Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 『第10話 Kaleidoscope』


 この最終戦も正直しょぼいんだよなぁ。
 なぜならば、イリヤに魔術師としての力がまるでないから。今まで生き残ってこれたのは才能と運だけなんだよね。納得して勝てたのは美遊と共闘したキャスター戦だけ。
 魔術師としての成長がまるで表現されて来なかったんだ。だから、ここで最強バーサーカーを倒せたのも結局は才能で片付けられてしまう。要はご都合主義なんだ。
 二人で共闘する意味合いは友情を表現するのに最適であるのは間違いないんで、勝てるだけの理由付けが精神論だけで終わってしまうのはそこを引っ張ってしまった。


 美遊のデレっぷりがやば過ぎでむしろ引いた(えー)。
 これは美遊のバックボーンがまるで語られてないからだろう。完全孤独っていう情報だけでどんな境遇で育っていたっていうのが見えないとこの態度に納得ができないのでギャグとして落とせないんだよなぁ。
 理不尽で通しまくった凛達はウェイバーもといロード・エルメロイのナイス判断で制裁が下ったのでまだマシであったが。


 総評。
 というわけで、あんまりおもしろくはなかったなぁ。
 正直Fateの予備知識がなかったら劣化版パチもんはのはってことで終わってたと思う。
 何処をとっても描写不足だったことは否めない。10話という制限では無理があったのかもしれないけどそれにしたってなぁ。むしろ何故10話という中途半端なことになったのか。
 そして、この中途半端さで2期が決まってるっていうどうしてこうなった状態。マジで制作が間に合わなかっただけなんじゃないのか。
 2期は観ることはあっても感想書くことはないかなぁ。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 『第9話 ここで終わらせる』


 とりあえず、美遊に関して誤解してたことは正直すまんかった。マジで友達認定してたんだなぁ。
 それはおいといて。
 やっぱりイリヤの覚悟完了にはちょっと納得しかねるかなぁ。ずっともやもやしてたんだが理由がやっとわかった。
 これ、テーマがぼやけてるんだよ。
 この作品のメインテーマはおそらく『本当の友達になること』に重きをおいてるんだろう。だから、美遊はイリヤのために一人で戦うし、イリヤはそんな美遊のために恐怖の戦場へを舞い戻る覚悟を決めるのだ。
 しかし、今までの描写だと『魔法少女して戦う覚悟を決める』というテーマの方が強いんだ。どちらかと言うと前者のテーマを背負っていたのは美遊の方が印象が強い。だから美遊が方便使ってイリヤを遠ざけることにも納得ができる。一方イリヤの方は後者の方に向いていたと思ってたもんだから、ここで前者のテーマを持ち出されて混乱したんだわ。
 なので、イリヤの方も早々に自分の意志で魔法少女として戦う覚悟を決めておけばよかったんじゃないのかなぁ。別にその後に暴走によるリタイヤをしても問題はなかったはずだ。この辺りの経緯をギャグでスルーしてしまっていたために、ここに来て違和感を感じる羽目になってる気がする。つまりギャグがシリアスの足を引っ張ったパターン。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 『第8話 普通の女の子に戻ります』

Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第1巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第2巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第3巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第4巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第5巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
starlog
Prism Sympathy (初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』オリジナルサウンドトラック


 まぁ今まで散々書いてきたけどね。ここでイリヤが脱落するのは至極当然で、むしろ何故今までしなかったのかっていう方が強いとさえ思っているんだが、凛は物分かりがいいように振る舞ってるけど、その辺の説明せずに今まで通してきたお前の罪は重いと思うぞ。イリヤを巻き込まざるを得ない状況になったのはルビーの我侭かもしれんが、プロの魔術師として命の危険を伴うことの重大性をまるで諭す描写が無かったのは、監督者としての責任を果たしてないよね、ということ。
 美遊に関しては、本気で生活に困ってた様子なので、文字通り命懸けで戦っていただけの話。イリヤに辛く当たってのは単に嫉妬してただけっていうことだろう。いうても小学生なんだから、それくらいは当たり前だと思っているけど。
 つまり、イリヤに覚悟がないのは当然っていう時点でイリヤに覚悟を求めること自体に疑問を持ってしまうので、ここでイリヤが葛藤しても正直主人公の成長としては認められないのであった。物語の根底が崩れてる気がする。やるべき人間がやるべきことをやってれば問題なかったのになぁ。その辺りなのはの1期は上手かった。
 そして、残りが後1枚っていう事実に驚愕。実力からいってバーサーカーだろうが、実質敵が5人だけっていうのは少ないなぁ。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 『第7話 勝利と逃走』

Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第1巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第2巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第3巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第4巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第5巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
starlog
Prism Sympathy (初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』オリジナルサウンドトラック


 すげーシリアスな話するかと思ったら突然イリヤが壊れたーっ!!?
 イリヤめ、メイド派であったか。しかし、例えメイド好きとはいえご奉仕を強制するとはまだまだだな(えー)。況してや半裸で押し倒すなど笑止千万(マテ)。
 美遊は完全にルヴィアの言いなり状態なんだな。つまり魔法少女は本当に生きていく手段になっているわけだ。そりゃイリヤとは覚悟が違うだろう。が、そうであっても美遊の落ち着きっぷりは異常だと思うんだ。


 アッサシーン! ってハサンの方かよ!?
 気配が読めない時点でアサシンだろうなぁと思ったが、コジローって短剣とか毒使うっけ? と疑問に思ってたらこれだよ!? じゃあバーサーカーも征服王である可能性も!!(多分ない)。
 で、このイリヤ暴走であるんだが、これは前回の戦いを有耶無耶にした事も要因ではあると思うんで、美遊にそこまで言う資格はないと思ってたりする。覚悟を問うなら前回の時点で問われるべきで、その辺の危うさは美遊自身も分かっていたはずだから。もっと言えば、凛達にイリヤの暴走を報告してなかったことも落ち度。
 イリヤに覚悟がないのは当たり前で、そこを確認する機会を自ら逸したのは大いなる過失じゃないかなぁ。そして、その機会を潰されたのがイリヤのメイド萌え暴走だったこともちょっとマイナス要因になる気もする。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 『第6話 空白 夜の終わり』

Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第1巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第2巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第3巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第4巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第5巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
starlog
Prism Sympathy (初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』オリジナルサウンドトラック


 これ各人の配置と攻撃の方向性・その威力がまるでわからない構成だよなぁ。
 本職二人による超特大砲撃もそれ以上の破壊力を誇ったエクスカリバーも、どちらもその規模の表現が津波と俯瞰の着弾地のみなもんだからまるで対比ができてない。単純に描写の繰り返しで面白みもないし。その津波にしたってそばにいたイリヤ達が流されない程度っていうマイナス描写もある。
 そして、イリヤの覚醒もさすがに唐突過ぎてご都合にしか見えん。特に鍵の描写は事前に仕込んでおくべきだった。
 まぁ、ダメなところはこれくらいにして、やっとアーチャーの能力が解禁になったわけだが、やっぱアンリミテッドブレイドワークスは宝具扱いなんだな(笑)。


 それどころか戦闘力もついてきてるんだが、この辺が生身に直接カードを使用している効果なんだろうなぁ。セイバー相手に接近戦出来るっていうのはさすがである。本人に稽古つけてもらってたしな(えー)。
 そして、トレース能力も使えるっていうのはほぼチートなんだけど(笑)。まぁ、このトレース能力は完全に元の能力を上回ることは出来ないはずだったんで、エクスカリバーをトレースしてもダメだんだろうなぁ。
 とか思ってたら完コピした挙句勝ちやがったよ!? あれ、記憶違いか!? まぁこっちの世界ではいけるのかもしれないけど。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 『第5話 選択肢は2つ・・・?』

Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第1巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第2巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第3巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第4巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第5巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
starlog
Prism Sympathy (初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』オリジナルサウンドトラック


 近接戦闘最強と言われるセイバーに対して、人質取られて接近しないといけなくなった時点で負け確定。遠距離攻撃すら封殺されたら手の打ちようがねぇ。
 ていうか、あの霧ってインビジブル・エアじゃなくてただの魔力の塊なのかよ。末恐ろしいぞセイバー。
 そして、ちょっと腕を怪我しただけで動けなくなってしまったイリヤ。だが、これが普通の小学生の精神力だよなぁ。むしろ痛がる素振りも見せずにパニックにならなかったことに驚愕だわ。美遊も規格外だがイリヤも平均以上なんじゃないか。


 さすがに本物の魔術師だけあってちゃんと生き残ってた(えー)。
 ちゃんとした知識を持った人間が使用するとしっかりとした戦力になるということだよなぁ。そうなると、やっぱ美遊は多少なりとも魔術の知識は持ってるんじゃなかろうか。キャスターの魔法陣も種類判別出来てたみたいだし。
 しかし、今回は作画能力の大幅な低下が見られたなぁ。異様に間を作ることで枚数を極端に減らしてる手法をとっているわけだが、これは次回に戦力を持ってきたゆえの苦肉の策だと思いたい。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 『第4話 負けました』

Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第1巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第2巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第3巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第4巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第5巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
starlog
Prism Sympathy (初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』オリジナルサウンドトラック


 意気揚々と挑んだと思ったら即行逃げ帰ってきて爆笑してたら、相手がキャスターでそりゃ無理だとなった(笑)。魔術師としての格が違いすぎる。
 向こうは文字通り伝説に残った上で伝説で語られた分のアドバンテージが乗ってるっていう生粋の魔術師。魔法のステッキ持っただけの小学生が正面切って勝てるわけがねぇ。


 って、魔法の扱いがイメージの良し悪しだけだということが語られてしまったーっ!!?(笑)。
 つまりなんだ、これは本人の素質とか無関係ですか。いやまさかそんな。
 しかし、美遊が魔術師である自覚を持っていた線がこれでなくなっちゃったなぁ。いや、まだ魔術の存在は知っててたけど、本人にその才能がまるでなかったっていう線が残っているか。だから優秀であろうと振る舞うとかいうのどうですか奥さん(なにが?)。
 それはそうと、アーチャーの武器がただの弓っていうのはやっぱ矢は自分で精製しないといけないんだな、さすがアーチャー(笑)。


 魔力を足場に出来るんだったら、魔力を推進力にして飛ぶことも出来たんじゃないのか(笑)。もっと言えば、魔力を浮力に変換するイメージなんてどうとでもなりそうなもんだけどなぁ。美遊の理屈はよくわからん。
 しかし、さすがにキャスター相手に無傷というわけにもいかなかった、ていうか恐ろしく重症を負っているのにそれに耐えられてる美遊はすごい、小学生だぜ? やはり常人とは違う訓練を受けてるんじゃないのか。
 まぁ、下手な鉄砲数撃ちゃ当たる物量作戦を敢行したイリヤも十分すごいけど。
 そして、元マスター組もちゃんとすればダメージ与えられますよっていうのはこっちも驚いた(笑)。


 げえっ! セイバー!!
 ちょっと待てよ、こいつはどう見てもラスボスだろ(笑)。こんなところで出して大丈夫か?

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 『第3話 ガール ミーツ ガール』

Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第1巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第2巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第3巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第4巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第5巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
starlog
Prism Sympathy (初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』オリジナルサウンドトラック


 凛も傍から見たら相当ひどいんだけど、この高笑いを聞いてるとマシって思えるから不思議。 
 サーヴァントの力をまるっと引き出せるだけではないんだな。使えるのは宝具だけだと。しかし、そうだとするとアーチャーのカード使ったらどうなるんだろう。あいつ宝具持ってなかったんじゃなかったっけ。
 小学校の授業でBL描く方が美遊の優秀っぷりよりもよっぽど問題と思うがどうか(笑)。


 スク水で参戦したアホはそのまま授業に出ることを許されてる時点でタイガーもアホと言わざるを得ない(笑)。
 美遊が本気で魔法戦に参戦してるっぽいので、多分元々魔術師の家系なんじゃないのかなぁ。しかもその辺の事情にも精通してるレベルの。まぁイリヤだって元の設定上は魔術師の家系なんだから、こっちもそうなんじゃないのかとは推測できるが、本人がまるで認識してないし。
 そう考えると、イリヤ達が魔法少女に選ばれたのも偶然っていうよりもルビー達が魔力の高い人間を意識的に選出したってことなんだろうなぁ。
 問題なのは、それをイリヤがそれを自覚してないことではなく、凛がわかってないっぽいところだな(笑)。性格に問題があってもれっきとした高魔術アイテムには違いないんだから、その辺に転がってる小学生がホイホイ使えるわけないんだ。なぜ疑問に思わないのか。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 『第2話 誰?』

Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第1巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第2巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第3巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第4巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第5巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
starlog
Prism Sympathy (初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』オリジナルサウンドトラック


 幼女がまっぱで外に出されるイタズラって普通のイタズラよりも犯罪性が高いと思うがどうか。
 そして、この時系列のタイガーがドス利いたシーンしかなくて性格変わってるのと思ってしまってるんだがどうか(笑)。
 って、ロード・エルメロイ! お前はzeroで真の主役と言われたウェイバーじゃないか!! 立派になって!! しっかりと征服王の遺志は受け継がれていたんだなぁ。いや、この世界では違うのかもしれんが(笑)。


 ライダーじゃねーか!?
 やばいよ!? 一般幼女が勝てる相手じゃねーよ!?
 凛が使ってる魔術も本編まんまだからライダーの力もまんまなんだろうなぁ。見たものを石にしちゃったりするんだろうか(笑)。
 それにしても、自分から時間指定して呼び出して勝手に裏の世界に連れ込んでおいて「時間がない」とか言って無理矢理戦わせようとする凛はもはや完全に鬼畜。確信犯。自分の敵わない相手とわかってたからなお鬼。


 ゲイ・ボルグじゃねーか!?
 そうか、カード化したサーヴァントの能力を使える仕様なんだな。てことは、凛はアーチャーを持っていたはずだから、アンリミテッドブレイドワークスが使えるんだろうか(笑)。
 しかし、ライダーがランサーの武器でやられてしまうっていうのはなんか複雑っていうか。「お前そんなに強かったっけ?」っって思ってしまう自分がいた(えー)。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 『第1話 誕生!魔法少女!』

Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第1巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第2巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第3巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第4巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第5巻 [Blu-ray] 限定版[DVD] 通常版[DVD]
starlog
Prism Sympathy (初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』オリジナルサウンドトラック


 もう妹キャラがいる作品では魔法少女スピンオフが鉄板になってきている今日このごろ。プリティーサミーは偉大だったということか。まぁ、魔法少女と言う名の超人バトルやけどな!
 でも、この作品は元からガチで魔法バトルなのでむしろ自然に戦っている凛である(笑)。
 キャラに関してはアニメのstay nightとzeroしか観てないのでそれ以外の出典に関してはさっぱりだ。
 そして、そういや本編でも士郎とイリヤは義理の兄妹であることを思い出したのであった。別にスピンオフ設定というわけはないのは珍しい…のかなぁ(えー)。


 驚きの白さ!
 それよりも、魔法のステッキがウザすぎて視聴に耐えられないレベルに来てるのはどうしたもんか。サファイヤの方だったらまだいけたんだろうなぁ。
 別に好意的にしろとは言わないけど、嫌なキャラ付けにするにしても見てる側に不快感を与えないようにしないとなぁ。そういう意味ではキュゥべえは“いいキャラ”であった。


 通常お助け動物キャラのポジションに凛が入るんだろうかこれ(笑)。
 凛が高飛車なのはいつものことだが、巻き込まれただけのイリヤに対してキレて魔法ぶっ放すのはそんな問題ではないので自重して欲しいなぁ。そもそも自分の不手際でこうなったわけだし。

profile
Author:★Yuuki
Twitter
祭囃子~東北、めぐる~
東日本大震災チャリティー同人誌 2011夏 祭囃子 ~東北、めぐる~
GENさんが参加してるので是非!
※拍手コメントについて
 拍手で頂いたコメントはブログ内で記事に反映される可能性があります。
 非公開希望の方は『非公開希望』と添付して下さい。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム
Amazon
カウンター
ブログ内検索

Page Top