地獄少女 三鼎

地獄少女 三鼎 『第二十六話 魂の軌跡』


なん…だと…?
つまり、あいはゆずきに成仏してほしかっただけか?

あいは自分のような境遇の少女たちを何人も見てきた。未練が残り成仏出来ない彼女たちをなんとかして救いたかったのだろう。しかし、地獄少女たるあいには現世の理に干渉する権限はなかった。
あいは前期で自分の未練を断ち切っていたはずだ。だから本来はもう地獄少女の仕事をする必要はなかった。だが帰ってきた、彼女たちを救うために。おそらく自分の罪を償った時点であいは彼女たちの救済に向かったと思われる。山童に会ったのはその間であろう。
だが、自分では彼女たちに干渉することが出来ない。彼女達を見つけてもなにも出来なかった。だから、あいは彼女たちに地獄少女を継承させ、自分のように未練を断ち切らせようとした。人に恨みの念がある限り地獄少女は存在し続けるのだから。

ゆずきよりも前の彼女たちは上手く行かなかったようだ。
そして、ゆずきは上手くいったが問題が発生した。自分と同じように自分の力で人を殺めようとしてしまった。それは禁忌。あいの場合、つぐみが結局契約を結ばなかったために軽かったが、ゆずきは自分で地獄流しを慣行しようとした。即地獄行きだ。
あいとしては救うつもりで逆効果。ゆずきを助けるためには自分から咎を背負うしかなかった。

結局、ゆずきを成仏させることは出来たものの、あいの背負ったものは大きかったなぁ。
一度は自由の身になったのになぁ。

あと、真山梓はゆずきの事件と関係なかったのね。もうすっかり話の内容忘れてたわ(えー)。



総評。
1期の頃からだが、個々の地獄流しがメインじゃなくてそこから派生する主要人物の話が主軸なんだよね。ただ、今までの話は主軸が現れるのが話の後半になってからなのでそのあたりの移行がうまく行ってなかった感があったのですが、今回は最初からゆずきが主軸として展開していったのでそのあたりは改善されたような気がする。
けど、やっぱり個々の地獄流しとの直接関係が薄い感じが否めなかったなぁ。地獄流しがメインの話の時は地獄に流す依頼人が主人公になっちゃうからあいやゆずきの影響が薄れるんだよなぁ。
だからゆずきの話がイマイチ浸透せずにそのまま終わってしまった。

これ以上続編は作らない方がいいだろう。ていうか作れるのかね。すでにあいの地獄少女永久継承は確定だからなぁ。もう地獄少女として彼女たちに干渉できない。
あるとしすれがつぐみのことだろうなぁ。つぐみならあいの出来なかった干渉を打ち破れるかもしれない。今後彼女たちを救えるとすればつぐみしかいない。

地獄少女 三鼎

地獄少女 三鼎 『第二十五話 ゆずき』


ゆずき、不憫な娘だ。
ここで秋恵の親父が出てくるとは、ゆずきの人生狂わせたのが親友の父親とは皮肉なものだ。っていうか、あれって全部ゆずきの妄想だったんだからそうでもないのか。


地獄少女になって最初のターゲットが真山梓。秋恵を地獄に流した張本人じゃないかね?つまり、あの真山梓が言っていた警察がもみ消した事件とはこのバス事故のことか。

どうも、この襲名は本当になったのか疑問だなぁ。今までの地獄流しがゆずきの妄想の世界での出来事あったのなら地獄流しそのものが妄想だった可能性はないのか。そして秋恵って本当に地獄に流されたのか?

地獄少女 三鼎

地獄少女 三鼎 『第二十四話 蜉蝣』


はじめちゃん、疲れちゃったのかぁ。寂しいねぇ。
しかしそれを責められるようなことじゃない。こんなこと一生かけてなんて無理すぎる。そりゃつぐみだって諦めモード。

そういえば、地獄少女って死んでないとなれないんだからつぐみが候補なわけないんだったよ。
つぐみの能力ってあいの怨み対象の直系だからだったのかなぁ。ゆずきのは資質だろうけど。おそらくこの世に未練がある霊でないと地獄少女にはなれない。

地獄少女 三鼎

地獄少女 三鼎 『第二十三話 日暮れ坂』


またイジメかよ、ネタ尽きたのか。

貧乏でどうも親父がロクでもない奴だったようだが、だからといってこいつに同情する気はさらさらない。こいつがやってることはただの八つ当たりだ。気に障った言動だったとしても、それを相手に原因があるとするのは筋違いだ。


今までの依頼者が勢ぞろい。これでも3分の1だもんな。
そろそろこの街も危ないよなぁ。

そしてゆずきの家が廃墟同然に。
いよいよ幽霊説が本格的になってきた。

地獄少女 三鼎

地獄少女 三鼎 『第二十二話 華と月』


結局流されたのは妹の方だよな。
わざとわからないように作ってあるけど。

しかし、ここに来てゆずき人間じゃない説が浮上とは。幽霊の一種かね。
そういや、あいも死んでからなお怨念によって人を呪った罰として地獄少女になったんだっけ。
つぐみはちゃんとした人間だよな、地獄通信で名前書かれるんだから。

で、なんで加藤夏希だったんだ。下手なのはいつものことだけどさ。
自演乙はまぁ分からんでもない(えー)。自演乙はやらないかで入場しちゃうような人間だからなぁ(笑)。

地獄少女 三鼎

地獄少女 三鼎 『第二十一話 うしろの正面』


これはまさかのバッドエンドもありえるのかもしれない。
少なくとも最後のシーンで笑っちゃだめだ。それは地獄流しの肯定に他ならない。

この家族は輪入道たちの言うとおりおかしい。
自分の子供が死んだ途端に継子に優しくなる母親も、美人の再婚相手のために自分の子供を殺そうとする父親も、全部分かってて何もなかったように幸せを感じる子供も、皆壊れてるよ。
罪を犯してそれを償わずに幸せになれるはずがない。だから地獄流しは否定されるべきであるのに、最後にそれを肯定するような感情を抱いてしまったのは、地獄少女襲名へ一歩一歩近づいてる証拠。

つぐみは最後に否定できたが、ゆずきは果たしてどうか。

地獄少女 三鼎

地獄少女 三鼎 『第二十話 地獄博士対地獄少女』


最近つぐみ分ないと思ったらいきなり来た(笑)。
ていうか、幼女つぐみ久々だな!そういや、お前も昔は地獄流し止めようと奔走してたよね、すっかり忘れてたわ(えー)。

輪入道たちは気付いてなかったのか!名前で気づけよ、同僚たち(笑)。てっきり無視決め込んでるものとばかり。つぐみは気付いててスルーだと思うけど。
いや、ホントはじめちゃんはどうしたんだろうなぁ。なんか死んでるぽいよなぁ(えー)。


ロシアンティーとは気が合うじゃないか、最近飲んでないけど。
そしてなぜあいの肌襦袢は透けてないんだ!!(マテ)。

あれって確かつぐみが多分6,7歳の頃だったと思うから、かれこれ20年弱くらいぶりになるのかなぁ。今つぐみっていくつだ。
それとも、あの後も地獄流しを阻止しようと奔走していたのだろうか。2期の時点でもあの街にしたしな。あれは多分小6程度だったと思うが。


おお、ここまで科学的に呪いを分析できるのか。この博士すごいな。
地獄通信ってパソ通の時代もあったのか。電話とかなかったのかなぁ。そして地獄通信は特定の地域で集中して起こるものだったのか、今回が特別ではなかったんだなぁ。

あいは地獄流しの矛盾に前から気付いてたよなぁ。1期でその描写があった。
しかし、地獄流しはあいの罰はずなんだが、それは2期で解消されたのではなかったかなぁ。記憶が曖昧でわかんね(えー)。


つぐみが思いのほかやさぐれてる…。やっぱり、あれ以降も地獄流しの気配は察知してたんだろうなぁ。
つぐみがあの時はじめを流してたらつぐみも地獄流しの罰を背負わされていたのだろうか。

地獄少女 三鼎

地獄少女 三鼎 『第十九話 雪月花』


遺産目当てで毒盛るほうもイカれてるけど、頭蓋骨に花挿すことに運命を感じてる方もイカれてるわ。

輪入道たちの潜入捜査ってちゃんとばれないように細工されてたのね。
ゆずきは元々能力保持者だったんだろうなぁ。あいに取り付かれたことで目覚めてしまったのか。
あいの目的が地獄少女の代替わりというのはわかったが、わざわざ2代目を襲名させなければならなかったのか。
なんにしても、このままゆずきが地獄少女になるとは思えないけど。

つーか、つぐみの出番ってもうないの?(笑)。

地獄少女 三鼎

地獄少女 三鼎 『第十八話 スペシャルレディオ』


三重野瞳やりやがったな(笑)。これは現役のラジオ構成作家ならではのネタ。
詳しくは知らないけど、ラジオの構成台本ってどの程度かかれているものが普通なんだろう。アニラジだとここまで完全台本って言うのは早々ないとは思うけど、FMだとそういおうこともあるのだろうか。

ところで、知里子役の悠木碧って紅で紫の声やってた子役だっけ?演技上手くなったなぁ(笑)。確か他にもちょくちょくなんかやってたよなぁ。

地獄少女 三鼎

地獄少女 三鼎 『第十七話 藁の中』


ここまでわけ分からない話も今までなかったな。
おそらく時空が歪んでる。
いろいろ考えたけど、一応の解釈を書く。

まず、ヒカルという男の子は山童の人間の頃の姿だろう。でないと元々山童に冬虫夏草が寄生していた理由がない。
死んだ後、過去に飛んだと思われる。

アンブロシアとは不死の薬とされているが、おそらく時空を歪める効果があるのでは?
だから富士子は年老いた姿と若い姿を交錯させ記憶も曖昧になる。

地獄通信を使ったときは若い姿で且つ地獄通信自体が新聞広告の時代であるから戦前、もしくは戦時中。理由は利三郎がヒカルを実験台にして殺したから。
だが、アンブロシアの効果により時空が歪み、ヒカルが死んだ後過去に飛び山童となり、正規の時系列が崩れた。派生した時空でヒカルは本当に事故で死亡したために地獄通信を使う事象が消えた。
しかし、山童が現れアンブロシアの完成度が増していくにつれ、異なった二つの時空が干渉するようになり、完成間近になった現時点において地獄通信の依頼がきた。

利三郎は元々そういう力の持ち主だったと思われる。呪文唱えてたし、アンブロシアなんてものを精製しようとしていたことから、西洋魔術の類だろう。この世界にはそういう存在は前シリーズから確認されている。地獄少年とか。

「嘘だ、私はヒカルを殺していないし、人体実験にも使っていない、あれは事故だ、悲しい事故」
「じゃあ何故?」
「人あらざるものは必要だった、永遠の命の研究のために、私の研究のために」
「じゃあ、その薬を作るためにわざと?」
よくわからないのがこの会話。
富士子の「何故?」はなにを示している?答えから「ヒカルは実験台にしなかったのに何故山童を実験台にしたのか?」ということだろう。

では、きくりの「わざと?」とはなにか?なにをわざとやったというか。
初めは、わざとヒカルを人あらざるものにするために殺して過去に送ったと思ったが、それでは山童に冬虫夏草が寄生してる理由を知らないわけがない。
それとも、利三郎自身が時空の交錯で記憶が混同しているのか。


お仕置きタイムサボりありなのか(えー)。
それはそうと、富士子と一緒にいたヒカルは事故で死んだ霊だろうなぁ。


と、いろいろ書いてみたものの、これがあってるとは到底思えない。
結局どうだったのか、ちゃんと説明してくれないこのあやふやな作りはどうなのよ。

地獄少女 三鼎

地獄少女 三鼎 『第十六話 誘惑の罠』


地獄流しの後話という変則展開でしたが、オチはまぁ予想できた。そんなうまいこと行くわけなし。
しかし、ロリコン男もダメだが、その女もダメダメすぎる。
見てるだけといいつつ写真撮ってりゃもう犯罪です。それを見逃したこの女も相当壊れてるな。


って、未来予想図だと!?あいはそんな能力まで持ってるのか!!
あいの目的って、やっぱり恨みの連鎖を断ち切る人間を探してるのかなぁ。あいの罰としての地獄流しって前回で完結したと思ってたけど。

地獄少女 三鼎

地獄少女 三鼎 『第十五話 兎と亀』


あろうことか、過去回想シーンになるまで釘様であることに気付かなかったよ!ぶっちゃけありえなーい!!

なんつーか、恨みの内容が意味不明だよなぁ。
結局は昔のことをすっかり忘れてた怨念が引き金だろうが、もっと根本的には「何も出来ない」と思われてるのが癪だからってのがもっともらしい。最初の理由は、彼氏がらみだろうが。
それほど壊れていたのか。
兄貴の方がよっぽど分かりやすかったなぁ。

で、あいは何故に芋(笑)。

地獄少女 三鼎

地獄少女 三鼎 『第十四話 怨みの街角』


なんか、恨みのレベルが極端だよなぁ。これはさすがに短絡的過ぎる。
電話できるときに素直に電話して置けばよかっただけの話なんだよね。安易に他人を信用すると痛い目見るって話で。
なにもしてなくても連絡なしに朝帰りだけで中学生は十分まずい。

で、あいがそんな神経質だとは知らなかった(笑)。


祝・スケスケ肌襦袢復活!!(えー)。
つーかおばあちゃんまだいたのか(笑)。
ビルの街にガオーっなあいはやっぱりギャグなのであった。浮き沈み激しいなぁ。
ちょっとばかし親切にしても根っから悪党じゃ逆効果よ~ってなもんで。

ゆずきの意気込みは分かるけど、まぁ無理だろうねぇ。
少なくともあの街だけでも今までで10人以上使ってるからなぁ。実体が復活した今、他のところまで範囲が及ぶとどうしようもないな。
つーか、今までは実体が無かったからあの街限定だったのかね。

profile
Author:★Yuuki
Twitter
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top