ぎゃぁぁぁっ、真砂子が別の方向に覚悟完了しちゃったよ!?
 冠葉にとって真砂子はやっぱり大切な妹だったんだよな。だからこそ身を呈して庇ったんだよな。でも陽毬のことは完全に妹として見てないんだよな。つまり、愛するものは家族だけじゃないということだよな。
 冠葉は、陽毬が諸馬のことを好きだったことに気付いていたんだじゃないのかなぁ。だから妹という家族としての陽毬に拘ってたのでは。

輪るピングドラム

輪るピングドラム 『21 僕たちが選ぶ運命のドア』


 幽霊かよ!?そんなのありか!?確かにラーメン屋での3人の並びで、冠葉だけが違う場所にいるという演出があったけど、目的が違うっていう意味だと思ってたわ。
 いや、そっちよりも真砂子が冠葉の実妹だったことに驚愕するべきか(笑)。
 真砂子の親父死んでたんだなぁ。真砂子が陽毬を過剰に敵視してたのは、本来の自分の場所に居座っていたからだったのか。
 しかし、血の繋がりを否定した冠葉が、義理の両親の幻を見てたのは皮肉な話だな。本当の父親には否定されたことに傷つき、義理の父親には肯定されたことを拠り所にしてるというのは、家族とは血縁ではないということを肯定してると思うが。

輪るピングドラム

輪るピングドラム 『20 選んでくれてありがとう』


 なんてこった、こんな子供の頃から出入りしていたのか。そりゃ今でも冠葉は幹部でいられるわけだ。
 まぁこの頃はどういうことをしていたのかわかってなかったんだろうがなぁ。
 しかし、これってテロ事件以降数年後の話だろう?この時点で信者の何人かは逮捕されており、改名すら余儀なくされてるのに首謀者の親父達がその後しばらく経ってからでないと逮捕されないっていうのはおかしな話だなぁ。逮捕された信者っていうのはテロ事件とは別口ってことか。この時点で警察はテロとの関わりを突き止めてないのか。逮捕された信者の中に真砂子の父親が含まれてるんだろうなぁ。

輪るピングドラム

輪るピングドラム 『19 私の運命の人』


 うわ、冠葉はマジで組織にどっぷりだったのか!?普通に両親と接触できてたことに驚愕。
 つーか真砂子さんが日記の効力についてまったく知らなかったことのほうがビックリだよ!?てことは、前回の陽毬救出って多蕗のガチってことに。どんだけの運動性能持ってるって話だよ(ニガリ)。
 いや、まだ百合さんが片方の日記を使ったってことも考えられるんじゃ…。本気で多蕗のこと好きっぽいし、多蕗が復讐に手を染めるのを阻止したかったのかもしれない。
 で、ここに来て陽毬本当の兄妹じゃない説が来ちゃったよ!?冠葉と晶馬が兄弟じゃないかもとは思ってたけどお前もか!?

輪るピングドラム

輪るピングドラム 『18 だから私のためにいてほしい』


 とりあえず、桃果が相当凄い人間だったことは分かった。
 これ表現ぼかしてるだけでえらいエグいことをやってるよなぁ。普通なら規制物だが、それをあえて記号的に表現することによって直接的な描写じゃなくてもエグさを残してるっていうのがさすが。
 さて、この最後の陽毬ダイブはどういうことなのか。
 正直、多蕗がこの状況で寸止めしたとは思えないので、別の力が働いたと思われる。すなわち日記の力。半分の日記で効力が出るのか疑問だが。存在そのものを消す程の力はいらないはずだから使えるんじゃないかと推測。
 百合さんと真砂子のどちらかって話だが、これは消去法で真砂子一択。百合さんが多蕗のように復讐心を偽装してたとは思えないし、多蕗相手に偽装する理由もない。真砂子はただ冠葉を助けたかったからという動機もある。
 しかし、百合さんは本気で多蕗のことが好きだったんじゃないかね。

輪るピングドラム

輪るピングドラム 『17 許されざる者』


 病室でたこ焼きて!?
 タコが恐ろしいことになってるペンギン大戦争。一番強いのが3号であることが判明したな(えー)。
 結局、多蕗も事情を把握した上でアホを演じてたってことだよなぁ。苹果のストーカーも気づいていてスルーしてたわけか。結構腹黒いぞ。


 女優VSスリング、と思いきや思いっきりガトリングで吹いた(笑)。ちょっとかっこいいと思っちゃったよ!?
 って、多蕗が動いたーっ!?
 ふははは、ゆりさんには善人ぶっておいてやっぱりドロドロしてやがったな。苹果に語っていたように考えていたのなら、そもそも苹果のストーカーを黙認しなかっただろうからなぁ。

輪るピングドラム

輪るピングドラム 『16 死なない男』


 まさかのメイドで生存戦略ぅぅぅっ!!
 って、なんだこれは!?まさかこんなハイスペックメイドだっただなんて!!!?しかも声は中原麻衣だった(笑)。
 とりあえず、陽毬はその写真を渡してもらおうか。


 うむ、こんなじじぃはとっとと死んで正解だな(笑)。
 ていうか、自分で釣った河豚で死亡とか思った以上にアホな死に方でビックリだ!真砂子が殺したと言われても納得したのに。まぁ実際に出来なかった辺りが真砂子の限界ってことなんだろうか。冠葉だったら陽毬のために犯罪を犯しかねないし、いやすでに犯罪に手を染めてる可能性もあるか。
 まぁ河豚毒をマジで食ったその意気込みがすごい。その流れでの痺れる発言は笑った(えー)。
 メイド、じじぃの代からいるってことは結構な歳(以下略)。


 冠葉って全部わかってて手を貸してるのか。
 真砂子はこれで痺れる人とは縁を切っちゃうのかなぁ。そうなるとマリオさんが危ない気がするが。

輪るピングドラム

輪るピングドラム 『15 世界を救う者』


 ガチ縛りじゃねーか!?すげーな、この女優!?しかも、普通に受け入れちゃってるよ!?
 ゆりさんは親父が変質者であったか。これだとお腹になにか掘られた痕があるんだろうか。
 桃果は最初から特殊能力持ちだったんだなぁ。これで話が繋がってきたぞ。


 まさか卓球まで伏線だったとは(笑)。
 ていうか、あのスリングショットって卓球で返せるのか(そこっ!?)。
 桃果は運命を変える能力を持っていた。これは時空干渉と見ていいんだろうが、つまりこの時空干渉能力がピングドラムか。そこまでの力を陽毬の中の人らは持っているということか。
 しかし、日記自体に呪文が書かれているという桃果の説明では、苹果やゆりが日記の通りに事を運ぶ理由にはならないよなぁ。日記に書かれたことそのものが呪文なんだろうか。ただ単に日記に書いた内容が現実化するってものでもなさそうだが。
 

輪るピングドラム

輪るピングドラム 『14 嘘つき姫』


 ガチレズかよ!?ゆりだけに百合ん百合んかよ!?
 まぁそれはそうと、晶馬のひねくれっぷりが度を越しててさすgたに苹果が可哀想だったなぁ。せっかくまともになってきたのに。
 晶馬はただ罪の意識を背負いたくないだけだろう。それをあたかも苹果が罪を背負わせてるように振る舞うなんざただの逃避だぜ。
 冠葉って組織の中で結構地位が高いんだろうか。元幹部の息子だから優遇されててもおかしくはないが、仕事の内容がきになるぜ。


 うわぁぁぁっ!?実力行使に出たーっ!?まぁ同じことを苹果もやろうとしてたけど(えー)。
 こうなると多蕗は苹果の行動を全部把握してたと見たほうがいいかなぁ。さすがにもう無関係とは言い切れない。桃華に死に対して同じセリフ言ってるし。日記の存在を知ってたかどうかが鍵なんだが。
 ゆりの身体には多分傷か何かがあるんだろうなぁ。多蕗の指にも相当な傷があったことから二人で何かしらの事故にでもあったのだろうか。それを多蕗が自分のせいだと思ってたのならゆり協力する口実はなるんだが。

輪るピングドラム

輪るピングドラム 『13 僕と君の罪と罰』


 このピンク先生は陽毬の中の人と同じ存在っていうわけだ。
 どうも元々身体がない精神生命体のようなものなのだろうか。こいつの目的は彼女を顕現させることにあるようだ。
 そして、おそらくこいつがテログループのトップじゃないかなぁ。こいつがいないといろんな特異技術が使えないだろうし。
 スリング姉ちゃんのところのマリオも中身はおそらく彼女なんだろうなぁ。陽毬と一緒に死にかけてたし、彼女の他に同じような存在いるとは思えないし。てことは、日記の半分を持っていったのも別の彼女の一派かもしれないな。そいつも名前に『マリ』が付くんだろうか(笑)。

輪るピングドラム

輪るピングドラム 『12 僕たちを巡る輪』


 うわぁ、マジでやりやがった。
 さすがにそのままサリンを使うことはなかったが。同時爆破テロに切り替わった。しかし、主人公の親がテロ組織の幹部ってすげぇな。
 で、ここの親父、二人いるように見えるんだよなぁ。つまり親父も双子。ていうか、生まれた知らせがどうも一人しか生まれてないような言い方なんで、冠葉と晶馬どちらかがもう一人の親父の子供の可能性もある。
 そして、このテロ組織、生存戦略の関係らしいので、冠葉が裏で関わってるのはこの組織だろうなぁ。


 あれ、冠葉の寿命削ってたのか。ちゃんと生き返るのにもエネルギー使ってたんだなぁ。
 親父も誰かを生き返らせるためにテロを起こしたのだろうか。それにしても、テロ組織の規模がでかいが。組織的にあの超常の存在を研究してるということかなぁ。あの記憶消去の玉もその過程の産物か。

profile
Author:★Yuuki
Twitter
祭囃子~東北、めぐる~
東日本大震災チャリティー同人誌 2011夏 祭囃子 ~東北、めぐる~
GENさんが参加してるので是非!
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top