戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリア 『第二十六章 決戦』

戦場のヴァルキュリア 1 [DVD]
戦場のヴァルキュリア 2 [DVD]
カナシミレンサ [Single] [Maxi]


 さすがの第七小隊も敵陸上戦艦内での白兵戦では負傷者続出。っていうかここでも死人は出ないのかよ!!スージーですら負傷したというのに!!!全員かすり傷って…。
 あとロージー!お前その階段遮蔽物にならないから!!なぜ撃たれん!!ていうか、帝国兵なぜ撃てない!!!第七小隊マジ不死身。
 相変わらず弾薬尽きないし。

「お前は第七小隊を率い、どんな無茶も可能にしてきた男だろうが!なら、お前の傍にいる限り無茶ってことはないのさ!」
 無茶を可能にしてきたって言うよりも、不可能をひっくり返してきたからなぁ。ウェルキンについてりゃ死なないっていうより、むしろ第七小隊が不死身だし。
「そうだな!その通りだ!」
 自分で肯定したし(ニガリ)。

 だがそのウェルキンガードもファルディオには効かなかったという、第七小隊じゃないからな(えー)。ファルディオは自爆という最悪の最期だったなぁ。
 普通であれば主人公にすらなれるポテンシャルの持ち主だったのに、ウェルキンと戦局の異常ですっかり翻弄された人生だったなぁ。トンデモ脚本の一番の被害者なのはファルディオかも知れない。

 で、イェーガーどうなったんだよ?


 聖槍単体でバカスカ撃ちまくってるから人工的に盾と槍を再現するくらいはあると思ってたけどさ。また結局扱いきれずに自爆という結果。
 マクシミリアン、本当に小物の最期であった。帝国にはまともな指揮官はいないのか…。

 アリシアはアリシアで愛の力で全部OKですか、そうですか。よかったですねー(投げやり)。
 つーか、マクシミリアンは聖槍のエネルギーで全部巻き込む予定じゃなかったのか?アリシアを止めたからって結局はすんなり脱出できてちゃマクシミリアンの最期の意地って一体…。


 結局エーデルワイスは最後まで出てこなかったなぁ。完全にヴァルキュリア人に喰われた。
 姫様はカミングアウトはいいのだが、これって喜んでるのダルクス人だけなんじゃ?普通に国家転覆しかねない暴露なのにむしろ歓迎ムードなのはなんでだ?戦争終わったから?一応停戦にまで持っていった名君ってこと?
 エミール生きてやがったか。結局第七小隊で死んだのはイサラだけか。可哀想に、マジで何で死んだのは意味不明だったなぁ。
 で、イェーガーすんなり後ろにいるんじゃないよ。お前にはマクシミリアンに止めを刺す重要な役割があったのに、一体何のためのキャラだったんだ。一番まともそうだったのになぁ…。


うまいことまとめたつもりか?
 ファルディオ、お前完全に忘れ去られてるよ…。



 総評。
 滅茶苦茶だった。これがすべて。
 原作ゲームが評価高いと聞いているのに、これではそっちの評価まで下がりかねん。

 一番の敗因は戦争描写の拙さ、これに尽きる。
 マジで脚本書いてる人間はなんの下調べもせずに書いたんだろう。戦争という人の命を扱う話でフィクションの許容範囲を超えたご都合主義がバンバン出てこられても納得できるわけがない。物理的に不可能なことが起こり過ぎ。素人の自分ですらツッコミどころ満載だったぞ。
 どうやら戦争描写よりも人間関係を重点的に描きたかったようだが、大元の戦争描写が歪んでるのでその中に生きる人の感情さえも歪んでしまった。戦争物で軍事描写を軽んじたツケがここに如実に表れてしまってはもう見るところがない。
 特にロージーとイサラは最悪。マジでロージーが生き残ってイサラが死ぬ意味が分からない。ロージーにそこまでする価値はない。
 別に戦争もので恋愛を描きたかったのは構わない。しかし、戦争という中に生きる人間の人生を描きたいのであれば世界観の基盤である戦争をもっと丁寧に描かなければならないのは当たり前だよ。そんな基本的なことをプロの脚本家が分からなかったとは思いたくないが、これではシリーズ構成の横手美智子の評価を下げざるを得ない。

戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリア 『第二十五章 護るべきもの』

戦場のヴァルキュリア 1 [DVD]
戦場のヴァルキュリア 2 [DVD]
カナシミレンサ [Single] [Maxi]


 とりあえず、遮蔽物から身を乗り出して狙撃中に敵からを目を逸らして撃たれたエミールはただのバカ、撃たれて当たり前。
 つーか、腹部にライフル弾撃たれてなんで死なないんだ!?これで死なないんだったらイサラも死なないだろ!!第七小隊マジ不死身。ここで死んだら少しは見直したのになぁ。
 スージーは衛生兵だったのか!?って驚いたが、こいつら最初から役割分担なんかしてなかったからとりあえずなんだろうなぁ。そのあとスージーも銃持って突撃してるし。


なんじゃこりゃぁぁぁっ!!?
 もう何が出てきても不思議じゃないぞ!全員がヴァルキュリア人に覚醒しても、いきなり宇宙から正体不明の侵略者が現れても全然驚かん!!(えー)。
 ヴァルキュリアの歴史が歪曲されてたのは別にいいんだが、この槍はヴァルキュリア人がいなくても使用可能なのかよ。それともヴァルキュリア養成機関の成果なのか?どっちにしろ、あのヴァルキュリア光線ってヴァルキュリア人のポテンシャルじゃなくてラグナイトの力だったのか。ラグナイト万能すぎるだろ。
 結局ガリアの王族は元々ダルクスだったということか。数代前までは本当にヴァルキュリア人だったのだろうが、ダルクス人による王権奪還が成功していたということか。それでもダルクスの差別が広まった現在ではダルクスであることを公に出来なかったのか。
 あの槍を使わなかったのはダルクスの災厄の再現をダルクス人自ら行う事に躊躇いがあったからだろうなぁ。マクシミリアンはあの遺跡で槍の存在を知ったに違いない。

 で、ラルゴは一体どこに向かってロケットランチャー撃ってるんだ?敵去った後じゃん。


 あーあ、過去話しちゃったよ。
 これでますますマクシミリアンの小物っぷりが助長されてしまった。ただの復讐に国の戦争利用するなよ、迷惑極まりない。これだから無能な権力者っていうのは。
 国再建のために矜持を捨ててマクシミリアンについたイェーガーもここまでアホとは思わなかったんだろうなぁ。


 お約束のアリシアインターセプト。
 もう、どうやって短時間に帰ってきたのか突っ込まないぞ!どうせヴァルキュリア人は超高速で空も飛べるんだろうさ(投げやり)。


 頼むよイェーガー、ここでお前がマクシミリアンを始末してなかったらカールが浮かばれねぇ。
 まさかイェーガーがここでマクシミリアンに撃たれないとでも思ってないだろうから、相打ち覚悟でマクシミリアンの首を取っておいてくれ。
 ファルディオはどうやってここまで来たんだ。混乱に乗じて脱出してきたのか。それともマジであの後お咎めなしになってたのか。

戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリア 『第二十四章 決意』

戦場のヴァルキュリア 1 [DVD]
戦場のヴァルキュリア 2 [DVD]
カナシミレンサ [Single] [Maxi]


 ウェルキンたち本気で本陣まで帰ってきたのかよ!これでアリシアのところ行ったって遅いから。そして、それをロージーが先陣切ってるのがムカつく、お前そういうキャラじゃないから!

 ヴァルキュリア大戦は最後の戦い。もう完全に超人バトルの領域、戦争って何かね?
 そしてここに来て帝国軍に押されてるガリア軍、お前らここまで来て退避とかありえないだろ。さすがダモン、戦術は無能な男。


 ちょっとマテ、まさか首都防衛の戦力まで前線に持っていったのか?敵国の総司令官が普通に首都に入ってきてるじゃないか!?停戦協定の場とはいえ護衛の兵もいないし、ガリア軍アホ過ぎる。

 こうなるとヴァルキュリア施設は帝国側の機密部署だろうな。じゃないと仮にも帝国皇太子がそんな施設の回りうろうろしてるわけがない。
 マクシミリアンはドンドン小物に成り下がっていくなぁ。結局は権力闘争目的で始めた戦争か。マクシミリアンに占領された方がいい、そう思っていた時期が私にもありました(ニガリ)。
 そして語られたランドグリーズ家の真実!姫様はイサラだったんだよ!(マテ)。これはつまりダルクス人が身分を偽って王位を継承してきたのかそれとも姫の代だけがダルクスなのかどっちだ?さすがに王家がダルクスってことがバレたらクーデターが起こりかねないが。


「…負けたよ」
 負けんなよっ!!(ニガリ)。
 お約束といえばお約束だよ、軍規違反して仲間のところへ行くというのは。だが、お前らは最初から軍規を守った例がないんだよ。ここでやられても「あー、またやっちまうのか…」ってなるから!!


 う~ん、結局アリシアが勝っちゃったなぁ。
 ここまで来てウェルキンたちの介入なしに自分から覚醒するのってどうなんだ、ウェルキンたちの存在って一体(ニガリ)。
 こんなんで負けてしまうセルベリアも可哀想だなぁ。元々ポテンシャルとして負けてたけどさ。


ダモンざまぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!
 …失礼、興奮が抑えきれなかった。セルベリアナイス自爆(えー)。
 しかし、ガリアの歴史には退勢を大いに覆して戦死した有能な指揮官として英雄扱いされるんだろうなぁ。変なキャラだったな。


 マクシミリアンよ、政略結婚できなかった時の作戦があったのなら、なぜそれをセルベリアとデカブツ戦車でやらなかった。正直アリシア覚醒前だったらいくらガリアの兵力が首都に集中してても占領できたぞ。
 そして極めつけのカール少尉殺害。セルベリアはともかくこれでイェーガー裏切りフラグが立ったと思いたい。マクシミリアン、なんでこうなっちゃったかなぁ…。

戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリア 『第二十三章 愛のかたち』

戦場のヴァルキュリア 1 [DVD]
戦場のヴァルキュリア 2 [DVD]
カナシミレンサ [Single] [Maxi]


 もう普通にヴァルキュリア化できるんかい!完全に大量破壊兵器と化したアリシアに帝国軍兵士もそりゃ全滅寸前。と言いたいところだが正直お前ら普通に弱いからな、ぶっちゃけセルベリアとデカブツ戦車がいなくなった時点で兵力で負けてるから(ニガリ)。
 マクシミリアンは帝国本国すら無視する暴走っぷりですよ、最初の頃の優秀っぽさはもう微塵もなくなったなぁ。セルベリアを丸無視なのはツンデレだと解釈しておこう、今までセルベリアに対してはちゃんとしてたからなぁ。


 第七小隊の面々はちゃんと後悔しててよかった。確かにお前らがいたところで足手まとい以外の何物でもないが、化け物扱いして体よく追い出したのは間違いないんだから反省してもらわないと。
 しかしまた正規軍にケンカ売りやがったよ、正規軍の士官はアホだがお前らも少しは成長しろ。だが、ウェルキンの参戦は大いに結構、ここはドカンと一発かますところだ!!

 ランドグリーズの秘密ってなんだろうなぁ。やっぱヴァルキュリアの血は嘘でしたってこと?もしくは、あのヴァルキュリア人機関はガリアの機密組織だったのか。


 イサラ、死んでも出番あってよかったなぁ(笑)。
 しかし、マジでヴァルキュリア人代理戦争になっちゃった。こうなると兵力差なんて関係なくなっちゃうんだよなぁ。基地が後ひとつなんて状況になる時点で普通は撤退するわけだが、マクシミリアンはよっぽど最終兵器に自身があるんだろうか。それともセルベリアが負けることを考えていないのか。


 ダモンがムカつく!なんだその顔は!!こいつ本当に最終回までに死んでくれないかなぁ(酷)。
 だから後ろの戦車隊はいなくていいんじゃないかい?正直そこに並んでる時点でヴァルキュリア光線で文字通りなぎ払われてお仕舞いって感じだ(えー)。
 ガリア側からすればここを落とせば終了なわけだから遠距離攻撃でネチネチやっちゃえばいいのに(マテ)。

戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリア 『第二十二章 とまどい』

戦場のヴァルキュリア 1 [DVD]
戦場のヴァルキュリア 2 [DVD]
カナシミレンサ [Single] [Maxi]


 ヴァルキュリア人育成機関っていうか超兵機関?(えー)。
 こんなにヴァルキュリア人候補がいたのか。とりあえずアリシアとセルベリアに血のつながりはなさそうでほっとした。
 しかし、これどこの国の機関だ?ガリアとは思えないんだよなぁ、帝国かね。


 まぁダモンの言ってる事も分かるんだが、言ってるのがダモンだから賛同したくないというか(ニガリ)。つーか、ダモンにヴァルキュリア人を扱いきれる気が全然しないぜ。
 ファルディオはそのまま収監されてたか、そりゃそうだ。戦局的にアリシア覚醒は必須だったのは確かなんだが、こんなことでアリシア争奪戦から離脱とはなぁ。まぁ最初から脈なかったんだが(えー)。

「戦争は結果がすべてなのだからな」
「その結果が出てないから心配してるんだがな」
 さすがイエーガー、こっちが言いにくいことをさらっと言ってくれる!
 マジでマクシミリアンの戦績ってなんもないからなぁ(笑)。しかも、それが脚本マジックっていうよりも帝国兵が本気で弱いからどうしようもないな。
 つーか、まだなんか秘密兵器あるのかよ!あのデカブツ戦車完全にかませ犬だったな。


 まぁこうなるのは超人能力を持った人間のお約束。
 アリシアが完全に無理してることが明白なので突きえる隙がいくらでもって感じだ。パン屋の象徴スカーフという小道具まで置いていってくれたしな。ここで止められないウェルキンもヘタレだがなぁ。

戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリア 『第二十一章 はかなき絆』

戦場のヴァルキュリア 1 [DVD]
戦場のヴァルキュリア 2 [DVD]
カナシミレンサ [Single] [Maxi]


 やっぱヴァルキュリア人覚醒のためか…。
 姫を人質にしてまでやり遂げる覚悟はいいんだが、もうここまで来るとヴァルキュリア人の存在がご都合主義でなんでも通ってしまうんだよなぁ。ヴァルキュリア人は瀕死の状態で覚醒するとか視聴者から見たらそんなの知らないって話だし、セルベリアにしたってあの戦力を今まで使わなかった理由がさっぱりわからん。はっきり言って城に潜入してたとき槍と盾持っていってたらそれでガリア侵攻は終了だったはずだ。兵力に損害を出さずに一国を落とせたらマクシミリアンの評価もここまで落ちることはなかっただろうに。


 アホの正規軍と違ってファルディオと同じ戦術でセルベリアの足を止める第七小隊。あの盾は鉄壁だが前方の守りにしか使えないのが弱点だからな、さすがに多方向からの同時攻撃には防戦一方になる。が、黙ってみているわけのないイエーガーである、むしろセルベリア防衛のための戦車部隊でいいよな。これでイエーガーの活躍の場がないとマクシミリアン直属の精鋭が全然いいところないままアニメが終わってしまう(えー)。

 ラルゴはよく生きてたなぁ。
 そういえば、ラルゴは『いつの間にか』隊長補佐として優秀になってたよなぁ(ニガリ)。


 アリシア意識とんでるじゃないか…。しかもなんかセルベリアの妹説が浮上してるし。これでご都合じゃないと言われても説得力ないよなぁ。エーデルワイスの超戦車能力なんて目じゃないぜ(ニガリ)。
 なんでこの展開を最初からしなかったんだろう。完全に超人バトルと化してしまった。今までの軍事描写が酷かっただけに初っ端からこっちをやっていてくれたらまだ見れたのかもしれない。戦況有利の理由だったエーデルワイスが完全に空気だもんなぁ。

 奥の手を更に奥の手で返されデカブツ戦車も失ったマクシミリアン。
 お前も結局は数に物を言わせて押し捲っていたただの無能だったと言うことか。しかも最大戦力を出し惜しみして結果逆転の一手を打たれてしまった。

戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリア 『第二十章 愛しき人』

戦場のヴァルキュリア 1 [DVD]
戦場のヴァルキュリア 2 [DVD]
カナシミレンサ [Single] [Maxi]


「やれやれ、敵さんじゃなくてお仲間の力によってガリアから追い出されるとはな」
 まったくだ、最初の頃のイケイケ具合はどこへ行ったんだ。
 しかしマクシミリアンの言うとおり致し方ない。正直なんであんな練度の低い軍が今まで押してたのか不思議なくらいだぜ、ガリア軍の指揮官がしょぼかったからか。皇帝もまさかガリアを制圧どころか押し返されるなんて夢にも思わなかっただろう。
 そして総力戦による最終決戦に打って出るわけか。そういやあのデカブツ戦車の存在すっかり忘れてたな(笑)。だから最初からそれをあと数輌建造できたらガリアなんて即行で落とせるって(えー)。

 ヘタレ姫様覚醒す。
 まぁヴァルキュリア人として覚醒するのはアリシアの仕事だろうから大いに士気昂揚に役立ってもらおう。


 この期に及んでまだ第七小隊を目の敵にして最大戦力を前線から遠ざけるつもりか、アホ将軍。
 つくづく帝国軍のヘタレ具合が悔やまれる。とっとと本陣攻め落としてダモンを殺ってくれ(えー)。


 だが、ここなら流れ弾で葬れる!(マテ)。


 なんかファルディオの死亡フラグがビンビンと(笑)。
 ラルゴとバーロットの親友と同様にアシリアとの関係が曖昧なまま死なれたら困るぜ。向こうと違ってこっちはすでにファルディオの存在なんてアウトオブ眼中なんだから(えー)。

 しかし、ファルディオはデカブツ相手に大健闘だ!歩兵の装備でよく止めたなぁ。
 だが止めたところで装甲を破れるだけの火力がないのが辛いな。


 マクシミリアン最終兵器ついに投入!
 文字通り一掃する正体不明の光線に戦車砲すら跳ね返す鉄壁のバリア。予想していたとはいえ、デタラメな人間兵器の破壊力にファルディオも呆然だぜ。


 バスク・グラン大佐クラスの国家錬金術師を投入しないと話にならないな(えー)。


 ファルディオ死亡フラグではなくファルディオ以外全員死亡フラグであったか。
 マジでファルディオしか生き残れなかったのか…。義勇軍だけでも半分の兵力を投入してたのがセルベリア一人に文字通り全滅、っていうか義勇軍全体でも戦力の半分を喪失したわけだから全滅だな(ニガリ)。
 正規軍にどれだけの被害が出たのか知らんが、完全に負け戦になったなこれ。つーかセルベリアがいなくても普通にこれくらいやって欲しいところだよ帝国軍。

 ラマール(最後くらい名前で呼んでやる)は完全に死に場所間違えたよなぁ。お前が守るのはファルディオじゃなくイサラだったろうに。


なん…だと…!?
 これは完全に予想外。どういうことなの…?
 セルベリアとアリシアを重ねて血迷ったわけでもなく、ヴァルキュリア人の危険度を慮ってってことでもないだろうなぁ。やるとするならアシリアに槍と盾持って最前線出ろって方だろ。
 イサラの件を考えると普通はこれで死ぬだろうが、さすがにアリシアは死なないだろう。ヴァルキュリア人の再生力がそこまであるというのか。そりゃこれで生き残ったらアリシアがヴァルキュリア人であることは確定だけどさ、それを確かめる手段としてはあまりにも危険すぎる。

戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリア 『第十九章 涙』

戦場のヴァルキュリア 1 [DVD]
戦場のヴァルキュリア 2 [DVD]
カナシミレンサ [Single] [Maxi]


 ヘタレウェルキンのためのブルール奪還作戦ですかい。バーロットも苦労するなぁ。そんな余裕が出るほど本当に戦況が好転してるってことだよな、一体どうなっている帝国軍。そういえば豚の煙幕弾懲罰はどうなったんだ。
 とりあえずエーデルワイスを足蹴にしたアホ隊員は殴ってよし。上官に報告して処分してもらえ。
 って、ザカが補充員かよ!いつの間に義勇軍に…。


 幼女イサラのかわいさが異常。
 しかし、こんな小さい頃からあのしゃべり方だったのか(笑)。

「やはり間違いない、アリシアはヴァルキュリア人だ」
 な、なんだってーっ!?ってなるわけないだろうが!!


相変わらず帝国軍情けなさ過ぎるだろ…。
 もうエーデルワイスの高性能とか戦術とかの問題じゃない。今までもエーデルワイスなしでも相当のヘタレ具合だったが、重要でない拠点としても都市ひとつ占領してる部隊が正面から突入してきた一個小隊(実質13人)に白旗って…。しかも、やっぱり第七小隊は怪我人すらいなそうだしな、スージーまで出張っていると言うのに。
 ロージーがイサラの人形を持ってたのはギリセーフ。マジで墓に置いてきてたらこれ以上堕ちそうにない評判が更に堕ちるところだったぜ。


お前は今、泣いていい!泣いて…いいんだ!!けどさぁ…。
 さすがにこれはないわなぁ。
 別にウェルキンがイサラの死を受け入れられずの泣けなかったのはいい。それをアリシアが解かしてやるのもいい。だが、これでウェルキンとアリシアが急接近なのはご都合過ぎるだろ。
 ウェルキンが立ち直るきっかけになるのは構わないが、これだけで今までの確執が全部吹っ飛ぶのが理解できない、なに手つないでるんだよ。ファルディオの立場は…。
 ロージーの件で不発だったのに、ウェルキンとアリシアの恋愛の架け橋ですらこの程度で終わってしまうとは…。

 イサラという重要キャラを殺しておいて、その影響があまりにもしょぼい。ていうか安易過ぎる。

戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリア 『第十八章 八月の雨』

戦場のヴァルキュリア 1 [DVD]
戦場のヴァルキュリア 2 [DVD]
カナシミレンサ [Single] [Maxi]


イサラ、本当に死んだんだなぁ…。
 今まで物理的なことさえもひっくり返してきたのに、こんなところだけ現実的にしやがって。そりゃライフルで撃たれたら被弾箇所がどこだろうと死ぬだろうさ。でもアニメ的な展開で急所外してかろうじてってこともあるだろ!?それはそれでおかしいのだが、ここでイサラが死ぬよりは何倍もマシだ。
 結局桑島デスヴォイスの呪いには敵わなかったということか(えー)。
 ウホ軍曹の言ってることは実は正しい。イサラが死んだのは敵地で敵兵はいないと思い込んで待機させたのが原因であることは間違いない。完全にウェルキンの油断&命令ミス。ウェルキン自身も分かってるだろうが。

「あたいが死ねばよかったんだ…!!」
 こういうシチュエーションではよくある台詞だが、本当にその通りって思うことって珍しいよな。それくらいイサラの死は無駄だった、話の構成的な意味で。ロージーはそこまでやる価値のないキャラなんだよ。


 豚野郎はいつものことであるが、ここで将軍に楯突いても処分されるだけってのはわかって欲しいよね。なのでウェルキンの対応は軍人としては正しい。


 アームストロング少佐くらいの気質を見せて欲しいところ(えー)。


 落とし穴って小学生かお前ら…。そんなことで満たされるプライドってちゃちいなぁ。あ、そういやリアルで小学生いたな(えー)。飛び級らしいけど。
 あの豚野郎みたいなのがわんさかいるのは承知だが、他の上層部の連中って出てこないよなぁ。最高責任者たるダモンがバンバン威張りすぎて途中の管理職が全然見当たらないのだが…。

 アリシアようやく自分から告白。まぁ状況が状況だけに空回りだが。
 イサラのことやダモンのことはまだ分からんでもないが、今回の落とし穴の件は放って置いたらまずい。ここまでウェルキンが腑抜けたらさしものアリシアも愛想尽かしていいと思うぞ。一方のファルディオは別の隊のことにまで綺麗にまとめる有能ぶりだし。


 第1小隊、ちゃんと死人出てたんだなぁ。それでも3人ってのは少ない。第7小隊は今まで負傷者がアシリア・ラルゴ・ロージーの3人だけで他は怪我した様子もないしなぁ、神がかりすぎだ。
 ファルディオもさすがにウェルキンを見限ったなぁ。ウェルキン完全にやる気なくなってるし。
 ウェルキンって実はこっちの方が素なんじゃないのかね。ウェルキン、英雄たる父親の影に怯えて完璧を求めるあまり挫折には打たれ弱いのでは。ファウゼンの失敗以降ロージーの一件やらアリシアのことやら上手くいかないことだらけでイサラがトドメ。まさに逆境に打ちひしがれて荒んだ反抗期状態。

戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリア 『第十七章 精霊節の贈り物』

戦場のヴァルキュリア 1 [DVD]
戦場のヴァルキュリア 2 [DVD]
カナシミレンサ [Single] [Maxi]


 さて、前回上等兵から大尉にまで登りつめたバーロットについて叫んだわけですが、なんかバーロットって元狙撃兵だったらしくそれならと納得したのであった。実際一兵卒から大佐までいった女性スナイパーいたわけだしなぁ。でも、そこまで考えて階級つけてるように見えないのがこの作品のすごいところだ(えー)。
 しかしな、次回予告で階級を中尉って言ってたのはどういうことか、公式HPではちゃんと大尉になってるぞ。中隊の指揮を中尉が執るわけないので正解は大尉の方だろう。台本原稿間違ってるってどういうこと?

 悪人宰相は今度はダモンの豚野郎と接触ですか。しかし、ウェルキンに嫌がらせするのに悪人宰相に接触する必要あるか?あの一件の失敗で今度は軍部によるクーデターでも引き起こしかねないな。なぜか戦況も回復してるし。
 って、ちょっとマテ、ランドグリーズでの一件って先月のことなのか!?じゃファウゼンの交戦はどれくらい前なんだ?少なくとも1ヶ月以上は経過してると思ってたのに。もしかして半月も経ってなかったのか?

 謎の蒼い発光現象ってのはどう見てもセルベリアだなぁ。マクシミリアンの本気ってセルベリアの単独投入だったりして(えー)。それでも十分通用しそうな化けものっぷりだから笑えないよなぁ。

 そしてアホ街道まっしぐらのロージー。
 確かにアリシアのは八つ当たりでしかなく隊の士気が下がりまくりだったけど、ウェルキンに対する風当たりが自分に向くよう仕向けたように見えるほどロージーの信用度はないんだよね、イサラの中でではなく視聴者の中で。


 アリシアのもやもやは自分にも原因があることにいつ気がつくのかね。早々に分かってくれないとアリシアに対しても自分勝手の烙印押さないといけなくなる。
 しかし、マジで怪我の治り早過ぎる。OPと相まってこれはもうヴァルキュリア人フラグがビンビンだぜ。

 それぞれの精霊節の過ごし方。イーディの貴重デレシーンはラジオ聴いてないと分からなくないかね、とか思ったがぶっちゃけ他の隊員が全然出てこないのでそれもどーでもいいのか(えー)。

 ここにきてロージーが柔和政策になってるのはどうしたもんか。今までの態度がアホ過ぎたので今更だよなぁ。


 久々の戦車攻撃だが、もうエーデルワイスって普通の戦車としての扱いとなんら変わらないよなぁ、当初の高性能ぶりがどこへいったんだ。エーデルワイスなら岩礁でも突き進んでくれると思ったのに(えー)。
 つーか先鋒部隊になんで他の戦車がいないんだよ、あんだけいたのに。前衛ってもしかして第七小隊しかしなかったんじゃないのか…。帝国側も砲撃による反撃が行われた様子もないし、最初から戦車による一斉射撃で形がついたんじゃ…(マテ)。

 ロージーはお約束のお守り効果で生き残りやがった(マテ)。
 今回も怪我したのってロージー一人だけなんだろうなぁ。まさに不死身小隊。


ふざけるなぁぁぁっ!!!
 なんでだよ!!これまでの行動からロージーが死ぬことはあると思ってたが、この展開はさすがに予想外だった。むしろイサラをかばってロージーが撃たれる番だろうが!それはウホ軍曹の役目と思ってたけど(えー)。

 正直これでイサラが死ぬことはないだろうが、さすがに主要キャラを瀕死の状態にしてまで成長させるほどロージーが重要キャラとは思えん。ロージーが撃たれた方がどれだけの人間が納得しただろうか。

戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリア 『第十六章 語られなかった想い』

戦場のヴァルキュリア 1 [DVD]
戦場のヴァルキュリア 2 [DVD]
カナシミレンサ [Single] [Maxi]


おいおい、本気で帝国はガリア相手に押し返されてたのかよ、ガリア軍の妄想かと思ってたぞ(えー)。
ファウゼンがいかにラグナイト採掘の要だったとしてもさぁ、ファウゼンの侵略から奪還までそんな時間は経ってなかった筈だからそれだけで情勢変えられるとは到底思えないんだよねぇ。
何年も前から帝国の侵攻は続いてたんだろ?それは相当劣性にまで追い込まれていたはずだ、実際国境なんてすでに越されてるわけだし。帝国はファウゼンを奪取してからラグナイトに頼りまくりだったのか?そんなバカな。ラグナイト最強説ここに極めり。
それとも悪魔将軍の離脱がそこまで尾を引いてるのかねぇ。あの人は相当優勢の戦況を悉くひっくり返された人だったから、実際優秀に見えなかったのが痛いよな、脚本家の策略とはいえ(えー)。

ここにきてラルゴが軍曹らしく隊のために動く動く。それ最初に登場した時やっておけよ(笑)。
とりあえずファルディオはもう嫌な奴にしか見えないな(えー)。別にいいんだが、アリシアしか心配しないのはすでにウェルキンを見限ってるようにしか見えない。


仮設の風呂場でやらないか。
ガチムチ展開はともかくとしてだな。ここで最大のツッコミ。

バーロット上等兵から大尉になったのかよ!!

まぁな!いきなり入隊したアリシアが軍曹になるくらいだ!!そりゃ一兵卒が士官にもなるさ!!(ヤケクソ)。公式HPにも少尉を下士官って書くくらいだからな!!
いや、フィクションなんだから「ガリア義勇軍はこうなんだよ!」って言われたらそれまでなんだが、物理的に不可能なことがご都合で覆されまくってる現状でちゃんと考えてるようには絶対に見えないよなぁ。ホント、ちゃんと調べて脚本なり設定なり考えてないだろう…。
あと、どーでもいいが塹壕にこもった兵を塹壕の上から攻撃しようとした敵兵アホだろ(ニガリ)。そりゃ格好の的だぜ。

ウホ軍曹は本気で冷たくされればいいのにって思ったのに。
まぁそのあとは荷物持ち要員と化したのでいいか(えー)。


ラルゴがあそこまでやったのに、ウェルキンのヘタレが…。ここで『仲間』という言葉で括ったのはヘタレ以外の何物でもないねぇ。
しかし、それに輪をかけてダメなのはアリシアだよなぁ。これじゃファルディオよりウェルキンが好きですって公言してるようなもんで、それでウェルキンが言わないからって逆ギレですよ。『仲間』としてはOKだったのにファルディオの名前が出てきらダメっていうのは自分勝手だねぇ。
つまりどっちもどっち。

戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリア 『第十五章 歌姫の過去』

戦場のヴァルキュリア 1 [DVD]
戦場のヴァルキュリア 2 [DVD]
カナシミレンサ [Single] [Maxi]


ラルゴの傷が完全回復してるところを見るとアレから結構経ってるんだなぁ。囮作戦で大損害を被ったと思われる他の小隊も人員が補充されてるようだし。
つーかチビッコ隊員アイシャ普通にいるし!いつ入ったんだよ、最初いなかったじゃん!!しかも声がゲスト扱いかい!!


本人からすれば溜まったもんじゃないだろうが、予想の範疇を超えなかったなぁ。
確かに、あのダルクス人達はアホだったけど。自分たちから出て行って見付かっておいて、なんでチクったという結論に至るのか意味不明。

しかし結局ロージーには全然同調できない。軍人を自負していながら軍人として全然振舞えていないからだ。
命令すればいいとか言っておいて、ファウゼンではその命令すら無視したんだよ。状況に応じて対応変えて命令聞く聞かないを使い分けられたらたまったもんじゃない、むしろ邪魔。実際の戦闘でもてんで役立たなかったしな。
なんでロージーは義勇軍にいるんだ?軍人なら頭で分かってることくらい心を殺してでも納得させろ。それができないなら軍人を辞めるべきだ。私情で作戦に支障をきたすような奴は軍にはいらない。
今回は命令を聞いて収まったけど、次は違うかもしれない。そんなあやふやな奴を隊の中においておくのは危険すぎる。いつか絶対誰か死ぬぞ。

今回ウェルキンは全然いいところがなかったわけだが、これは仕方ないよなぁ。イサラは身内だし、ロージーはアホだし。
これでアリシアの中のウェルキンの評価が下がるのはかわいそうだなぁ。今回上手く行ったのはファルディオの功績でもなんでもなく、ただの偶然に過ぎないわけだから。

戦場のヴァルキュリア

戦場のヴァルキュリア 『第十四章 ファウゼンの選択』

戦場のヴァルキュリア 1 [DVD]
戦場のヴァルキュリア 2 [DVD]


なんだこのファンタジーバトルアニメ!どこだ!どこで見れるんだ!!(えー)。
つーか梅津泰臣じゃないか!!このクオリティだったら軍事描写がめちゃくちゃでも勢いで観れたに違いない(マテ)。


アホロージー、あんだけでかい口叩いておいて兵士としてもてんで役に立たねぇ!もうこいつ本当にいらないだろ、なんで他のやついないんだよ!
相変わらず遮蔽物もなんのなく仁王立ちでバカスカ撃ちまくるファルディオ、なんで撃たれないんだ…。無駄弾使うなとか言いつつ本人も撃ちまくってるんだから目も当てられない。
そして後ろからロックオンされたアリシアにどうしてファルディオが気付けるんだよ、レーザーポイントでもあったってのか?

つーかね、作戦が大雑把過ぎてどうしたもんか。なんで戦車奪取や爆弾設置の中身をその場で説明してるんだよ…。アニメの説明描写のためでもお粗末過ぎるだろ。
しかも戦車あんな簡単に奪取できるんだったらイサラたちだけじゃなくて後の3輌も奪取しておけばいいじゃん。せめて帝国兵に化けるくらいの描写が欲しい。

唯一の救いは装甲列車相手にはちゃんとした作戦で進められていたことくらいか。走行中に線路爆破するのは常套手段。ちゃんと車庫にいたしな(笑)。
ただ、この作戦はわざわざ列車本体をおびき寄せる必要があったわけで、今回の作戦では正直そこまで上手く行ったのは運以外の何物でもないんだよなぁ。別に列車を誘う作戦があったと思えないし。
あと、上りと下りの両方の線路に爆薬仕掛ける意味ないじゃん。列車の走る路線くらい調べはついてるだろ。


ちょっとマテ、火力が足りなかったとはいえ結構なスピードで走行してたのになんで脱線しないんだ?線路自体はちゃんと爆破されてるのに。普通はあれで落ちるぞ。橋の上で止まろうとした描写もないしなぁ。

こっちは爆破によって脱線・落下を狙ったと思っていたのだが、どうも爆薬で列車砲そのものを破壊しようとした様子なんだよなぁ。じゃないとロージーが「やった!」とは言わない。
しかし、そうなると橋の上で爆破するメリットがなんもない。ファルデオの言うとおり橋の上は砲撃ポイントとしては最強だからだ。そんなことくらい分かってたはずだ。しかも素人考えだが、硬い地面の上のほうが爆破の威力は上がるんじゃないのか?

ちゃんと作戦を練ってれば勝てた戦いじゃないのか、これは?
橋の上で爆破で脱線・落下すれば御の字、仮に失敗したら奪取した戦車での砲撃による二段構えに最初からしておけばよかったんだよ。列車砲に当てなくても橋をぶっ壊すだけでいい。
問題は戦車奪取の成功率なのだが、こればっかりは奪取の描写がないんでなんとも言えない。普通はあんな簡単に奪取できないのだが、出来ちゃってるからなぁ。一体どうやったんだ?
戦車奪取失敗を考えるのならやっぱり陸上で爆破すればいい。

あとは適当にツッコミどころ。
・ザカの声はどう見たって下のイサラたちに届かない。実際届いてなかっただろうが。
・グレゴールは索敵には最適なポジションを確保しながら戦車の接近には気付かない、戦車奪取の情報くらい入ってるだろ。
・あんな線路が切れた脆い橋の上で列車砲撃ったら反動で橋崩れるだろ。そうでなくてもバランス崩して落下の危険あり。
・列車砲は基本的に下に向かって撃てない。まぁエーゼルがそういう設計と言われればそれまでだが。
・ザカの右目の意味は?
・ウホ軍曹イサラを呼び捨てにするな(えー)。

悪魔将軍の最後にしてはお粗末だった。
結局グレゴールは圧倒的戦力を誇りながらそれをご都合主義でひっくり返された哀れなやられ役だけで終わってしまったなぁ。最後はウェルキンのポカで一矢報いたけど。


水着絵のイーディのポジションは普通はスク水イサラだろうが、これはもうここでしか出番がないということか(えー)。イーディはともかくスージーは本当に役に立たなさそうだからなぁ。
そして未だによく分からないこのチビッコはいつ出てくるのやら。

profile
Author:★Yuuki
Twitter
祭囃子~東北、めぐる~
東日本大震災チャリティー同人誌 2011夏 祭囃子 ~東北、めぐる~
GENさんが参加してるので是非!
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top